このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

クラスだより

7月号


今後の予定・園からのおしらせ

土曜保育について
土曜保育を希望される方は、必ず希望される週の木曜日までにお知らせ下さい。
延長保育について
月極で延長保育を希望される方は必ず毎月20日まで延長月極申請書をお出しください。
届出について
登園届、登園許可証、延長申請書等は事務室前のレターケースに用意してあります。必要な際は各自お取り下さい。また園のホームページから印刷することも可能ですのでご利用ください。

◎持物の記名をお願いいたします。
◎帽子と避難靴は、毎日の活動で汗や汚れなどが付着しているため、週末には必ず持ち帰って洗濯をお願いいたします。
◎記名の無い衣類については、ロッカーのお部屋の入口に一ヶ月間展示いたします。一ヶ月以上経過しても引き取りの無い衣類については園の貸し出し用として使用させて頂きます。


ひよこ組

暑い7月がやってきます。日差しもだんだんと強くなり、いよいよ夏到来ですね!子どもたちは暑さに負けず元気いっぱいです。

先日は、親子ふれあい参観に参加して頂きありがとうございました。ご家庭とはまた違ったお子様の姿が見られたのではないかと思います。

子どもたちのやりたいという気持ちを大切に、今後も関わっていきたいと思います。

はじめの一歩

6月に入りミルクから初期食、初期食から中期食...とほとんどの子が食事の形態が変化したひよこ組さんです。園では食事は子どもの大事な生活の一部分であると捉えています。

食事のリズムをつくることで、子どもが気持ち良く、また意欲的に生活することに繋がり、食べる喜びや食事の楽しさを味わう大切な経験であると考えます。子どもたちは食べることに興味を持ち、意欲的に手づかみで食べる姿が多く見られています。

また、スプーンに興味をもち、手で握って口に入れる姿や汁のお椀を両手で持ち上手に飲む姿もあります。食事の際には保育者が食べている子どもの隣に座り、「おいしいね」など会話をしながら一緒に食べています。その子一人一人に合ったペースで子どもの思いを受け止め、安心できる環境の中でゆったりと食事ができるように心掛けています。

そして食べるときに「もぐもぐだよ」などと言葉を掛けを行っています。咀嚼の経験がうまくできないと、飲み込むことが怖くて口の中に食べ物をため込んでしまったり、硬いものがかめず偏食の原因になってしまうこともあるので、園もよく噛む機会をつくっていきたいと思います。

水あそびの様子

昨年度、ひよこ組のお友達は汗を流し清潔感を保つこと、体が清潔になったことによる気持ち良さを感じてもらうことをねらいとして沐浴を中心に行いました。月齢の高い子はりす組のお友だちと一緒に遊んでいる様子もありました。水に手を入れ握って遊ぶ姿や、ばしゃばしゃと触り、楽しんでいる姿がありました。

今年もこのようなねらいをもって水あそびを行っていきたいと考えてお ります。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


りす組

梅雨の蒸し暑い日が続いていますが、子どもたちは暑さに負けず身体を動かし、好きなことを見付けて元気に遊んでいます。先日はふれあい参観にご参加いただきまして、ありがとうございました。お家の方々と園で過ごす時間は子どもたちにとって特別だったようです。今後も温かな眼差しで子どもたちの成長を見ていきたいと思います。

食事の様子

梅雨に入り室内遊びを中心に過ごすことが多くなったりすぐみの子どもたち。これまでは、「型落とし」や「音のなる教具」等の簡単な遊びが見られていました。最近では、同じ形を積み重ねていく「ブロック」やお皿に盛る「おままごと」、その他「シール貼り」等指先を使う遊びに興味を持ち、遊ぶようになってきました。園では、子どもたちの興味や発達を考慮して教材・教具を提供しています。特に「シール貼り」は台紙からシールを指で剥がして、つまみ取るという指先の発達が見られる活動です。最初は、手についたシールを指先に付けてくっつく感触を不思議そうに眺めたり、色々なところへ貼っていましたが、徐々に絵の白丸のところへ貼れるようになってきました。上手にできなかったことも、保育者と一緒に試してみる中でその楽しさを覚え、次第に一人で集中して遊ぶようになっています。今後も指先を使う教具を子ども一人ひとりに合わせて提供し、それぞれの遊びが発展していけるように配慮していきます。また、友だちの顔を覚え始め、子どもたちが同じ教具を手にして笑顔で触れ合う姿も出てきました。他者への興味や親しみの表れを嬉しく思うとともに、これからも子どもたち同士の関わりが深まっていくよう見守っていきたいと思います。

遊びの様子

7月水あそびについて7月9日(月)から水あそびが始まります。沐浴や水あそびを通じて汗を流すとともに、水に触れてその感触を楽しむことを目的として行います。今年は右の写真のように水あそび用の教具を使い、水を入れたタライのまわりで遊びます。汗はシャワーを使って流していきます。毎年水あそびが大好きな子が多い中、水に対して苦手意識のある子もいます。入りたくない子に対して無理強いせず、少しずつ自分から興味を持って参加できるよう、近くで保育者やお友だちの様子を見たりしています。今年も子どもたちが安全に無理なく沐浴や水あそびを楽しめるよう、配慮していきたいと思います。宜しくお願いします。

おねがい

蒸し暑い日が続き、汗の量も増えてきました。園内では積極的に水分補給を行うようにしています。ご家庭でも、コップ一杯程度の水分補給をしてから登園するようお願いします。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


こあら組

暑さも日々増していき、本格的な夏の季節もすぐそこまで来ているようです。日中は陽ざしが強く汗ばむこともありますが、季節の移り変わりの変化を感じながら、元気に過ごしている子ども達。水あそびも始まるので、体調に気を付けながら元気に過ごしていきたいと思います。

子どもの姿とその過程~いま、これがしたいの!~

先月のおたよりでは、子ども同士の遊びの様子ついてお話ししました。言葉の数が増え、お友達とのやり取りを楽しむ姿に成長を感じます。言葉の発達とともに、自己主張も強くなってきたこあら組の子ども達。親子遠足の懇談会でも、同様のご意見を頂きました。

今のうさぎ組がこあら組だった時も、同じ時期に同じような姿がありました。それは、子ども達が“自分の考えや思いを自己主張できるようになってきた証”だと思います。ご家庭と同様に園でも、着替えやおむつ替えを嫌がる、園庭靴や遊んだ教具を片付けずにそのままにしてしまう、というような姿があります。理由としては、目の前の遊びを中断したくなかったり、保育者が声を掛けた時ではなく自分のタイミングでやりたい、などの理由があるかと思います。そんな時は「そうだね、○○したいよね」「おむつ替えるより遊びたかったんだね」と子どもの気持ちを言語化し、共感することが大事だと思います。大人が子どもの気持ちを受け止め、子どもの意見を認める。そして共感の言葉を繰り返していくうちに、子ども達の「イヤ!!」という高ぶった感情も徐々におさまることもあります。自分のタイミングでやりたい子に対しても、時間の許す限り見守るようにしています。大人が大人のタイミングで指示することは簡単ですが、子ども達がより達成感を味わえるように、そして笑顔で取り組めるよう心掛けています。園では、こうした自我の育ちを保育者が一方的に押さえつけずに受け止めることにより、子どもは自分への自信を持つようになると考えています。

こども達の「○○したい!」がたくさん!
●フォーク・スプーン・おはし全部持っていきたい!
●ごはんはおはしで食べたい!
●着るお洋服は自分で決めたい!

水あそびのお知らせ

7月9日から水あそびが始まります。こあら組はオムツまたは水あそび用オムツを着用し、タライで水あそびを行います。子ども達が安全な環境の中で、夏ならではの遊びを楽しめるようにしていきたいと思います。詳細につきましては、先日配布しました別紙をご確認ください。

あかねまつりのお知らせ

日時:7月7日(土)14:00~16:00
場所:あかねの森保育園内
持ち物:くつ袋、水筒
当日は園内でゲームや制作など、親子で楽しめる楽しいイベントを予定しております。皆様のお越しをお待ちしております!

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


うさぎ組

梅雨と夏の合間の、天気や気候の変化が大きい季節となり蒸し暑い日が続いていますが、子どもたちは汗をいっぱいかきながらも夢中になって遊びを楽しんでいます。子どもたちの体調管理に気を付けて、今月も楽しく過ごしていきます。

親子遠足にご参加頂きありがとうございました

今回の親子遠足は、親子でのふれあいを中心とした遊びを取り入れて行いました。保護者にくっつきながらも、いつもの仲良しのお友達と楽しく遊ぶ姿が見られたと思います。3歳児は『お兄さん・お姉さんになったから』という気持ちと『まだママやパパに甘えたい』という気持ちが交錯し葛藤する時期ですね。その後の園内の活動でもロンドン橋が流行っていて、園庭で他の組のお友達とも楽しそうにやっています♪これから人間関係も深まりお友達と遊ぶ事がもっともっと楽しくなり、一人でできる事がさらに増え自信につながり、成長を促してくれると思います。こうした行事を通しながら、子どもたちが成長し変わっていく様子も楽しんで見て頂けたらと思います。お暑い中ご参加いただきありがとうございました。

トイレで排泄できる子が増えました

自ら「トイレ行く~!」と言って積極的にトイレに行く姿や、パンツをはきトイレで排泄し、汚さずに過ごせる子がだんだん増えてきました。成功体験を重ねていることが子どもたちの自信につながり、嬉しそうです。私たち保育者は、間に合なかった時には怒ることはせず、失敗も前向きに捉え「大丈夫だよ、次はトイレでしようね」など前向きになってくれるように声を掛け、次に切り替えるように促しています。子どもたち自身も、お友達がはいているのを見て意欲的になり、一緒にパンツに着替えたり、トイレに向かう姿が見られています。

7月からは待ちに待った水あそびも始まります。お友達と一緒にやりたい!お友達と一緒って楽しい!嬉しい!の気持ちが強い子どもたちなので、大きなプールで遊んでいるお友達を見て、パンツへの挑戦もさらに意欲的になってくれることを期待しています。

5月頃からトイレに色のないミニオンの絵を貼っています。
トイレが成功したら黄色いシールを貼っていきます。どんどん黄色いミニオンになってきました!

水あそびについてのお知らせ

水あそび期間中は毎日検温を行い、水あそびができるかどうかの有無をプールカードに記入して下さい。プールカードは後日配布致しますので、注意事項をよく確認して下さい。先日配布した別紙の方もご確認ください。
持ち物・・・プールバッグ、水着または水遊び用のオムツ、水泳帽、身体を拭くタオル、着替え1セット、大きめのビニール袋

あかねまつりのお知らせ

日時:7月7日(土)14:00~16:00
場所:あかねの森保育園内
持ち物:くつ袋、水筒
当日は園内でゲームや制作など、親子で楽しめる楽しいイベントを予定しております。人数も多く、暑いことが予想されますので水分補給のご用意をよろしくお願いします。お気軽にご参加ください。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


きりん組

じめじめと蒸し暑い日が続いていますが、今後は本格的に暑くなっていきそうですね。その中でも子どもたちは汗をにじませながら夢中になって遊びを楽しんでいます。子どもたちが心地よく過ごせるよう、汗をかいたらこまめに着替えるなどして、体調管理に気を配りながら過ごしていきたいです。

じゃがいも掘りを終えて

子どもたちも楽しみにしていたじゃがいも掘りに、3グループに分かれ行ってきました。ぞう組さんと一緒に行ける期待感もあり、事前のお集まりでも真剣に保育者の話を聞いていました。「あと、何回寝たら行けるね」「でかい、じゃがいも取るぞ」などと声が聞こえてきました。当日は、土の匂いや感触に触れ楽しんでいましたが、土の感触を嫌がる子の姿も見られました。ですが、みんな洋服や顔が真っ黒になっても気にならないくらい、じゃがいも掘りに夢中になっていました。

根元に実った大きなじゃがいもをうまく抜けずにお友達と一緒に力を合せて抜く子、自分の力で頑張って抜こうとする子など様々でしたが、「取れたー!」と嬉しそうにお友達と見せ合ったり、職員に見せに来てくれたり、誰もが楽しんでいました。

じゃがいも掘りを終え、食育の一環で堀ったじゃがいもを使用しクッキングをしました。自分たちで収穫をした、じゃがいもを使用してのクッキングということもあり、子どもたちはやる気に満ちていました。このクッキングの経験を通して、食に興味が湧いたり、料理を楽しんだり、お家でもやってみたいという気持ちへ繋がっていくことを期待しています。

言葉の成長

先月は、お忙しい中親子遠足にご参加いただきありがとうございました。懇談会では、各家庭での悩みなどを相談できたことと思います。また、「ご飯を食べない」「タブレットばかりをみている」などの悩みについても各家庭の対処法やルールなどを話し合い共有することができました。ぜひ、試してみて頂きたいと思います。

今回、懇談会の中で「言葉遣いが悪い」という話が多く上がりました。
4歳になり言葉にもより興味が出てくる時期です。ご家族や保育者、友達の話している言葉、メディアの影響を受け、真似して使うことがあります。挨拶などの気持ちいい言葉だけでなくわざと汚い言葉や、聞いていて気持ちよくない言葉を使う場面もあります。そのような言葉が発端で友達とケンカになってしまったり、相手のことを傷つけてしまうこともあります。そのような時には、ただいけないと怒るのではなく、相手の気持ちを考えられるような声掛けをするように心掛けています。相手の気持ちを少しずつ理解できるようになってきたからこそ、自分が言われたらどう思うかなど自分で考える時間をしっかり与えることも必要な事だと思っています。

成長し世界が広がっていくにつれ、たくさんの刺激があり、いろいろなことに興味が出てくると思います。そんな時でも、しっかり大人が見本となっていいこと、悪いことを伝えていきたいと思っています。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


ぞう組

梅雨の合間の晴れた日には、おもいっきり外遊びを楽しんでいる子どもたち。太陽の日差しを浴びて、園庭にあるプランターの野菜も少しずつ実を付け始めています。気温が上がるにつれ、汗ばむことも増えるので子どもたちが心地よく過ごせるよう、汗をかいたらこまめに着替えるなどして、体調管理に気を配りながら過ごしていきたいです。

おとまり会に向けたあつまりを始めました!

今年のおとまり会のテーマは“助け合う”に決まりました。全員でおとまり会の行先や大事にすることなどを話し合っています。どんなときに助けてほしいか、子どもたちに聞いてみたところ「困ったとき!」「分からなかったとき!」などと声が挙がり、自分たちが主役であるおとまり会を、友達と一緒に進めていく楽しさを感じています。集まりで子ども達自身で決めることや考える機会を作り、自分の気付いたことや疑問に思ったことを友達と伝え合い、相手の思いを受け入れようとすることを経験してほしいと思います。

一方で、ある家庭では、友達には知られたくない様子で「じつはあまりいきたくない」と話しているそうです。園では平気そうに振る舞っていても、保護者と離れて過ごすことに不安を感じているようです。おとまり会までまだ日にちはありますが、日にちが近づくにつれ、期待半分、不安半分の心境になっていきます。その心の変化や精神的に乗り越えることも大切な経験であると考えています。

保育園での楽しい思い出となるように、おとまり会の流れや活動内容が見通しが持てるように写真や絵を使って伝えたり、昨年のおとまり会の写真を観るなど安心して参加できるよう工夫したいと思います。ご協力をお願いします。

なかよしの森保育園との交流会

日時:7月18日(水)・8月7日(火)・8月16日(木)
ねらい:他園の新しい友達と交流を深める

法人内の中野区にある「なかよしの森保育園」の5歳児と交流会を行います。
3回ともあかねの森保育園に遊びに来て、一緒にレクリエーションや水あそびを楽しみます。初対面の子に緊張したり、あるいは、あかねの森保育園で交流会を行うことで積極的に関わろうとする姿が見られるかもしれません。例えば、水あそびでみんなで波を作る、レクリエーションではチーム対抗でしっぽとりをするなど、子どもの様子に応じて交流会ごとに活動内容を検討したいと思います。集団で共通の目的に向かい、試行錯誤しながら協力し、目的が実現する喜びを味わえるようにしたいと考えています。ぜひ、子どもたちからも話しを聞いてみて下さい。

おとまり会について

日時:7月27日(金)・28日(土)※28日は10時頃の降園を予定しています。
昨年度は、園外活動をしたりみんなで食材の買い出しにも行きました。今年度のおとまり会も今のぞう組の姿に合った素敵な活動内容を計画しています。
後日、れんらくアプリにて出欠の確認と持ち物等の詳細をお知らせします。不安に思うことなど気軽に保育士にお尋ね下さい。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


pagetop