このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

クラスだより


3月号


今後の予定・園からのおしらせ

土曜保育について
土曜保育を希望される方は、必ず希望される週の木曜日までにお知らせ下さい。
延長保育について
月極で延長保育を希望される方は必ず毎月20日まで延長月極申請書をお出しください。
届出について
登園届、登園許可証、延長申請書等は事務室前のレターケースに用意してあります。必要な際は各自お取り下さい。また園のホームページから印刷することも可能ですのでご利用ください。

◎持物の記名をお願いいたします。
◎帽子と避難靴は、毎日の活動で汗や汚れなどが付着しているため、週末には必ず持ち帰って洗濯をお願いいたします。
◎記名の無い衣類については、ロッカーのお部屋の入口に一ヶ月間展示いたします。一ヶ月以上経過しても引き取りの無い衣類については園の貸し出し用として使用させて頂きます。


ひよこ組

だんだんと日が長くなり、暖かい日も増え少しずつ春らしくなってきました。今年度もいよいよ残り1ヶ月ですね。保護者の皆様には本当にお世話になりました。今月も体調管理に気を付けながら、4月まで楽しく過ごせるようにしていきたいと思います。

一年間の成長

あっという間に月日は過ぎ、早いもので入園から一年が経とうとしています。入園当初は保護者の方と離れるのが寂しくて泣いている姿も多かったですが、今では毎日笑顔で園生活を楽しんでいます。そんな子ども達の一年の成長について振り返りたいと思います。

身体の発達
入園当初はハイハイや寝返りをして過ごす子がほとんどでしたが、今ではみんなが歩けるようになりました。自分の意志で身体を動かすことが出来るようになり「自分でしたい」という思いが様々な場面で見られます。園庭に遊びに行くときに上着や靴を自分で準備する子、着替えの際に自分で洋服を脱いでみようとする子など身の回りのことに積極的に取り組んでいます。
食事
りす組のお友達が手を洗う姿を見て、食事前に自分から手を洗いに行く姿が見られるようになってきています。また、スプーンやフォークなどの食具にも興味を持ち、それらを使って食べようとする意欲が見られています。入園当初に比べて食べられる食材が増えたことにより、さらに食事を楽しめるようになりました。
遊び
保育者が主体となって遊ぶ姿が多かったですが、現在は自分の意志で遊びを選択しています。園庭で身体を動かして遊んだり、お部屋ではそれぞれが遊びたい教具を自ら手に取って遊んでいます。りす組のお友達が遊んでいる姿を見て、シールやのり、絵の具などの制作に取り組む子もいます。少しずつ片付けの習慣も身に付いてきており、遊び終わったタイミングで自分から使った教具を棚に片付ける姿も見られるようになってきました。

この一年で子ども達は泣いたり笑ったり、様々な経験を通して心身ともに大きく成長しました。寝返りうったよ!ハイハイできたよ!たっちしたよ!あんよできたよ!と、沢山の“はじめて”があった一年でした。そのひとつひとつをそばで見守ることができ、とても嬉しく思います。こうして一年を過ごせたのは、保護者の皆様のご理解・ご協力があったからこそだと深く感謝しています。本当にありがとうございました。

さて、4月からはりす組に進級ですね。新しいお友達が14名加わり、合計20名でりす組としての1年間がスタートします。園の中でも、おれんじのお部屋の中でも、一番幼く年上の子に可愛がってもらっていたひよこ組ですが、4月からは自分より小さいお友達と一緒に過ごすことになります。最初はたくさんの新しいお友達に戸惑いや不安を感じ、甘えたい気持ちとお兄さんお姉さんとしてとして頑張らなくちゃという気持ちが混ざり合い、葛藤する姿が見られるかもしれません。そのような時は、子ども達の不安な気持ちを受け止め、一人一人に寄り添い、子ども達が4月からも安心して楽しく園生活を過ごすことのできるよう配慮していきたいと思います。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


りす組

まだ寒い日は続きますが少しずつ日差しが暖かくなり春の雰囲気を感じるようになってきましたね。新年度まであと1ヵ月となりました。1年の成長を感じながら、残りの1ヶ月も元気に過ごしたいと思います。

一年間の成長

りす組での生活もあっという間に終わり、いよいよ4月からこあら組ですね!入園当初と比べると、様々な面で成長を感じます。今回のりす組だよりでは子ども達の現在の姿を紹介し、今年一年の成長について振り返りたいと思います。

友達との関わり
一人遊びがほとんどだった4月に比べ、友達と一緒に遊びたいという思いが強く見られるようになりました。友達の存在が気になり、近づいてみたり、同じ教具で遊んだりと、少しずつ関わりが増えてきています。友達同士の関わりが増えると、自然とトラブルも増えてしまいますが、子ども達はトラブルの中から、やりとりの方法を学んでいます。今では、「貸して」「いいよ」「まっててね」のやりとりも、保育者が仲介しなくても、子ども達同士の会話から聞こえてくるようになってきました。
制作
クレヨンや絵の具のお絵描きでは、「アンパンマン描いてるよ」などイメージを持ってお絵描きができるようになりました。ハサミの扱いも上手になり、真剣な表情で一本切りを行っています。シール貼りでは、ただシールを貼り楽しむだけでなく、丸い線の上に慎重にシールを貼ったり、以前よりも小さいシールに挑戦したりと手先を上手に使い、楽しんでいます。制作活動を行い、作品を完成させると、満足そうな表情で保育者に見せて回る姿もあり、誉めてもらうことで自信に繋がっているのだと思います。
生活
身支度もだんだんと1人でできるようになり、「ぼくが!」「わたしが!」と、着替えやオムツ替えなど意欲的に行うようになりました。ズボンを少し下げる、腕を抜く等少し介助するとほぼ1人で着替えることができ、満足そうな表情を見せています。食事では、りす組全員が乳児食に移行しました。手洗いの習慣もつき始め、配膳が始まると、声を掛けなくても手洗いをする姿も見られるようになりました。落とさないようゆっくり慎重にご飯を運んだり、食べ終わると、食器を片付け手や口を布巾で自ら綺麗に拭きとっています。

一年間でたくさんの成長を見ることができ嬉しく感じています。現在は、友達との関わりがとても楽しく、お互いに刺激し合いながら日々、様々な事に挑戦しています。こあら組になると更に友だちとの絆が深くなり、保育者も自主性を大事にして少し距離を取って接することが増えると思います。子どもたちの気持ちに寄り添いながら、これからも成長を見守っていきたいと思っておりますので、来年度も宜しくお願い致します。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


こあら組

今年度も残すところあと1ヶ月となりました。4月から子どもたちと一緒に過ごしてきたなかで、たくさんの成長を近くで感じることができ、とても嬉しく思います。身の回りの事を自分で行なったり、遊びもより細かいパーツの多いラキューに取り組んだり、園庭ではボールを蹴ったり投げたりと体全身動かし遊ぶ姿も見られます。友だちと言葉によるコミュニケーションが増えたことにより、遊びの幅も広がりました。今回は今年度最後のおたよりなので、子どもたちの1年の成長をお伝えします。

1年間の成長・変化

朝のお支度などにはまだ興味がなく、すぐに遊び始めることが多かったこあらぐみさん。
今では、朝登園してくるとほとんどの子が保育者が何も言わなくてもバッグからノートを出してバッグをロッカーにしまうところまで1人でお支度をしています。1人で出来ることが多くなり、子どもたちにとっても自信に繋がっています。
スプーンやフォーク、で食べる子が多くいました。味がわかるようになり好き嫌いも出始めていました。
周りのお友だちが箸を使っているのを見て興味を持ち、箸で食事をすることに挑戦しています。また、仲の良いお友だちと一緒に食事を摂りながら、皆で食べ終わったお皿を「ぴかぴかー。」と見せ合ったりして、自分で決めた食事量を食べきることに達成感を感じているようです。
上手く自分の思いを言葉で表すことが難しそうな姿がありました。
家庭やお友だち・保育者との会話を通してたくさんの言葉で伝える姿が見られるようになりました。「○○されたのが嫌だった。」「○○ちゃんがおもちゃ取った~」など、言葉で自分の気持ちを表す事ができるようになりました。
個々で集中して、自分の好きな遊びをすることが多かったです。
今では、同じクラスのお友だちを見つけると「はいどうぞ。」とフィギュアや絵本を渡し一緒に遊ぼうと誘う姿が見られます。フィギュアなどを持つとそれぞれの役になりきりながら言葉を交わし、共有のイメージを持って遊んでいます。

来年度に向けて

パンツへの挑戦
パンツやトイレに興味が出て来た子が増えてきました。自ら進んでトイレに行ったり、お友だちと一緒に便器に座る姿もあります。これからは、自らパンツで過ごしていけるような声掛けをしていきたいと思います。
造形/表現
うさぎ組になると造形・表現活動が始まります。毎週金曜日に造形活動があり、造形では絵の具などを使いますので汚れてもよい服装で登園してください。毎週月曜日には表現活動があり、表現では毎回裸足になり活動をしていますので、タイツやストッキングでの登園はご遠慮ください。

★不明な点がありましたら、職員に声を掛けてください。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


うさぎ組

日に日に厳しい寒さもやわらぎ、春の陽気が感じられるようになりました。今年度も残りわずかとなりました。この一年を振り返ると、一人ひとりが自分のペースで大きくたくましく成長した姿を嬉しく感じます。保護者の皆様にはたくさんのご協力をいただき誠にありがとうございました。来年度もよろしくお願いいたします。

1年の振り返り

この一年間で大きく成長したうさぎ組さん!生活面と遊びのふたつに分けてご紹介したいと思います。

生活面では、見通しを持って行動することが上手になり、子ども達の会話のなかでも、「もうすぐご飯はじまるから席についておこう!」「これ終ったら一緒にお昼寝する?」などといった言葉が聞かれるようになりました。その他にも、お支度・着替え・排泄など職員に促される前に、できるようになりました!できるようになったから大丈夫ではなく、当たり前にできているということを認め、たくさん誉めていきたいです!!

遊びでは、お友達と順番に、教具を使うということがとても上手になりました。例えばストライダーを使っている時には「一周ずつで交代しよう!」と自分たちでルールを決め、一周するごとに交代して使っている姿もあります。一つの教具を引っぱりあって、泣いたり・怒ったりしていた頃からは想像もつかない姿ですよね!上記の例のように友達との関わり方も成長しましたが、遊び方も大きく成長しました。作品作りではただ作り上げるだけでなく見本を真似しながら取り組んだり、配色や形にこだわりを持って作る姿があります。そのため、以前より作品に個性がでるようになりました。また、遊びを通して集中力も育って来ています。先日のクッキングでは、約2時間半程の長丁場の活動となりましたが、最後まで集中力をきらすことなく取り組む姿に職員一同驚きました!

この一年間を通して、自分で出来る事が増えたうさぎ組さん達。今年度から始まった、表現活動や造形活動にも楽しんで参加してくれました。今年度は、一人ひとりが「活動に参加する」「楽しむ」ということを目標としていましたが、来年度からは「みんなで協力しながら作り上げる」ということに挑戦していきます。時にはお互いの思いが通じず、ぶつかったり、葛藤しながら、社会性や自立心、他者と関わる力を育てていきたいです。

保護者会に向けて

3月9日(土)うさぎ組保護者会を行います。事前にアンケートを行いましたが、それ以外にも疑問や不安がありましたら当日質問していただきたいと思います。当日は職員も含めたグループに分かれて、家庭での悩み・アドバイスなどの情報共有の機会としたいと思います。
去年、質問が出た内容の一部ご紹介します。

午睡について
体力がもたず夕方や家に帰るとすぐ寝てしまい、ご飯を食べずに寝てしまったり、夜眠れなくなってしまうことがある。
食事について
家では、野菜を食べないけどどうしたらいいのか?
制作物について
作ったものをたくさん持って帰ってくるが、保存しているのか? いつ処分するのか?

以上のように生活面・遊び面・人間関係などいろんな話が出てきてました。気になっていることや子どもたちの園での様子、ご家庭での悩みがあると思います。そういった悩みを話し合い、少しでも解消できるような有意義な時間になったらと思っています。よろしくお願いします。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


きりん組

先日はお忙しい中、フェスティバルへご参加頂きありがとうございました。日々の生活の中での子どもたちの努力や自信、そして緊張感も含めて、様々な成長を見ていただけたのではないでしょうか。

今年度も残り1ヶ月となりました。月日が流れる早さを感じると共に、子ども達と過ごした1年間を振り返るとたくさんの成長を感じ嬉しく思います。きりんぐみさんにとって、ぞう組と一緒に過ごす残り少ない園生活となりますが、最後まで充実した毎日を過ごしていきたいと思います。

美味しい手毬寿司の完成!

2月21日にきりん組クッキングをしました。もうすぐひな祭りということで、手毬寿司を作りました。ひな祭りの意味や、手毬寿司の色は赤(みんなを守る色)白(清らかな色)緑(健康の色)が含まれることを知り、子どもたちは得意気な表情でした。それぞれの色にちなんだ食材を決める時には「イチゴ」「牛乳」「枝豆」など色々な意見が飛び交い、最後はハムとツナマヨときゅうりに決まりました。

食材が決まると、赤白緑それぞれチームに分かれ食材を買い出ししに行きました。スーパーの中を子どもたちで探し「これが良いと思う」「このきゅうりが美味しそう!」と選んでくれました。

いよいよクッキング本番。子どもたちが任せられたのはきゅうりを塩もみすること。驚いたのはきりん組のお話を聞く態度や集中力が長くなっていることです!先生が手順の話しをしている時、まっすぐ先生の顔を見て「はい」と返事をしながらお話を聞いていて、とても感心しました。この一年で大きく変化したところですね。

最初は固いきゅうりが、塩もみしていくうちに柔らかくなっていく感触を楽しんだり、味見をして「しょっぱくなった」「なんかリンゴみたいな味」など色々な感想が聞けました。ラップにきゅうりと酢飯とハムかツナマヨを乗せて、あとは手毬のように丸めます。ここでもみんなの丁寧さやきれいな丸を作れることに驚かされました!きゅうりが苦手なお友達も小さめのを選び作っていてうれしい気持ちになりました。 

昼食と一緒に、手作り手毬寿司を食べて「おいしいね~」とにこにこ笑顔で食べる姿や「お家でも作る!」と話している子もいました。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


ぞう組

厳しい寒さも和らぎ、暖かな日差しを浴びて園庭の桃の花が咲き始めました。新たな季節の到来を感じます。今年度も残り1か月となりました。子ども達は友達との関わりや行事、園生活を通してたくさん成長してきました。保護者の皆様にはたくさんのご協力をいただき、誠にありがとうございました。

卒園遠足
日にち:3月8日(金)
時間:9:30完全登園
場所:井之頭自然文化園
雨天時:小雨決行・豪雨中止
お弁当のご用意をお願いします。詳細等はメールでお知らせします。
卒園を祝う会
日にち:3月23日(土)
時間:9:00受付開始
場所:遊戯室
詳細等はメールでお知らせします。

卒園に至るまで

今年度のぞう組さんは、どんな遊びや活動も楽しくする方法を見つけるのが得意!そしていざ、行事などの本番になると一致団結して保育者もびっくりする程の力を発揮するようなクラスでした。

ここ1年で粘り強さ、諦めない気持ちがぐっと強くなってきたと感じます。友達との言い争いの中で納得するまで話し合いをすること、ラキューやアイロンビーズで集中して作品を作り上げることなどを経験し、粘り強さや諦めない気持ちが育まれていきました。それは、ぞう組になってから急に身に付いた力ではなく、あかねの森保育園で長い子は4年間過ごしてきた積み重ねがあったからと感じます。この力は非認知能力と呼ばれ、ある調査で米韓日の3か国で日本は一番低い値になったそうです。その理由として、自分が愛されている実感や自己肯定感が低いことが要因となっていると結果が出ました。それに比べ、あかねの森の子ども達は自分が「愛されている」「必要とされている」実感を持っていると思います。そのままの子どもの姿を認め、環境や関わる人が変わっても「よし、がんばるぞ」という気持ちになれるよう残り1ヵ月も関わっていきたいと思います。

小学校見学

最初に1年生の子と手を繋いでもらって見学をしたり、トトロの折り紙の作り方を教えてもらいました。また、音読や計算、正月あそびなど授業についての説明を聞き、緊張気味でしたが4月から通う小学校のイメージがつかめた様子です。子ども達からは「早く4月にならないかな」「新しい友達出来るかな」との声が聞こえてきました。

小学校入学は子どもたちにとっても期待と不安がありますが、園とご家庭でも小学校生活が始まることが楽しみになるような言葉掛けをしていきたいですね。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


pagetop