このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

園だより

もりんぴっくを終えて

今年も残すところ1か月になりました。師(僧)も走(馳せる)る季節で、日照時間も短くなり、寒さも一段と厳しくなってきました。ご家庭でも、園でも、子どもたちが風邪で体調をこわさないよう十分配慮していきたいですね。

師走、風邪といえば、冬至(今年は12月22日)の柚子湯です。柚子湯に入ると風邪をひかないと言われています。夜の時間が最も長く、昼が短い冬至の頃は、寒さも増し風邪をひきやすくなるため身体を温めリラックス効果がある柚子をお風呂に浮かべゆっくり入浴する風習です。

ご家庭で柚子湯を楽しむのは難しいと思いますが、入浴剤で気軽に温泉気分を楽しめるようになりました。長い夜のひと時をゆっくりお子さまとお風呂を楽しみ、心も体も温め、親子の絆を深めていただきたいと思います。

また、冬至にはかぼちゃを食べる風習もあります。かぼちゃを食べると魔除けになり、風邪をひかないと言われています。かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なことから、風邪の予防に効果的だそうです。本来夏が旬の食べ物ですが、長期保存が効くことから、冬に栄養を摂るための賢人の知恵です。

冬至は「一陽来復」とも言われます。1年で最も日が短く、太陽の力が一番弱まった日とされており、この日を境に再び力が甦ってくることから、運が上向く日だそうです。一説ではクリスマスも太陽の復活を祝う古代ヨーロッパの祝祭とキリストの生誕を結びつけたもので、その年の冬至が12月25日であったことから、この日をキリストの降臨日にしたそうです。

真偽のほどはありますが、先人の知恵である昔からの風習、言い伝えなども語り継ぎ、子どもたちの将来を少しでも豊かなものにしていきたいですね。

副園長

玄関暗証番号

1月15日(火)より、玄関の暗証番号を変更します。新年になりましたら、職員にお尋ねください。
再度のお願いになりますが、玄関の開錠は保護者の皆様が行い、お子様には暗証番号を教えないようにしてください。

年末年始について

当園の年末年始休みは、12月29日(土)~1月3日(木)までです。お間違いないように、お願いいたします。また、連絡アプリで年末年始の登園確認アンケートを公開しています。12月7日(金)までにご回答ください。ご協力よろしくお願いします。

今月の行事

pagetop