このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

もちもの
Belongings

服装・持ち物

  1. 子どもが動きやすく、脱ぎ着しやすい衣服をお願いします。
  2. 紐やフード付きの服は禁止です。スカートの場合は下にスパッツやレギンスの着用をお願いします。
  3. 当園では、足裏の発達のため、裸足保育を推奨しております。0-1歳児は原則として裸足での活動となります。2歳児以上は靴下着用しても構いませんが、着用する場合は転倒が多くなる可能性があります。そのため、必ず滑り止めの付いた靴下を着用して頂きますようお願いします。
  4. 名前は、すべての持ち物にしっかりと大きく記入して下さい。
  5. 活動によっては汚れますので、汚れてもよいものをご用意ください。
    ※パンツの着替えが無い場合は、園で準備している新品のパンツを使用しますので後日、新品のパンツをご返却ください。
  6. おむつ、おしり拭きはご家庭で使用されている物をお持ちください。使用後は園で処分しますのでご了承ください。
    ※おむつが無い場合は、園から貸し出します。後日未使用のものをご返却ください。

※持ち物を変更する場合もありますので、その時は事前にお知らせします。


寝具・カバー類

  1. お昼寝は園で準備するマットレスと、ご家庭で準備して頂くバスタオル2枚(シーツ用と掛布団用)を使用します(マットレス一枚につき3名使用)。
    定期的に干したり、丸洗いするので、衛生的に管理できます。
    ※必要に応じて、個別の布団を使用いたします。
  2. バスタオルはご家庭で用意していただきます。週末に持ち帰り、洗濯して週明けに持ってきてください。

毎日持ってくるもの

0歳児 1歳児 2歳児 3~5歳児 備考
通園リュック① 0歳児:ママバッグ 1歳児: (12月頃~) 2歳児: 3~5歳児: 毎日の持ち物が入る大きさ
おたより帳 0歳児:園で準備します 1歳児:園で準備します 2歳児:園で準備します 3~5歳児:園で準備します 園からの記入は、0~2歳児は毎日、3~5歳児は週1回程度
お手拭タオル② 0歳児: 歩けるようになってから 1歳児: 2歳児: 3~5歳児: 毎日持ち帰り
掛けられるように紐をつける
コップ、歯ブラシ袋③④ 0歳児:不要 1歳児:不要 2歳児:(様子次第) 3~5歳児: コップ入れ袋にも記名
汚れ物入れ⑤ 0歳児: (ポーチ内に着替え1セット) 1歳児:(ポーチ内に着替え1セット) 2歳児:(ビニール袋) 3~5歳児:(ビニール袋) 食べこぼした衣類や排せつ物が付いてしまった衣類を持ち帰る袋

園に置いておくもの

0歳児 1歳児 2歳児 3~5歳児 備考
おむつ 0歳児:10枚程度 1歳児:10枚程度 2歳児:5枚程度 3~5歳児:なし おしり部分に記名
おしり拭き 0歳児: 1歳児: 2歳児: 3~5歳児:なし 排せつ時使用
上服・下服・肌着・パンツ等 0歳児:3セット以上 1歳児:3セット以上 2歳児:2セット(登園リュックで保管) 3~5歳児:状況に応じて(登園リュックで保管) 必要に応じてスタイもご用意ください
パジャマ⑦ 0歳児:不要 1歳児:(11月頃から) 2歳児: 3~5歳児: 週末に持ち帰り
午睡用品入れ(パジャマ・バスタオル入れ)⑥ 0歳児: 1歳児: 2歳児: 3~5歳児: 子どもが自分で開け閉めできる巾着袋、エコバック等
午睡用品 0歳児:バスタオル2枚 1歳児:バスタオル2枚 2歳児:バスタオル2枚 3~5歳児:バスタオル2枚 週末に持ち帰り/記名は大きく
帽子⑧ 0歳児: 1歳児: 2歳児: 3~5歳児: ゴム付/ベースボールキャップのように、固いつばの無い物
活動用の靴⑨ 0歳児: 1歳児: 2歳児: 3~5歳児: 登園用とは別の物/避難時にも利用します
活動用の上着 0歳児: 1歳児: 2歳児:不要 3~5歳児:不要 2~5歳児は登園時の上着と兼用

※全ての持ち物に記名をしてください。
※持ち物はすべて週末に持ち帰り、洗ったものを週明けにお持ちください。


持ち物見本

①通園リュック

自分でお片付けしやすいように、大きさに余裕があるものにしてください。

②手拭きタオル(ブランコタオル)

慣れないうちは、ひもが長めのほうが扱いやすいです。

③歯ブラシ

必ず記名をお願いします。

④コップ・袋

必ず記名をお願いします。

⑤汚れ物入れ

0-1歳児は、ジッパー付きポーチに着替え1セットを入れて下さい。お着替え後、ポーチに汚れ物を入れます。

⑥午睡用品入れ ⑦パジャマ

ボタンに興味を持ち始めたら、ボタン付きのものにするといいでしょう。

⑧帽子

ベースボールキャップのように固いつばがついたものではなく、写真のようにやわらかいものにしてください。

⑨外用の靴(靴下)

避難時にも使うので、脱ぎ履きしやすいものにしてください。

pagetop