このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

園だより

平成最後の年、新しい元号のはじまる節目の年がはじまってひと月が経過し、朝は氷点下になるほど厳しい寒さが続いておりますが、子どもたちは、寒風に負けずにお散歩に出かけたり園庭で遊んだりと、たくさんのお友達とえがおでたのしく元気よく過ごしています。

そのようななか、1月19日(土)には、幼児フェスティバルを開催しました。緊張しながらも精一杯、歌ったりダンスしたり、楽器や制作やコマ・けん玉やファッションショーそしてオペレッタと、こどもたちは成長している姿をそれぞれ表現することができました。その姿にプログラムごとに感動し、胸がいっぱいになりました。年はじめのご多忙ななか、多くの方々にご参加いただきありがとうございました。

さて、2月は豆まき、ぞう組交流会や育児講座のほか、23日(土)の乳児クラスを皮切りに、3月にかけて各クラスの保護者会も予定しております。育児講座と保護者会への積極的なご参加をお願いいたします。

まだまだ、インフルエンザの猛威は続いております。ご家庭でも今一度、手洗い・うがい・睡眠・栄養などの予防をしっかりと行っていただきますよう、よろしくお願いいたします。

えがおで免疫力アップ

人間の体内にはNK細胞が50億個もあり、その働きが活発だと感染症にかかりにくくなると言われています。私たちが笑うと、免疫のコントロール機能をつかさどっている間脳に興奮が伝わり、情報伝達物質の”善玉”の神経ペプチドが、血液やリンパ液を通じて体中に流れ出し、NK細胞を活性化し、ウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃するので、免疫力が高まるということだそうです。

ともだちと笑いあったり、楽しいあそびをたくさんすることで細胞が活性化され、ウイルスに打ち勝つ強い体をつくることができます。えがおの森はもとよりご家庭でもたくさんのえがおを取り入れてみてください。

今月の予定

pagetop