このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

今年も残り少なくなりました。年末年始のお休みは、楽しい予定が沢山あることと思います。普段よりは、つい生活のリズムも崩れがちになります。元気に新年を迎えられるよう、健康管理に留意して下さい。

冷え込みが続き、体調を崩しやすい時期になりました。もしも体調悪く、インフルエンザや感染症等の疑いがある場合は、無理に登園せず、病院等受診して頂けます様お願い致します。加えて、予防接種等実施された方は、適宜「けんこうのきろく」に記入して頂けます様、ご協力をよろしくお願いします。

普段から習慣づけたい、感染症の予防法 こまめな手洗い、うがい

いろいろなものに触れたがる子どもは、手を通してウイルスや細菌に感染しやすいです。その手で自分の目や鼻、口を触るとウイルスや細菌は体内に侵入し、増殖してしまいます。 外から帰ってきた時は、特にうがいと手洗いをしましょう。うがいが上手にできない子どもには水分補給だけでも効果があるといわれています。

水分補給 ~冬でも脱水注意!~

乳幼児の体は60~70%が水分で、なおかつ汗っかき。まだ腎臓機能が未熟なので水分が出やすくなっています。そのため大人よりも短期間で脱水症状を起こしやすく、発熱や下痢の時は積極的な水分補給が必要です。ノロやロタなどのウイルス性胃腸炎は一度かかってしまうと特効薬がなく、嘔吐や下痢、発熱などによる脱水を防ぐしかありません。脱水症状になっていないか、しっかりとチェックをお願いします。

1日に必要な水分量
乳児(0~1才)150ml/kg
幼児(1~6才)100ml/kg
これが脱水症状のサイン
□ 目の回りがくぼんでいる
□ 唇やほおがカサカサ
□ なんとなく元気がない
□ おしっこの量が少ない
□ 泣いても涙があまり出ない

気付いてあげたい、赤ちゃんのSOSサイン

□ 機嫌が悪い
□ 耳だれがある
□ 食欲がない
□ 目やにが出る
□ 寝つきが悪い
□ 呼吸が荒い
□ 寝てもすぐに起きたり、1日中ウトウトが続く
□ 発熱や下痢
□ おしっこが出なかったり量や回数が少ない
例えば風邪をひいただけでも、中耳炎や肺炎を併発することがあります。おかしいなと感じたら、体の様子をチェックしてあげてください。おかしいなと思ったら、全体をチェック!

今月のほけん行事

10日(木)  0歳児健診14:30~
8~10日 身体測定【幼児】
15~16日 身体測定【乳児】

12月感染症

水痘…5名
ウイルス性胃腸炎…1名

pagetop