このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

食事
School lunch

食育だより

この時期、梅の実が熟することから、“梅雨”と呼ばれるようになったといわれています。
梅雨入りとともに気温・湿度が上昇して、カビが発生したり、食中毒菌が発生しやすくなるので、食中毒の予防に十分気を付けましょう。食中毒予防のために、きちんと手を洗いましょう。

6月4日~10日 「歯と口の健康週間」

歯みがきで虫歯を予防することも大切ですが、よく噛むことも虫歯の予防につながります。 大人になっても健康な歯で食事ができるように、今のうちから丈夫な歯をつくるための食生活を心がけましょう。

よく噛むと虫歯になりにくい理由
よく噛むとだ液(つば)がたくさん出ます。だ液には、口の中に残っている食べ物のカスを落としたり、虫歯菌を活性化しにくくする効果があります。
よく噛んで食べると、虫歯を予防することができます。

★オススメ★「まごわやさしい」食材

食物繊維も多く、噛む回数も知らず知らずに多くなるようなお料理です。からだに必要な栄養素がたっぷり入っている「まごわやさしい」の食材を積極的に摂り、体の中から健康で元気な毎日を送りましょう!
…まめ
…ごま
…わかめ(海藻類)
…野菜類
…さかな(魚介類)
…しいたけ(きのこ類)
…いも類

さくらんぼ

旬は5月~7月です。
適度な甘みと酸味があり、見た目もかわいい“さくらんぼ”は、つやが良く、色が濃い方が熟して甘みが強くなっています。
アメリカンチェリーは熟すと黒ずんだ色になります。疲労回復、利尿効果もあります。

和菓子の日

西暦848年(嘉祥元年)6月16日に、仁明天皇が、宮中の行事で16個のお餅やお菓子などをお供えして、疫病除けや健康招福を祈願したことが始まりと言われています。

pagetop