このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

園だより

ほほえみの森保育園では9月に乳児さん(0.1歳児)のもりんぴっくが行われました。初めての行事だったので行き届かない点もあったと思いますが、会場で感じて欲しかった保育士の想いを少し説明したいと思います。

当日の会場は『はらぺこあおむし』を筆頭に子ども達が大好きな絵本の世界を演出しました。
『はらぺこあおむし』のお話はご存じですか?

小さなあおむしは、リンゴやミカンを食べてもお腹はペコペコ。ついにチョコレートケーキやアイスクリームなどたくさん食べたその晩、お腹が痛くなってしまいました。
次の日はおなかもすっかりよくなり、みどりの葉っぱをおいしく食べました。まもなく、さなぎになり何日も眠りについたあおむしはついにきれいな蝶々になりました。

あおむしが蝶になるまでの物語です。物語の最後に蝶になり飛んでいく場面があります。日頃子ども達と過ごしていると『あ!できた!』と驚く事があります。その時の感覚と物語の場面が似てる様に感じました。まいにちずっと見守ってきた姿がある日達成できる瞬間を迎えるのです。その瞬間が不意に訪れるので、たくさんの言葉は咄嗟に出てきませんが『あ!できた!』という一言に繋がります。保育士は、その子が達成するまでにたくさんお友達の姿を眺めていた事、手に取って挑戦しようとしたり「自分でやってみたい」と自己主張をするようになった事、たくさんの段階を経て辿りついた事もわかるので、その時はまもなく訪れる事も感じながら過ごしています。

このような日々の姿をもりんぴっくでもご覧いただきたいと思っています。『もりんぴっく』という行事名にしているのは、大人の合図や号令に合わせて動作するというイメージになりがちなので『運動会』ではなく『もりんぴっく』としています。かけっこのゴールは保護者の方の胸の中です。全力で走る子は、まっすぐ保護者の方を見つめています。腕が大きく振れるようになった事や、転んでも起き上れるたくましさなど『ゴールに向かって走る』姿をしっかりと受け止めてあげてください。何よりゴールで力強く抱きしめられた子は、本当に嬉しそうな表情をしています。

当日は、保護者の方に楽しんで頂けるような内容も考えていますので、ご参加して下さった皆さんで作り上げる楽しい『もりんぴっく』になるといいなと思います。

おしらせ

  • 10月20日(金)からアルバイト学生が勤務します。
    小林さん…毎週金曜日 9:00~15:00の勤務です。よろしくお願いします。

行事予定

pagetop