このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

あじさいがきれいに咲く季節となりました。この時期は急に暑くなる日があったり、肌寒い日があったりと体調を崩しがちです。バランスのよい食事や睡眠をしっかりとり、元気に過ごしていきましょう。

6月4日は虫歯予防デー

かむことは大切
・あごの骨や筋肉の成長を助けます
・歯肉に刺激が伝わり、歯を支えている骨や組織が上部になります
・脳の働きが活発になります
・唾液の分泌が盛んになり、消化を助けます
・だ液の分泌により、食べかすが歯につくのを防ぎます

鼻水のおはなし

5月は感染症の報告はありませんでしたが、気温差がある日が多く、体調を崩して鼻水や咳がでている子が多くいました。

鼻水はどうして出るのでしょうか?

鼻水は体を守るために必要なもので、鼻や喉についたウイルスを排除するために出るものです。また、炎症を起こした鼻の粘膜を守る役目もあります。

まだ、じょうずに鼻をかめない子はティッシュでこまめに拭いてあげてください。頻繁に拭いていると鼻の下の皮膚が赤くなってしまうので軟膏などを塗ってあげてください。

水分補給

乳幼児の体は8割が水分です。その分、失われる水分量も多く、こまめは水分補給が必要となります。

子どもは体温調節がうまくできず、温度変化の影響をうけやすいため、大人がこまめに衣類の調節や水分補給をしてあげてください。

一度に大量の水分をあげるのではなく、コップ1杯程度の水分量をこまめに与えましょう。

今月のほけん行事

6月6日(水)うさぎ組はみがき指導
6月13日(水)10:00~乳児健診(ひよこ組・りす組・こあら組)
※うさぎ組は、6月4日(月)までに歯ブラシの用意をお願いします。

pagetop