このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

今年もとうとう最後の月。クリスマスやお正月、年末年始のおでかけなど、お楽しみも多い時期ですが、生活リズムが崩れやすい上に、感染症も心配な時期です。手洗い・うがいをこまめにする、必要に応じてマスクをつけるなどして予防を心がけていきましょう。

冬に流行する感染症

冬は空気が乾燥しているため、ウイルスが空気中にたくさん存在しています。また、私たちは冬の寒さから体温が下がり、免疫力が低下しやすいので、ウイルスが体内に入りやすくなります。このような理由から、冬は体調を崩しやすく、感染症にかかりやすくなるといわれています。

冬に流行する感染症は、
・インフルエンザ・RSウイルス
・感染性胃腸炎(ノロ・ロタウイルス等)があります。大分市全域や、保育園での感染症流行の情報は玄関に掲示しています。日々更新していきますので、送迎の際にご覧ください。

周りにインフルエンザの人がいる時は、体調の変化に注意してください。何か症状があり、もしかしたらインフルエンザ?と思うことがあれば、無理に登園はせず、お家で様子をみる、病院を受診するなどの対応をお願いします。

手洗い・うがいで感染症を予防しよう!

うがいは、ブクブクうがい(口の洗浄)、ガラガラうがい(のどの洗浄)の2種類があります。4~5歳児になるとほとんどの子どもたちができるようになります。うがいは感染症の予防行動でもありますが、虫歯の予防にもなります。ぜひお家でも練習してみてください。

印刷用書式

pagetop