このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

雨の日が多い季節になりました。子どもたちは、外でおもいっきり遊びたくてウズウズしている様子がみえます。

この季節は気温や湿度の変化もあり、体調を崩しやすくなります。園では、室温調整など子どもたちにとって過ごしやすい環境づくりを行っていきます。ご家庭でも体調の変化に気を付けながら食事と睡眠を十分にとり、梅雨も元気に乗り切りましょう!

今月のほけんだよりは、これから流行する3つの感染症と食中毒についてお知らせします。

手足口病
夏に流行しやすく、感染力が強いので何度もかかる可能性があります。症状は発疹や水疱・発熱や下痢があります。 熱が下がって、普段通り食事がとれれば登園可能です。治ってからも2~4週間くらいは便にウイルスがいます。オムツ替えのあとはしっかり手を洗ってください。
ヘルパンギーナ
症状は38~40℃の発熱、のどの奥に白いぶつぶつができる、のどの痛み、食欲不振などあります。 夏カゼの一種でそれほど心配はいりません。高熱が3日以上続く、または水分をとれないようなときは急いで病院へ行きましょう。 基本的にはカゼをひいたときと同じ対応でよいです。食事がとりにくくなるので、こまめな水分補給や消化の良い食事を心がけましょう。
プール熱(咽頭結膜熱)
プールの水を介して流行することから「プール熱」と呼ばれていますが、くしゃみや咳、使用したタオルなどからも感染は広がります。症状は目の充血、のどの痛み、39度前後の発熱があります。症状があればすぐに受診しましょう。

上記3つの感染症は、かかったら登園許可書・登園届が必要になります。提出をお願いします。

今からが危ない・・・!? 6月~10月は食中毒に注意が必要です。

食中毒は気温や湿度が高い6月~10月に多く発生します。細菌に汚染された食品、水、食器、手指、便などから感染するといわています。症状としては、激しい腹痛、下痢や血便、嘔吐などが起こります。家でも起こりやすいのでしっかり予防しましょう!

食中毒予防の3原則
・つけない→手洗いや調理器具などの洗浄など
・ふやさない→食品の低温保存など
・やっつける→中心部までの十分な加熱など

印刷用書式

pagetop