このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

食事
School lunch

食育だより

暦のうえでは春ですが、一年で最も寒いのが2月です。
風邪やインフルエンザ等が流行する時期です。手洗い・うがいをしっかりと行い、バランスの良い食事と十分な睡眠等の予防策をしっかりとるようにして、寒さに負けないようにしましょう!

節分

いわしと豆で邪気払い
節分の日には、「鬼は外、福は内」と豆をまき、この時にまかれた豆を自分の年の数より一粒だけ多く食べ、一年の無病息災を願う風習があります。 大豆は脳のボケ防止にも役立つレシチンも豊富です。節分に大豆を食べるのは、健康維持を願う、古人の知恵とも言えるでしょう。 また、鰯の頭を焼いて、ヒイラギの枝に刺し、家の入り口に差す風習もあります。これは鰯の悪臭で鬼を退散させ、またヒイラギのトゲで鬼の目をさして、家への侵入を防ぐという言い伝えからです。
いわしの鮮度の見分け方
エラが鮮紅色で、目が黒く、体が黒光りしているものが新鮮です。
いわしの調理のコツ
「クサイいわしも七度洗えばたいの味」と言われ、丁寧に水洗いすることが美味しさの秘訣です。

大豆のパワー

大豆はさまざまな栄養素が含まれているバランスのよい食材です。
大豆のたんぱく質は、野菜や穀物よりも肉に近いので、「畑の肉」ともいわれています。大豆からは、モヤシ・枝豆・油・きなこ・みそ・しょうゆ・豆腐などさまざまなものが作られます。いろいろな料理を食べて、大豆パワーを吸収しましょう。

元気の源・朝ごはん

1日を元気に過ごすために、朝ごはんをしっかり食べましょう。

夜寝ている間に体温は下がっています。朝ごはんを食べることで体温が上がり、体を動かす準備や脳が働くためのエネルギーに変わります。朝ごはんを食べていないと集中力に差が出てきます。

朝ごはんは大切ですね。

おしらせ

2月2日(土)
お弁当日
食事会(きりん・ぞうの参加者)

pagetop