このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

  7月は、西日本豪雨や雷雨などの突然の大雨が降ったかと思ったら、気温がどんどん上がり、猛暑の中を過ごす毎日でした。
環境省の出している暑さ指数を見ても、危険と判断される31度を超える日が多く、戸外遊びは、控える・水分摂取を行う、汗をかいたら着替えるなどの対応を行っています。

無理をせず、食事・睡眠をしっかりとって、生活リズムを整え、暑さに負けない身体を作りましょう。

熱中症予防のために!!!

暑さをさける!
室内では・・・
・扇風機や・エアコンで温度調整
・遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用
・室温をこまめに確認
・暑さ指数も参考に
外出時には・・・
・日傘や帽子の着用
・日陰の利用、こまめな休憩
・天気の良い日は、日中の外出をできるだけひかえる
からだの蓄熱を避けるために
・通気性の良い、吸湿性、速乾性のある衣服を着用する
・保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、身体をひやす
こまめに水分を補給する!
・室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分・経口捕水液などを補給する
「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能が上手く働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。
屋外だけでなく室内で何もしていない時でも発症し、救急搬送されたり、死亡することもあります。熱中症について正しい知識を身に付け、体調の変化に気を付けるとともに、周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。
熱中症の症状
・めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
・頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う
重症になると、
・返事がおかし、意識消失、けいれん、からだが熱い
熱中症が疑われる人を見かけたら
・涼しい場所へ→エアコンの効いてる室内や風通しの良い日陰など、涼しい場所へ避難させる
・からだを冷やす→衣服をゆるめ、首の回り、わきの下、足の付け根など大きな血管を冷やす
・水分補給→水分・塩分・経口補水液などを補給する
※自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!!!

夏の感染症

手足口病
手のひら、足の裏、口の中などに発疹ができ発熱します。幼児がかかりやすい感染症です。
口の中の発疹で水分が取りにくくなるので、特に脱水症状には注意が必要です。
ヘルパンギーナ
突然高熱を出し、口の奥に水ぶくれや口内炎ができます。手足口病と同じく、幼児がかかりやすい感染症です。高熱が数日続くほか、喉の炎症や口内炎のせいで、水を飲むのも痛がり、食事が取りにくくなります。
咽頭結膜炎(プール熱)
喉が腫れて高熱が出るほか、目が充血して結膜炎になるなどの症状があらわれます。
プールで感染することが知られていますが、感染経路は、咳やくしゃみなどによる飛沫感染です。プールに限らず、日常生活でも感染します。
流行性角結膜炎(はやり目)
片目に急に発症する眼瞼の浮腫、流涙を伴う充血。多くは健側の目にも感染がみられます。

いずれも基本的な感染症予防対策が有効です。
帰宅時の手洗いとうがいを習慣にしましょう。
<予防対策>
1.こまめに手を洗う。石けんと流水でしっかりと洗う
2.ハンカチやタオルの貸し借りを避ける
3.咳エチケットに注意する(マスク、人に向けて咳をしないなど)
とびひ(伝染性膿痂疹)
とびひは、急に症状がでるわけではなく、あせも・すり傷・虫刺されなどをかきむしった傷口に、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌が感染して起こります。 また、強いかゆみがあり、かいて水疱の膜が破れると細菌を含んだ液が飛び散って、あっという間に広がります。この液がとても感染力が強く、人にうつしてしまいます。 爪を短く切って、さわらないようにし、かかないように保護しましょう。 治療は、軟膏と内服薬です。とびひが消えるまで、きちんと治しましょう。
「流行性耳下腺炎(おたふく風邪)」や「水痘(みずぼうそう)」の患者数もこのところ増加しています。
園でも、見られていますので、今後もお子様の観察をお願いします。 「流行性耳下腺炎(おたふく風邪)」や「水痘(みずぼうそう)」の予防には、予防接種が有効といわれますので、接種をお勧めします。

暑さで体調が優れなかったり、体が疲れていたりすると、感染症にもかかりやすくなります。
早寝早起き、バランスの取れた食生活を心がけて、元気に夏を乗りきりましょう!

8月の保健行事

身体測定
ぞう 6日(月)
きりん 6日(月)
うさぎ 7日(火)
こあら 8日(水)
りす 9日(木)
ひよこ 10日(金)

pagetop