このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

入園・進級おめでとうございます!
これから1年間の成長を一緒に見守ることができること、嬉しく思います。
気になることがございましたら、ご相談ください。
笑顔あふれる1年になりますよう、一緒に過ごしましょう。
体調良く過ごすためにも、手洗い・うがいで感染予防をし、食事と睡眠、運動で元気な身体を作りましょう!!!

子どもの症状をみるポイント

顔・表情
  • 顔色が悪い
  • ぼんやりしている
  • 目の動きに元気がない
皮膚
  • 赤く腫れている
  • ポツポツと湿疹がある
  • カサカサがある
  • 水疱、化膿、出血がある
  • 虫刺されで赤く腫れている
  • 打撲のあざがある
  • 傷がある
  • 目やにがある
  • 目が赤い
  • まぶたが腫れぼったい
  • まぶしがる
  • なみだ目である
  • 鼻水・鼻づまりがある
  • くしゃみがある
  • 息づかいが荒い
  • 唇の色が悪い
  • 唇、口の中を痛がる
  • 舌が赤い
  • 荒れている
のど
  • 痛がる
  • 赤くなっている
  • 声がかれている
  • 咳が出る
  • 耳だれがある
  • 痛がる
  • 耳をさわる
  • 呼吸が苦しそう
  • 咳、喘鳴(ゼイゼイ、ヒューヒュー)がある
  • 咳で吐く
お腹
  • 張っていてさわると痛がる
  • 足の付け根が腫れている
食欲
  • 普段より食欲がない
尿
  • 回数、量、色、においがいつもとちがう
便
  • 回数、量、色、におい、固さ、下痢、便秘等いつもと違う
睡眠
  • 泣いて目が覚める
  • 目覚めが悪く期限が悪い

子どものいつもの様子や元気なときの平熱を知っておくことが変化に気づくめやすになります。
いつもと違うこんな時は子どもからのサインです。

  • ママから離れず機嫌が悪い(ぐずる)
  • 睡眠中に泣いて目が覚める
  • 元気がなく顔色が悪い
  • きっかけがないのに吐いた
  • 便がゆるい
  • いつもより食欲がない
  • 目やにがある・目が赤い

登園前にお子様の状態を観察し、些細なことでも保育士にお伝えください。
※熱が37.5度以上・下痢2回以上・嘔吐2回以上どれか1つでもございましたら、登園を見合わせ必要に応じて医療機関への受診をしましょう。
園で体調を崩した場合、緊急連絡先にお迎えをお願いする電話をおかけします。
急変することもありますので、早目のお迎えをお願いします。
怪我をして病院を受診する場合などもありますので、保護者との連絡が必ず取れる、緊急連絡先をお知らせください。

肘内障について

肘内障とは、肘の骨の一部が靭帯から外れて、肘の関節が亜脱臼している状態のことです。(完全に外れているわけではありません)
肘内障は歩き始めから5歳くらいまで、特に1~3歳の幼児に起こりやすい傾向にあります。

  • 手をつないで歩いていたら、突然腕を痛がり出した
  • ちょっと腕を引っ張ったら、泣き出し、腕を使わない
  • 寝返りをうったら、手・肘・肩周辺を痛がり出した
  • 原因は特に思い当たらないけど、全く腕を使おうとしない
こんな症状の時は、肘内障を起こしている可能性があります。
・肘を痛がるが、腫れや発赤はない
・肘を曲げられない ・肘を触られることを嫌がる
・前腕(肘から先)が内側を向いている
・腕がだらんとしたままで動かさない
・泣き方がいつもより激しい
※肩・手首を痛がるようにする場合もあります。
治療方法は?
・骨に異常がなければ医師による整復で治療可能
・治るときは一瞬であるため、基本的に麻酔は使わない(麻酔の注射の方が痛みが強いため)
・一瞬痛みが出るが、整復後は比較的すぐに痛みが治まることが多い
・1回でなく、何回か別の整復法を試す中で治ることもある
・幼児期の間は再発を繰り返すことが多い
・6-7歳を超えると、靭帯が強くなるため、再発はほとんど起こらなくなる
・整復後、すぐに肘は元の状態に戻り、自由に肘の曲げ伸ばしができるようになる。(しかし「肘を曲げると痛い」という強い恐怖心が残っていることから、30~60程度、肘を動かさず「まだ痛い」と言う子どももいる)

○抱くときには体を抱えるなど、手を引っ張らないように注意しましょう

園医の紹介

にしもと小児科 にしもと先生
住所:東区松田13-686-1
電話:092-627-2121
毎年2回来園され、内科健診を行って頂いています。園で健診できなかった場合、保護者が各自でにしもと小児科まで健診しに行きます。
病気や怪我に対する相談も行って頂いています。
かつまた歯科小児歯科
住所:東区水谷1-6-15
電話:092-683-1011
来園され歯科健診を行って頂いています。
病児保育
ご利用される前に、電話でご確認ください。
病気回復期の子どもの養育が、保護者の勤務等の都合により家庭で困難な場合、下記の実施施設で一時保育しています。家庭保育が難しい時ご利用をお勧めします。
・植山小児科医院:東区若宮5丁目20-8 電話番号092-681-4515
・ならざき小児科:東区和白5丁目7-15 電話番号090-1161-7377
・ふかざわ小児科:東区若宮1丁目22-19 電話番号092-661-8111
・梅野小児科内科医院:博多区千代1丁目33-2 電話番号092-651-1577

4月保健行事

・身体測定 ぞう10日(火)・きりん11日(水)・うさぎ13日(金)・こあら16日(月)・りす17日(火)・ひよこ18日(水) ・内科健診 26日(木)午後(詳細は後日お知らせします。)

年間保健行事

○毎月 身体測定
○4月 内科健診
○5月 尿検査(4・5歳児)
○6月 歯科健診
○10月 内科健診

pagetop