このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

梅雨に入りました。じめじめして、洗濯物が乾かないなどマイナスイメージもある6月ですが、雨が降らないと水不足になってしまい、大切な時期であることを教えてくれます。園内では、教具に熱中する姿や、会話を楽しむ姿など見られ、微笑ましく毎日を過ごしています。急に気温が上がったり、体調を崩しやすい時期でもありますので、手洗い・うがいを行い、食事・睡眠・運動などで、体調管理に気を付けて下さい。

5月は、手足口病・アデノウイルス・水疱瘡の感染症がみられました。
手足口病は、登園届(医師の許可のもと保護者が記入)が必要です。アデノウイルス感染症は、プール熱(咽頭結膜熱)や、流行性角結膜炎など登園許可証を医師に記入してもらうものや、ウイルス性胃腸炎で見られるものもあり、アデノウイルスと言われたら登園許可証を医師に見せて確認し、記入頂けたらと思います。

水疱瘡も登園許可証が必要です。予防接種を受けているので、かからないのではなく、かかっても症状が軽く済むことを考慮し、症状らしきものが見られましたら受診のご協力お願いします。

感染症と診断されたら、登園許可証・登園届が必要です。登園許可証・登園届は、玄関のボックスの中にも入れています。職員室前のボードの感染症状況の下にも掲示してますので、再度ご確認下さい。

またこれからの時期、食品の取り扱いもかなり注意が必要となってきます。
食中毒を予防して、梅雨の時期を笑顔で過ごしましょう。

食中毒予防の3原則、「菌をつけない・増やさない・やっつける」

1:つけない 清潔・洗浄
2:増やさない 迅速・冷却
3:やっつける 加熱・殺菌

食中毒予防6つのポイント

食品の購入
・消費期限などの表示をチェック!
・肉・魚はそれぞれ分けて包む
・寄り道しないでまっすぐ帰ろう
家庭での保存
・帰ったらすぐ冷蔵庫へ!
・入れるのは7割程度に
・肉・魚は汁がもれないように包んで保存
・冷蔵庫は10℃以下に維持 ・冷凍庫は-15℃以下に維持
下準備
・冷凍食品の解凍は冷蔵庫で
・タオルやふきんは清潔なものに交換
・こまめに手を洗う
・井戸水を使っていたら水質に注意
・包丁などの器具、ふきんは洗って消毒
・野菜もよく洗う
・ゴミはこまめに捨てる
・生肉・魚を切ったらまな板を洗って熱湯をかけておく
・生肉・魚は生で食べるものから離す
調理
・作業前に手を洗う
・加熱は十分に(めやすは中心部分の温度が75℃で1分間以上)
・台所は清潔に
・電子レンジを使うときは均一に加熱されるようにする
・調理を途中で止めたら食品は冷蔵庫へ
食事
・食事の前に手を洗う
・盛り付けは清潔な器具、食器を使う
・長時間室温に放置しない
残った食品
・時間が経ちすぎたりちょっとでも怪しいと思ったら思い切って捨てる
・作業前に手を洗う
・手洗い後、清潔な器具、容器で保存
・早く冷えるように小分けする
・温め直すときは充分に加熱する(めやすは75℃以上)

歯を大切に 歯と口の健康週間(6月4日~6月10日)

小さいころからの虫歯予防で、5つのメリット!
1:子どもの歯(乳歯)にむし歯がなければ、おとなの歯(永久歯)がむし歯になる確率が減ります。
2:子どもの歯(乳歯)がむし歯になることを防ぐことで、歯並びが悪くなることを防ぎます。
3:むし歯予防の一つである「規則正しい食生活」を行うことで、むし歯予防だけでなく、心と身体の健全な成長発育にとってもいい影響を与えます。
4:子どもの頃からむし歯予防の習慣を身につけておくことにより、成人疾患の一つである歯周病予防にも大変有効です。
5:子どもの頃からむし歯予防を行っておくことにより、きちんとした知識が身につけられ、おとなになってもご自身の歯でおいしく食事をすることが出来ます。
まだ、子ども1人で歯磨きは難しいですよね。親子で楽しみながら歯磨きしましょう。
小帯の異常
上唇小帯は、上唇と歯茎の間をつないでいる帯の事で、歯の近くまで下がっていて長いと、歯磨きが難しかったり、前歯の間に隙間ができやすくなります。
舌小帯は、舌と下顎を結んでいる舌の裏側にある帯のことで、短いと舌が十分に動かない為、舌足らずな喋り方になったり、食物摂取障害や嚥下障害、受け口になりやすくなります。舌を出した時に、舌の先がハート型になるようでしたら、舌小帯が短い可能性があります。
※小帯異常があると歯並びや噛み合わせに悪影響を及ぼす場合があります。
不正咬合
歯、歯列、顎、顔面などに、なんらかの原因で形や位置、機能の異常があるために、正常な咬合を行えない状態をいう。
上顎前突(出っ歯)
上の前歯が極端に出ている。
下顎前突(反対咬合)
下の前歯が上の前歯より前に出ている状態。受け口ともいう。
叢生
歯が重なり合い 凹凸の状態。歯磨きが難しい。
開咬
前歯を閉じても噛み合わず隙間が空いてしまう状態。
過蓋咬合
上の歯全体が下の歯に深く被さっている状態。
空隙歯列
歯と歯の隙間が空いていて食べ物が挟まりやすい。

6月の保健行事

身体測定
11日(月)ぞう
12日(火)きりん
13日(水)うさぎ
14日(木)こあら
15日(金)りす
18日(月)ひよこ
歯科健診
6日(水)10:00~ かつまた先生に来て頂きます。

pagetop