このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

「暑さ寒さも彼岸まで」と言う言葉があるように、暑さが和らぎ過ごしやすい季節になりましたね。
戸外活動をしている子どもたちも、すがすがしい表情で、音楽に合わせてダンスを踊ったり、山の周りをかけっこしたり、滑り台や鉄棒、砂遊びと笑顔で、元気いっぱい身体を動かしていて、見ているこちらが元気をもらっています。

しかし、季節の変わり目、体調を崩しやすい時期ですので、体調管理に気を付けましょう。
手洗い・うがいを行い、食事・運動・休息・睡眠で強い身体を作りましょう!

9月末に、ノロウイルスと診断された園児のほか、嘔吐・下痢でお休みする子が、増えました。
子どもの嘔吐・下痢症状の80~90%はウィルス感染によるもので、残りの10~15%が細菌感染、そのほかはアレルギーや消化機能が十分整っていないこと、寝冷えなどが原因です。
嘔吐や下痢は、悪さをする病原体を早く体の外に出そうとする体の大切な防御反応のひとつであり、特に下痢は、薬で止めることができません。
注意が必要なのは、嘔吐や下痢のため、体内の水分や塩分が大量に失われると、脱水症状になってしまうことです。水分と電解質の補給が適切に行われないと、脱水症状はさらに悪化していきます。乳幼児の場合は、重症化しやすいので、とくに注意が必要です。
集団生活ですので、感染症であると感染が拡大する恐れがあります。
症状がありましたら、受診され医師の指示を受けて頂くようお願いします。(登園届が必要な場合あり)
園でも嘔吐・下痢などの症状がありましたら、ご連絡いたしますので、2回以上続きましたらお迎えお願い致します。
これからの時期、嘔吐・下痢など見られることが、多くなります。
手洗い・うがいを行い、吐物の処理や排泄後の適切な消毒を行いましょう!!!

10月10日は、目の愛護デー

こんなしぐさが見られる場合は視力の問題からきている影響が考えられます。

見るとき
目を細める
片目をつむって見る
顔を回し、横目で見る
頭を傾けて見る
あごを引いたり、上げたりして見る
目の様子
目をよくこする
目をパチパチさせる
視線が内や外、上や下にずれることがある
涙をよく流す
明るい戸外でまぶしがる
その他
集中力やおちつきがない
あきっぽく、根気がない
テレビを近くで見たがる
よくつまづく
ひんぱんに頭痛をうったえる

親子のコミュニケーションのなかで気付けるサインや、生活環境の工夫など、暮らしのなかには子どもの視力を守るためのポイントは沢山あります。

目は、子どもの健康を守るうえでも欠かせないものです。ぜひ、意識して子どもの目と向き合っていきましょう。
気になることがありましたら、一度受診してみましょう。

10月の保健行事

身体測定
ぞう 9日 きりん 9日
うさぎ 10日
こあら 11日
りす 12日
ひよこ 15日
  • 身体測定の日にちは、予定ですので、変更する場合もございます。その際は、お知らせ致します。
    お休みされても、月に1回は必ず測定しています。
  • 9月26日(水)の内科健診のご協力ありがとうございました。
    お休みされていた方は、早目の健診をお願いします。
    福岡市内でもインフルエンザが増えているようです。
    体調管理に気を付けましょう。

pagetop