このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

食事
School lunch

食育だより

7月は、夏のように暑かったり、梅雨のような日が続いたりと体調を崩しやすくなります。また、たくさんの汗をかくような日には、熱中症にも注意が必要ですので、こまめに水分補給をしましょう。楽しい夏を元気にのりきるためにも、規則正しい食生活と充分な睡眠を心がけましょう。

七夕

七夕は牽牛星(彦星)と織女星(織姫)が年に一度、天の川を挟んで会うという説話があります。この星祭は、中国から日本へ伝わってきました。

七夕の日には、色々な願い事を書いた短冊を笹の葉につけたり、そうめんを食べる習慣があります。昔は「1月15日のお粥」「3月3日の草もち」「5月5日のちまき」と同じように、悪いことが起きないように願いを込めて「さくべい」という食べ物を7日の夜に食べていました。「さくべい」は、小麦粉と米粉を練って細くヒモのようにしたものを、縄のように2本合わせて作ったお菓子で「麦なわ」とも呼ばれていました。七夕にそうめんを食べたりするのは、この習慣からきているそうです。

夏野菜deクールダウン!

夏が旬の野菜や果物には、熱くなった体を冷ます効果があり、同時に水分やビタミン、ミネラルも摂ることができます。

きゅうりには利尿作用があり、体の余分な熱を逃がす働きがあるカリウムが豊富に含まれています。

トマトも水分が多くリコピンやビタミンCが豊富です。また、デザートなどに疲労回復効果のあるすいかがおすすめです。

水分のとり方に気をつけましょう

暑い季節、からだは汗をかくことで、皮膚から熱を放出して体温を下げようとします。 子どもたちは、長時間汗をかいても遊びに夢中で、のどの渇きに気付きにくいことがあります。上手に水分をとるポイントをご紹介します。

  1. 牛乳やジュースは消化吸収に時間がかかるので避け、水かお茶をゆっくり飲む。
  2. 飲み物は冷やしすぎない。
  3. 一度に大量に飲まない。
  4. 運動の前後にこまめに水分を摂る。

などのようにして上手に水分をとりましょう。

pagetop