このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

園だより

進級・入園おめでとうございます。麗かな春の陽気に包まれて、きらめきの森保育園は開園から1周年を迎えることができました。これも皆さんのご理解とご協力のおかげであると感謝しております。

4月当初の園・子ども達の様子を皆さんはどのように感じているでしょうか。ほとんどの子どもは母親や父親との強い愛着関係が存在するため、なかなか気を許してくれません。特に、初めて保育園に通った子どもには顕著に現れます。泣いたり、ぐずったりして、それが他の子どもにも伝染していきます。それでも保育者は子どもに笑顔で接し、声掛けやハグ、遊びに誘ったり誉めることによって、少しずつ愛着関係を創っていきます。そして、子ども達の適応能力も素晴らしいものがあります。新年度4月はそういった意味で保育者と子どもだけでなく、親子にとっても大きな意義があると思います。

私は、教育に大事なものは教育者の「情熱と忍耐」であり、幼児教育についても例外ではないと思っています。まずは子どもとの関わりを積極的に行い、愛着・信頼関係を築いて、質の高い保育、子どもの自主性・自発性を育む保育を実践していきたいと思います。

また、新年度を迎えるにあたって、法人保育のコンセプトブックを作成しました。これは、私達森友会の保育理念、保育方針等を保護者の皆さん等に理解をふかめて頂くためのものになります。別途配布させて頂きますので是非ご高覧下さい。

職員一同、子どもたちの成長のために尽力していきますので、宜しくお願いします。

きらめきの森保育園 園長 近藤

pagetop