このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

先日行われた、もりんぴっくでは子どもたちの成長を感じることができ、うれしく思いました。これからも、元気にいきいきとした素敵な姿がみられることを楽しみにしています。今月、園では、きりん組の芋ほりや遠足があります。子どもの体力もぐんと伸びる時期。楽しい経験を通して、健康な体をはぐくんでいきましょう。

10月保健行事

10月3日(火) 秋季健康診断15時~
※病欠以外で、お休みしないようお願い致します。園医の都合で、15時から開始となっています。
※当日、早お迎えの予定の方は、看護師までお知らせください。
※秋季健診は、0歳児健診も兼ねています。
10月23・24日 身体測定(乳児)
10月25・26日 身体測定(幼児)

眼を大切に

10月10日は「目の愛護デー」です。「10」を2つ並べて横にしたときに眉と目の形に見えることから名づけられたそうです。乳幼児期はもっとも目の機能が育つ時期です。前髪が目にかからないようにしたり、汚れた手で目をこすらないようにしたりして、目に優しい生活を心がけましょう。また、長時間テレビを見たりテレビゲームをしたりすると、目は酷使されます。時間を決めるなどして、控えるようにしましょう。

インフルエンザの予防接種を受けましょう

抵抗力の弱い子どもがインフルエンザにかかると重症になりやすいため、予防接種を受けておくと安心です。13歳未満の子どもの場合は、1シーズンに2回接種が標準です。2回目の接種をしてから2週間以上たたないと効果があらわれないので、インフルエンザの流行期に入る12月の前に済ませるようにしましょう。

子どもの靴の選び方

子どもの靴を「すぐ大きくなるから」と大きめのサイズを選んでいませんか。靴選びは健康のためにも大切です。以下を参考に、子どもの足に合った靴を選びましょう。

  • 足の甲がフィットしている、あるいはベルトなどで固定できる
  • 足指の付け根辺りで曲げることができる
  • つま先部分が広めで、足指が自由に動く
  • かかとのまわりがしっかりしている

pagetop