このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

ご入園、ご進級おめでとうございます。新年度を迎え、ひとつ大きくなった!という喜びと期待いっぱいの笑顔に出会うことができ、とてもうれしく思います。

今年度も保健行事や健康に関する情報を「ほけんだより」を通してお知らせしていきます。

看護師は、主に事務所におりますので、何かご相談などございましたら、お気軽にお声かけください!よろしくお願い致します。

毎朝の体調チェック!

園では毎朝、登園してきた子どもたちの健康観察を行っています。
ご家庭でも、登園前など、次のようなポイントで、体調チェックを行ってみてください。

きげんは?
いつもより元気がない、「おはよう」のあいさつもうつむきがちなど、いつもと違うようすが見られたら、要注意。体調が悪いためか、心理的なものなのか、原因を探りましょう。
顔色・表情は?
顔が赤い、青白いといった場合は、発熱していたり、体調を崩していたりすることが多いので、検温してみましょう。
熱・せきは?
顔がほてっている、手が熱いという場合は検温を。せきだけで、熱がなく元気なときは、しばらくようすを見ます。
体の動きは?
いつもと比べて、足取りが重い、だるそう、というときは、子どもにどこか具合が悪いのか、聞いてみましょう。ことばで訴えることのできない子どもの場合は、検温などひととおり体調をチェックしたうえで、その日1日注意して見守るようにします。
肌の状態は?
いつもない発しんが見られたら、検温し、熱があれば病院へ。また、そのときはやっている感染症があれば、特に注意して症状を確認しましょう。
便や尿のようすは?
毎朝、排尿便の確認をしましょう。また、トイレに行く前につらそうな表情をしたり、何度も行く、時間がかかる、という場合は、いっしょにトイレに行き、状態を確認しましょう。
子どもの言葉は?
「気持ち悪い」「疲れた」「眠い」「寒い」「暑い」といったことばが聞かれたら、熱を測り、様子を観察します。少したってから熱が上がることもあるので、しばらく激しい動きを控えたほうがよいでしょう。

保育園は集団生活の場であり、多くの感染症がはやります。お子様たちにとって、保育園での毎日が楽しく過ごせるよう、ご家庭と保育園で子どもが罹りやすい病気や感染症について共通理解のもと、暖かく子どもたちを見守っていきたいと思っています。別紙で、子どもが罹りやすい感染症と登園の目安をまとめてありますので、参考にしてください。

月に1回身体測定があります

全園児対象です。当日は次のことに気をつけてください。

  • 着脱しやすい服装で来てください。 また、服には記名も忘れずに。
  • 身体測定の日は、髪の毛を結ぶ際は、頭の上でなく、横でしばるようにしてください。
  • 測定値は「けんこうのきろく」に記入しお渡しします。確認したらサインをして、園まで返却して下さい。

今月の保健行事

4月10日 0歳児健診(15:00~)
15時から行いますので、早くお迎えに来る方はお知らせください。
4月16日17日 身体測定(乳児)
4月18日19日 身体測定(幼児)

pagetop