このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

くすりの与薬とルール

本来、園で薬を飲ませることは法律違反です。やむを得ず薬を持参される場合、下記の要綱を必ず厳守していただきます。

薬の与薬を依頼する場合

下記の4点が必要です。
①薬の預かり・与薬指示書 ②投薬票薬 ③薬剤情報提供書 ④くすり

  1. 医師に「薬の預かり・与薬依頼書」を記入してもらってください。
  2. 「投薬票」は保護者の方が記入してください。
    ※投薬票には、「内服薬」と「外用薬」の2種類ありますので、お間違いがないようにお願いします。
  3. 薬局でもらう「薬剤情報提供書」はコピーでかまいません。
  4. 「薬」1回分に名前を記入してご持参ください。

上記4点を揃え、看護師または保育士に手渡ししてください。
手渡しでない場合で、確認がとれないときには与薬は致しません。

注意!

「熱が出たら…」「発作が起こったら…」というように、症状を判断して与えなければならない内服薬は、保育園としてはその判断ができませんので、そのつど保護者の方にご連絡する事になりますのでご了承ください。
医師の処方薬以外のくすり及び鎮痛・解熱剤・坐薬等について
保護者の判断で持参した薬(過去にもらった薬の残り)やサプリメント、宗教上の薬、市販の薬、解熱剤、坐薬、鎮痛剤はお預かりできません。
必ず1回分を持参してください。

複数回分は受け取れません。水薬は小さな容器にうつして下さい。(分量は保護者の責任で管理していただくため)また、長期間継続して飲まなければならない薬の場合は、必ずご相談ください。
※塗り薬や目薬は小分けにする必要はありません。


医療行為

専用の器具を使って医療行為を行うことは、園では対応できません。


指定感染症について

指定感染症(インフルエンザ、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹、水痘、咽頭結膜熱、流行性角結膜炎、腸管出血性大腸菌感染症)にかかった場合は、登園前に再度受診していただき、「登園許可証」をもらってから登園してください。用紙は園にございますが、受診した医療機関のものでもかまいません。許可証が発行されるまで登園はできません。

注意!

上記以外の感染症(溶連菌感染症、ウイルス性胃腸炎、マイコプラズマ肺炎、帯状疱疹、突発性発疹、ヘルパンギーナ、手足口病、RSウイルス感染症、伝染性紅斑)にかかった場合、医療機関で保育園に通っていることを医師に伝えて登園許可を確認してください(口頭で登園許可を確認後、園に置いてある「登園届」を記入して提出してください)。


医師が記入した登園許可書が必要な感染症

疾患名 感染しやすい期間 登園のめやす
インフルエンザ 感染しやすい期間
症状がある期間(発症前24時間から発病後3日程度までが最も感染力が強い)
登園のめやす
発症した後5日を経過し、かつ解熱した後3日を経過するまで。(日数はその現象が見られた日は算定せず、その翌日を第1日とする)
麻疹(はしか) 感染しやすい期間
発症1日前から発疹出現後の4日後まで<
登園のめやす
解熱後3日を経過してから
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
感染しやすい期間
発症3日前から耳下腺脹後の4日後まで
登園のめやす
耳下腺、顎下腺、舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身が良好になるまで
風疹
(3日はしか)
感染しやすい期間
発疹出現の前7日から後7日間くらい
登園のめやす
発疹が消失してから
水痘
(水ぼうそう)
感染しやすい期間
発疹出現1~2日前から痂皮形成まで
登園のめやす
すべての発疹が痂皮化してから
咽頭結膜熱
(プール熱)
感染しやすい期間
発熱、充血等が出現した数日間
登園のめやす
主な症状が消え2日たってから
結核 登園のめやす
感染のおそれがなくなってから
流行性角結膜炎 感染しやすい期間
充血、目やに等症状が出現した数日間
登園のめやす
結膜炎の症状が消失してから
百日咳 感染しやすい期間
抗菌薬を服用しない場合、咳出現後3週間を経過するまで
登園のめやす
特有の咳が消失し、全身状態良好であること(抗菌薬を決められた期間服用する。7日間服用後は医師の指示に従う)
腸管出血性大腸菌感染症 (O-157、O-26、O-111等) 登園のめやす
症状が治まり、かつ、抗菌薬による治療が終了し、48時間をあけて連続2回の検便によって、いずれも菌陰性が確認されてから

医師の診断を受け、保護者が記入する登園届けが必要な感染症

疾患名 感染しやすい期間 登園のめやす
溶連菌感染症 感染しやすい期間
適切な抗菌薬を開始する前と開始後1日間
登園のめやす
抗菌薬内服後24~48時間経過していること
マイコプラズマ肺炎 感染しやすい期間
適切な抗菌薬を開始する前と開始後数日間
登園のめやす
発熱や激しい咳が治まっていること
手足口病 感染しやすい期間
手足や口腔内に水疱・潰瘍が発症した数日間
登園のめやす
発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響が無く、普段の食事が摂れること
伝染性紅斑(リンゴ病) 感染しやすい期間
発疹出現前の1週間
登園のめやす
全身状態が良いこと
ウイルス性胃腸炎(ノロ、ロタ、アデノウィルスなど) 感染しやすい期間
症状のある間と、症状消失後1週間(量は減少していくが、数週間はウイルスを排泄しているので注意が必要)
登園のめやす
嘔吐、下痢等の症状が治まり、普段の食事が摂れること
ヘルパンギーナ 感染しやすい期間
急性期の数日間(便の中に1ヶ月程度ウイルスを排泄しているので注意が必要)
登園のめやす
発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事が摂れること
RSウイルス感染症 感染しやすい期間
呼吸器症状のある間
登園のめやす
呼吸器症状が消失し、全身状態が良いこと
帯状疱疹 感染しやすい期間
水疱を形成している間
登園のめやす
すべての発しんが痂皮化してから
突発性発しん 登園のめやす
解熱し機嫌が良く全身状態が良いこと

※上記を目安としますが、主治医の診断を仰いでから登園してください。


病後の登園時注意事項

前日(登園前)の体調不良
昨夜熱があった、ご家庭でケガをしたなど健康面で変わったことや、ご家庭で内服をしている場合は登園時に必ずお知らせください。
  1. 発熱
  2. 嘔吐、下痢
  3. 機嫌が悪い、元気がなく顔色が悪い
  4. 通院した場合は病院名と症状
保育中に体調が悪くなったときには早めにお知らせいたします。全身症状を見て、熱が高くなくてもご連絡する場合がありますのでご了承ください。
病気後の保育園への登園
病気やケガの後に登園されるときは、医師に「保育園に通っている」ことを話し、登園してもよいかどうかを確かめてください(感染症の場合は、医師に書いてもらう「登園許可証」が発行されるまで登園禁止です。前項の「1.薬の与薬とルール」参照)。
持病のある子どもさんは必ず入園の際にお知らせください(アレルギー、けいれん、心臓病、喘息など)。
●感染症が出た場合は、掲示板にて症状や発病期間についてお知らせをいたします。ご心配なことがありましたらご相談ください。
※保育園からのお願い
仕事をしている保護者の皆さんにとって、お子様の予期せぬ病気や発症は、その対応に大変なご苦労があることとお察しします。
しかし、子どもは身体発達が未熟で、抵抗力や免疫力、体力に限りがある弱い存在です。いろんな病気にかかったり感染したりしますが、その経験がきっとお子さまの抵抗力や免疫力を高めていって丈夫な身体になるでしょう。病気のときは、できる限りお子様の健康を優先する時間をつくるようにしてください。
保育園でも感染症の予防や健康で強い身体づくりにしっかり取り組んでいきます。

乳幼児突然死症候群(SIDS)から赤ちゃんを守るために

SIDS(シズ:乳幼児突然死症候群)とは?
それまで元気だった赤ちゃんが事故や窒息ではなく、眠っている間に突然死してしまう病気です。日本では、年間500~600人前後の赤ちゃんがこの病気で亡くなっています。これは生まれてきた赤ちゃんの約2000人に1人の割合です。そのほとんどが1歳未満の乳幼児の赤ちゃんに起きています。原因がまだよくわかっていませんが、育児環境の中にSIDSの発生率を高める因子のあることが明らかになってきました。「仰向けで寝かせる」「妊娠中の喫煙」「出来る限り母乳で育てる」この3つの項目に気をつけると、未然に防げると言われています。

保育園ではこのように気をつけています

  • 赤ちゃんをひとりにしません。
  • 保育士が見守り、赤ちゃんの様子を定期的に観察します。
  • 枕は使いません。
  • ベッドのまわりには、ひもやタオルなど、危険なものは置きません。
  • 定期的に健康診断を行い、子どもの発達の様子を把握していきます。

お母さん、気をつけて!

【あおむけで寝かせましょう】
赤ちゃんの顔が見えるように、あおむけに寝かせましょう。うつぶせ寝は危険です。
【タバコをやめよう】
妊娠中の喫煙は、おなかの赤ちゃんの体重が増えにくくなりますし、呼吸中枢にも明らかによくない影響を及ぼします。出産後も赤ちゃんの寝ている部屋でタバコを吸わないなどの配慮が必要です。
【できるだけ母乳で育てよう】
母乳育児が赤ちゃんにとって最適であることはよく知られています。人工乳がSIDSを起こすものではありませんが、できるだけ母乳で育てましょう。

pagetop