このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

園だより

保護者の皆様へ!

早いもので、いよいよ師走を迎えようとしています。このところの陽気は、昼間はぽかぽかとした日もあれば、少し冷え込む日もありで本格的な寒さは、まだしばらく先のことでしょうか。ご承知のように、今月第1土曜日、第2土曜日に生活発表会を開催いたします。子ども達とお話すると、嬉しそうに、『上手に踊れるようになったよ。』『みんな発表会見に来るかなー』とか楽しそうに本番を待ちかねているようです。子ども達の発達の経過は月齢ごとに様々ですが、今ある子どもたちの成長を素直にご覧いただければと思います。保護者の皆様の前に立つと、すごい力を発揮してくれることを確信しています。

さて、感染性の胃腸炎やインフルエンザの流行が心配な季節です。感染を心配して、外に出ないというわけにも行きません。外出後の手洗い・うがいはとても有効です。お子さんにだけ促すのではなく、大人が率先して行いましょう。大人が家に持ち込むことも少なくありません。火をしっかり通して調理したバランスの良い食事をとり、疲れたら早目に休み、大人もこどもも健康に過ごしたいですね。

保育園はそもそも、健康な子どもたちが集団で生活する場です。感染症が園内に持ち込まれると健康な子ども達に当然うつります。福岡市では、園児が感染症に発病した場合、感染力の強い病気(ノロウイルス・嘔吐下痢、感染性胃腸炎)については、特に注意を呼びかけており1人でも報告を求めています。(ノロウイルス、嘔吐、下痢等みらいの森でも同様に報告しています。)子どもたちの健康の維持は、もちろん保護者の皆さんの協力なくしては、叶いません。特にお願いしたいのは、お子様が病気となられた場合に、できるだけすみやかに園にご連絡をいただきますようにお願いします。また、症状が見られた翌日は、感染症と診断されなくてもお子様の為にできるだけゆっくり身体を休めご自宅で様子を見て頂くことをお勧めします。
保育園を病気でお休みされる場合は、通院後の病名は、○○○でした。と必ず病名を保育士にお伝えいただければ、園内での蔓延防止に役立ちます。また、お仕事で看病ができない等の場合は、病児デイケアルーム(病児保育)のご利用をおすすめいたします。以下に掲載しますので、必要な場合はご利用ください。

尚、保育園でも、毎月、検便検査を行い(陰性)を確認して勤務にあたっています。健康診断を年1回実施すると共に、インフルエンザの流行に先駆けて職員の予防接種等を実施しています。私たちが、感染源になるようなことはあってはなりません。何よりも子どもたちが、健やかに成長できますようにどうかご理解とご協力をお願い申し上げます。

詳細については、平成30年度入園のしおり16ページ(二)感染症についてをご参考にご覧ください。

病児保育連絡先一覧

東区
①植山小児科病院 ☎681-4515
②ならざき小児科病児保育室 ☎090-1161-7377
③ふかざわ小児科 ☎661-8111
博多区
①梅野小児科内科医院 ☎651-1577
②中尾小児科医院 ☎291-4325
③高岸小児科医院 ☎080-9243-9213

今月の行事

(11月30日現在 2.3号園児数) 定員 110名

0歳児 12名
1歳児 20名
2歳児 21名
3歳児 22名
4歳児 20名
5歳児 19名
合計 114名

pagetop