このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

例年ですと寒さが一番厳しい季節ですが、今年は暖かい日が多く過ごしやすいですね。子どもたちは毎日、園庭で元気いっぱい遊んでいます。厚めの上着では動きにくく、汗をかき、脱いでしまうことも多いようです。登園前に天気や気温予報を確認して衣服を選ぶようにしましょう。

咳、鼻水、発熱の症状で早退する子が増えてきています。引き続き手洗いうがいをしっかり行い、規則正しい生活を心がけ、感染症の予防に努めましょう。

中耳炎に注意!

中耳炎とは、鼓膜の奥にある「中耳」が炎症をおこす病気です。鼻水が耳管(鼻と耳をつなぐ管)を通って耳に流れ込むことが主な原因です。かぜをひいた後、熱が続く、耳を触る、ひっぱる、眠れないといった症状があれば要注意。小児科または耳鼻科を受診されることをおすすめします。

ご家庭での注意
・痛み、発熱のある時は安静にします。
・痛がる時は耳を冷やしましょう。
・鼻は片方ずつ、ゆっくりかみましょう。
・鼻水はすすらないようにします。

インフルエンザ対策

室内の湿度・温度を適切に保つ
インフルエンザウイルスが伝播しにくくなるよう、湿度は50~70%程度、温度は20~25℃程度に保ちましょう。
規則正しい生活を心がける
抵抗力を下げないために、適度に体を動かし、睡眠をしっかりとりましょう。バランスの良い食事と水分補給も大切です。

コンコンッ! 咳が続いていませんか?

咳が続くのはつらいですね。乾燥やアレルギーが原因のこともありますが、インフルエンザの流行が心配なこの季節。感染を広げないように周囲へ配慮することも大切です。咳が出ている時はマスクを着用し、不要な外出は控えましょう。咳は夜にひどくなることも。日中調子がよいからと油断せず、早めに受診するようにしましょう。

  • 洗濯物を干したり、加湿器をつけたりして、湿度を調節し、喉を潤しましょう。
  • 咳がひどいときは、背中の下に枕やクッションを置くなどして上半身を高くしましょう。
  • 麦茶や白湯など、刺激の少ない飲み物で水分補給をこまめに行いましょう。

1月の予定

■身体測定
2月1日 (金) ひよこ
2月4日 (月) りす
2月5日 (火) こあら
2月6日 (水) うさぎ
2月8日 (金) きりん・ぞう

印刷用書式

pagetop