このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

あけましておめでとうございます。年末年始のお休みはいかがでしたか?
不規則な生活習慣がついてしまった……というお子さんはいませんか?
毎日冷え込み、体調を崩しやすく、感染症も流行する時期です。気持ちも新たに、健康に過ごせるように気をつけましょう。

感染症に注意

都内では昨年12月にインフルエンザ流行開始宣言が出され、小学校では学級閉鎖が見られています。感染性胃腸炎も多い年でしたね。新しい年は感染症に負けないように元気に過ごせるようにしましょう。

インフルエンザ
急に高熱が出て、悪寒・頭痛・咳・鼻水・筋肉や関節の痛みなどが現れます。いわゆる普通の風邪と違うのは、重症になりやすく、合併症を起こしやすいことです。特に5歳以下の子どもは重症化しやすいので、十分注意してください。タミフル等の治療薬は、発症後48時間以内に使い始めるのが効果的とのことです。最近は微熱でもインフルエンザと診断されることもあるので、変だなと思ったら受診することをお勧めします。
また、自宅では脱水予防のため水分補給をすること、ゆっくり休むこと、栄養のある消化の良いものを摂ることを心掛けましょう。また、感染を広げないため、登園基準を守るようご協力をお願いします。

インフルエンザの予防には…こまめに手洗い、適切な休養、栄養・水分補給、加湿と換気、予防接種
感染性胃腸炎
原因としてはノロウイルスやロタウイルスが有名です。嘔吐・下痢で始まり発熱が見られることもあります。最近出ているノロウイルスの胃腸炎は、比較的症状が軽く、嘔吐を数回するだけで元気になることが多いようですが、便の中には1~4週間ウイルスが出ているとのことなので、排便後の手洗いは確実に行いましょう。
また、吐いた後、吐物のついた衣服や床、食器などの消毒をしっかり行わないと、家族間でも感染しますので注意してください。
溶連菌感染症
一年中発症しますが、冬に多くなる感染症です。高熱・のどの痛みや腫れ・頭痛などが主症状で嘔吐することもあります。またリンパ節の腫れ や首から下に発疹がでたり、舌が赤く腫れたりすることも。溶連菌感染症はきちんと治しておかないと、腎炎やリウマチ熱(解熱後2~3週後に突然高熱を出し、心臓の炎症を起こす)などの重い合併症を起こすことがありますので、7~14日間処方された抗生剤は、途中で止めず必ず飲み切って下さい。
その他
一般的に言われている「風邪」も、ウイルスによる感染症です。昔から「風邪は万病のもと」と言われるように、「たかが風邪」と侮らず、 きちんと治しましょう。風邪から気管支炎、肺炎となり、命に関わる事もあり得ます。大人は多少熱があっても、「動けるうちは大丈夫」と休まない傾向がありますが、「インフルエンザの検査が陰性だからただの風邪」と思わないで。検査は100%信頼できるものではありません(80~90%位の精度なので検査で出ない場合もあります)。
最近熱が高く出ない「隠れインフルエンザ」も問題になっています。本人はインフルエンザの自覚がないし、微熱程度なので出歩いてしまいますが、感染源になっている場合があるとのこと。体調不良時は無理せずしっかり休むことで周囲の感染リスクも減るのです。

咳エチケット

  • 咳の出る時はマスクをする。
  • 咳やくしゃみをする時は顔をそむけ、口をティッシュなどで覆う。
  • 口を覆ったティッシュはすぐゴミ箱に捨て、必ず石鹸で手を洗う。

生活リズムについて

年末・年始はやりたいことがいっぱいで、夜更かし・朝寝坊になっていませんか?生活リズムは一度崩してしまうと、なかなか戻らないものです。特にぞう組さんは、そろそろ小学校入学に向けてl早寝・早起きの習慣をつけたい時期にもなりました。寒さに負けずお布団から抜け出して、規則正しい生活リズムを作りましょう。

①まず「早起き」する
起きる時間を決めて、毎朝起こすようにします。
②朝の光を浴びる
人の体内時計は24時間より少し長そうです。朝の光は体内時計をリセットし、脳も体もしっかり目覚め、更に朝食を食べて栄養補給をして、午前中の活動をスムーズに行えるようになります。
③昼間はしっかり動く
たくさん体を動かして、心地良い疲労を感じることも大切です。
④昼寝は時間を決めて
夜の寝つきが悪いようなら時間を短めにする、15時以降は必ず起こすなど、工夫しましょう。
⑤お風呂の温度
熱めのお風呂につかると体温が上がり、寝つきが悪くなります。40℃前後のお湯に寝る1時間前までに入りましょう。
⑥寝つきのパターンをつくる
お風呂に入り、着替え、歯みがきし、本を読んで寝る、というように、毎日同じパターンを作っていくと眠りに入りやすいようです。寝つきの悪いお子さまは試してみて下さい。

★子どもの理想的な睡眠時間は、1~3歳で12~14時間、4~6歳で10~13時間だそうです。睡眠は脳や体の成長に不可欠なもの。不足しないように気をつけたいものです。上記以外でもお子さまに合った方法を見つけて、しっかり眠って元気に過ごせるようにしたいものですね。

予防接種について

子どもの予防接種は種類が多く、回数やうつタイミングがまちまちです。意識していないと、タイミングを逃してしまい、定期接種で受けられなかった…なんて事にもなりかねません。正しい時期と間隔、回数をしっかり確認し、抜けないようにしてください。

定期接種
小児用肺炎球菌
生後2か月から、27日以上開けて2回目と3回目を受け、その後60日以上開けて4回目を受ける。
インフルエンザ菌b型(Hib)
生後2か月から、27日以上開けて2回目と3回目を受け、その後7か月以上開けて4回目を受ける。
四種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳・不活化ポリオ)
生後3か月から20日以上開けて2回目と3回目を受け、その後6か月以上開けて4回目を受ける。
BCG(結核)
1歳未満で1回受ける。標準的には生後5か月~8か月頃。
MR(麻疹・風疹)
Ⅰ期は1歳以上2歳未満で1回受ける。Ⅱ期は小学校入学前の1年間に1回受ける。
日本脳炎
Ⅰ期は生後6か月(標準的には3歳)以上で6日以上(標準的には6~28日)開けて計2回受け、その後6か月(標準は概ね1年)以上開けてⅠ期追加を受ける。
水痘(水ぼうそう)
1歳以上で1回目を受け、3か月以上開けて(標準は6か月)3歳までに2回目を受ける。
B型肝炎
1歳までに3回受ける。1回目から4週開けて2回目、1回目から20~24週開けて3回目を受ける。
任意接種
ロタウイルス
生後6~24週の間に受ける。4週以上開けて2回もしくは3回受ける。
おたふく風邪
1歳以上で1回目を受ける。小学校入学前に2回目を受けるのが望ましい。(1回でも可)
その他
その他にもインフルエンザやA型肝炎黄熱等の予防接種もあります。

*H30年は、風疹が流行しました。また、麻疹が流行することもあります。副反応が心配で受けないという方もいますが、副反応が出る確率と感染して重症になる確率を見極めながら、判断して頂ければと思います。

1月の予定

7日、21日(月) 0歳児健診
16日(水) 0・1歳児身体計測
10日、11日(木、金) 2~5歳児身体計測

印刷用書式

pagetop