このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

今年の酷暑は災害レベルと言われ、外で遊ぶ機会も少なくなってしまいました。9月は暦の上では秋とはいえ、まだまだ暑い日が続くこともありますので、体調管理には十分注意し、元気に活動に向かえるよう、今一度、子どもの健康生活を見直してみましょう。

9月1日は防災の日

防災の日は、1960年に制定されました。

この日が大正12年に関東大震災が起きた日であり、また、台風が多く襲来すると言われる二百十日(春分の日から数えて二百十日目)に当たることから、「台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する日」とされました。

最近は、日本各地で地震や大雨による災害等が起こっています。いつ起こるかわからない自然災害には、日頃からの備えが重要です。東京都や中野区のホームページにも防災について様々な情報が掲載されています。一度チェックしてみてください。

特に、自分が今住んでいる地域の広域避難場所、避難所は、把握しておくことをお勧めします(因みになかよしの森保育園の広域避難場所は江古田の森公園、避難所は緑野中学校です)。また、洪水ハザードマップなども公開されていますので、水の出やすい場所を知っておくと、避難する際にも有効です。日頃からの備えが、いざという時役に立ちます。

防災用品の点検を

非常用品は備えていますか?

もしものとき、すぐに取り出せるよう、決まった場所に用意しておきましょう。また、定期的に中身のチェックをし、水や食料品などは、期限切れの物が入っていることのないようにしましょう。

具体的には、水・食料・携帯ラジオ等はすぐに浮かぶと思いますが、ラジオを聞くには電池が必要ですし(防災用の自家発電タイプもあります)、ティッシュやトイレットペーパー等の生活必需品、懐中電灯、毛布、お金、軍手などもあると便利です。また使い勝手が良いのが、食品用のラップ類。おにぎりはもちろん、食器に敷いて使えば、皿を洗う手間を省けますし、ちょっとした怪我、すり傷などは、きれいな水で洗ってラップ固定しておくだけできれいに治ります。この機会に、救急箱の中身も点検し、体温計、ばんそうこう類、ガーゼ、包帯、綿棒、脱脂綿、はさみ、ピンセット、毛抜き等とともに虫よけ、痒み止め、痛み止め、風邪薬、お腹の薬等の常備薬も準備しておくと便利です。

子どもと事故

子どもは好奇心旺盛で、何にでも興味を持って手を出したり、触ってみたり、また動き回ったり、少しでも高いところに登ろうとしたりと、じっとしていることは少ないですよね。ただしまだ身体機能や感覚統合(目で見て判断し、行動できる)が未熟なので、気持ちに体が追い付かず、転ぶことが多い時期でもあります。大きな事故にならないように、普段から気を付けましょう。

<0~2歳くらいに多い事故>
①転落・転倒
生まれたばかりの赤ちゃんは、自分では動くことはできませんが、寝返りできるようになると、ソファやベッド等から転落することもあります。昨日まで動かなかったのに…と油断せず、ソファに赤ちゃんを寝かせたまま目を離さないようにしましょう。またつかまり立ちをするようになったら転倒しやすいので、注意が必要です。
②窒息
風船やビニール袋、ひもなどでも窒息は起こります。また食事も誤飲・窒息の原因になることがありますので、食事中は目を離さず、子どもの顔を見ながら、焦らずゆっくり食べるようにしましょう。
③溺水(おぼれる)
お風呂や洗濯機に落ちるだけでなく、水あそび用プールや洗面器など、少し水があればおぼれることがあります。
④熱傷(やけど)
日差しの強い夏は、熱くなった公園の遊具や海の砂浜でもやけどをすることがあります。室内でもテーブルクロスを引っ張り、上にあった熱い飲み物等をかぶる、湯沸かしポットを倒してこぼれた熱いお湯に触るなどの事故もあります。
⑤交通事故
車に乗っていて、子ども自身がドアを開けて転落したり、道路で遊んでいたり、歩行中急に飛び出して事故になることもあるので、注意しましょう。
<3~5歳児に多い事故>
①転落・転倒
運動量が多くなり、活発に動き回るこの時期は、高い所に登って落ちたり、階段から飛び降りようとして降り損ねたり。
また、エアコンの室外機等を踏み台にしてベランダから落ちる、というのもこの時期に多い事故です。
②熱傷(やけど)
食事中熱い物をこぼしたり、花火やろうそく、マッチ等で遊んだりしてやけどをすることもあります。
③溺水
家族で出掛けた海や川、プール等でも事故は起こりますので、目を離さないようにしましょう。
④交通事故
ボール等を追いかけて飛び出したり、道路で遊んでいて事故に巻き込まれたりすることがあります。
<事故を予防するために>
子どもが小さいうちはテーブルクロスを外したり、固定したりする、お風呂の水を溜め置きしない等、普段から環境整備に留意しましょう。また、道路では遊ばない、川や海に一人では近付かない等、安全な行動について繰り返し伝え、交通ルールや道具の安全な使い方を教えましょう。

子どもの成長

成長が著しい乳幼児期の子どもにとって、睡眠はとても重要です。子どもの脳は、エネルギーや神経伝達物質を大量に消費しながら、日々、発達・発育しています。眠りはエネルギーの大量消費に伴う老廃物を洗い流して脳内を清潔にし、使った神経伝達物質を補充する役目をしているそうです。また、「海馬」と言う、新しい知識を蓄える脳は唯一出生後大きくなる脳で、質の良い睡眠によって大きく発育するそうです。だから子どもには大人より長い、十分な睡眠時間が必要なのです。

質の良い睡眠とは、①夜7時から朝7時までの間に、②途中目覚めることなく平均10時間程度の睡眠をとり、③入眠時間と起床時間がいつも同じ時刻(前後30分以内)であること、だそうです。夜更かしすると、体内時計が最初からずれた状態で完成されてしまい、脳の発育に影響して発達障害や引きこもり、うつなどの背景になり、また将来、糖尿病や心臓病など成人病の素質を作ることにもなります。夜更かしは子どもの脳に負担をかけるのです。ただし、もし保護者の方がどんなに頑張っても、夜10時以降にしか眠れない場合、子どもの睡眠に詳しい小児科や小児神経科の医師の診察を受ける必要があるかもしれません。

そして一日の活力の源になるのが朝ごはんです。

十分な栄養がなければ体は大きくなりません。また朝ごはんを食べないと低血糖状態になり、日中元気がなく、しっかり活動できません。運動量が減ることは、骨や筋肉の発育にも影響を及ぼします。早寝早起き朝ごはんの習慣は、子どもの成長には欠かせないものと言えます。

睡眠負債って知っていますか?

「睡眠負債」という言葉をご存知ですか?睡眠負債とは、日々のわずかな睡眠不足が徐々に蓄積してしまうことをいいます。そしてそのことで、がんや認知症などの様々な病気のリスクが高くなってしまうというのです。

徹夜などで睡眠不足だと、注意力や集中力が低下することは、誰しも経験していると思います。けれども、1日6時間寝ていて睡眠不足を感じていなくても、それを2週間続けているうちに、徹夜を2日したのと同じくらい脳の働きが落ち、しかもそれを必ずしも自覚していなかった、という研究があるそうです。知らず知らずのうちに、疲れを溜めてしまい、しかも病気になるリスクが高くなるとしたら…、ちょっと怖いですね。

大人でもそのように自覚しにくい睡眠負債ですが、子どもの睡眠負債は更に深刻です。「体内時計」は乳幼児期に作られます。

この時期に左記の質の良い睡眠がとれていないと、体内時計が混乱し、生涯にわたって何時に寝て何時に起きるという睡眠パターンが整わない恐れがあるというのです。そうすると脳の機能が低下し、頭痛・腹痛・イライラなどの自律神経症状が出始め、記憶力や判断力の低下や、やる気が低下し、強い倦怠感も出て、小学生でも学校に通えなくなったり、勉強に集中できなくなり、成績が下がったりすることもあるそうです。

自覚しづらい「睡眠負債」は気付いた時には重症化していることもあるとのこと。そうなる前に、大人も子どもも夜更かしの習慣を改めましょう。今からきちんと睡眠習慣をつけ、夜しっかり眠って毎日の疲れを溜めないように、日々の生活を見直す機会にしてください。

9月の予定

3日・10日(月) 0歳児健診
26日(水) 0・1歳児身体計測
20・21日(木・金) 2~5歳児身体計測

印刷用書式

pagetop