子どもたちは社会の未来であり、現在を生きる私たちの希望です。
 子どもたちを育てるしごと、それが保育です。どんなに科学技術が発展し、AI(人工知能)が発達しようとも、人を育てるしごとは人でなければできない崇高なしごとです。
 私たちの法人の保育理念は「すべての子どもの最善の利益のために」。保護者の皆様から預かる子どもたちはもとより、地域で育つすべての子どもたちが一人の人間として健やかに成長できるようにすること。これが保育理念に込めた私たちの願いであり、目標なのです。
 私たちの法人で一緒に働いてくれる人は、子どもを尊厳のある人間としてきちんと向き合える人、いつもやさしい笑顔で子どもに無限の愛を与え、見守っていける人、そして子どものために自分を磨き、子どもたちとともに成長し続けることのできる人。そんな人を求めています。
 子どもたちが成長し、保育者も成長し、法人も成長する。これからの時代に求められる保育を追求し、社会に貢献するために、あなたの参加をおまちしています。

平成29年1月
社会福祉法人森友会
理事長 立 山 貴 史