このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

9月1日は防災の日です。地域の防災訓練に参加したり防災グッズの見直しをすることで災害への意識をする機会にしましょう。今月は乳幼児がいる家庭での対策のポイントをお伝えします。

まずは自宅にいられるように事前準備を日ごろから
地震の予測は難しいですが、家庭でできる対策はあります。以下の対策で地震が起きてもできる限り住める家にしておきましょう。乳幼児との避難所での生活は想像以上に大変です。
・建物の耐震化
・正しい家具の固定
・寝室には家具を置かない
・窓ガラスに飛散防止フィルムを貼る
調布市で補助金の対象となるものもあります。
避難所、避難経路はご存知ですか?
自宅の対策をしても近隣からの火災や水害などでは自宅から避難しなくてはならないこともあります。
お休みの日にお散歩がてらお子さんと一緒に避難場所、避難所まで歩いてみてください。実際に歩いてみて分かることがあると思います。途中に橋があったり、坂があったりと大きな地震の後に小さな子供を連れて歩けるだろうか?といった場合もあると思います。安全なルートであるか確認してください。
持ち出せる防災グッズの準備を
家族4人分の非常用持ち出し袋を持ってみるととても重いです。
①震災直後に持ち出す物
②避難所での生活をするために必要なもの
の2種類に分けて保管しておきましょう。震災直後は何よりも「持って逃げられる重さ」が大切です。日頃使わないキャスター付きのキャリーケースやクーラーボックスなどがあればその中に保管しておくと持ち出しの際に楽です。
ローリングストックとは?
災害に対して特別な準備だけでなく毎日の生活の中で備えることもできます。
レトルト食品や缶詰、トイレットペーパー、電池などを多めに買って置いておく。使ったらまた補充を繰り返すだけでいざという時のストックができます。これをローリングストックと言います。震災だけでなく豪雨や大雪などでお店に商品がまわらないといった場合にも助かります。

今月の保健行事

13 日(木):乳児身体測定
18 日(火):幼児身体測定
27 日(木):0歳児健診

pagetop