このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

園だより

本年度も残すところ残り2か月となりました。年明けから寒さが増して朝は気温がマイナスとなる冷え込む日々が続いております。先月の土曜日には小平市でも初雪が降りましたが、園にいた子ども達は大喜びで園庭やテラスに出て降る雪を手の平で大切そうに受け止めるなど季節ならではの事象を楽しんでいます。1月下旬に東京都よりインフルエンザ警報が出されました。たのしい森の子ども達のインフルエンザ症状も回復を見せ、一旦落ち着きを戻しましたが、小平市のみならず東京都のほぼ全域で注意報から警報と拡大し流行は続いております。たのしい森保育園においても日々の室内消毒、職員の手洗い励行に努めて参ります。お子さんだけでなく、保護者の皆さまにおいても保育園出入りの際には玄関にあります手指アルコールの利用など感染予防に引き続きご協力いただき、ご家庭でも健康には十分留意していただければと思います。

今月はたのしい森のフェスティバルが行われ、子ども達が普段行っている表現活動を保護者の皆さまの前で披露いたします。表現講師である加藤先生の指導のもと、年間を通してこれまでフェスティバルに向けて楽しんできました。昨年からの子ども達の表現遊びの中での成長を感じていただくとともにひよこ組や途中入園のご家庭の皆さまにはオペレッタの雰囲気をぜひ楽しんでいただければと思います。表現活動を見ていると、着任間もない私であっても題材となるお話しの場面が頭の中に浮かび、衣装や大道具などがなくとも歌と動きのみで表現できる子どもたちの力に感心しています。当日はいつもと異なる雰囲気に戸惑う姿も予想されますが温かい目で見守って下されば幸いです。

1月28日が締め切りでありました来年度継続通園申請書類の提出をありがとうございました。未提出書類や追加必要書類については小平市からのお知らせの通り2月12日(火)までとなっております。直接、市役所保育課までご提出をお願い致します。

副園長

小学校見学について

近隣の小平第12小学校より、「新1年生を迎える会」へのお誘いを頂きました。就学を踏まえて、当日登園のぞう組さん全員で保育士の引率による参加を下記のように予定しております。12小の現1年生が教室の様子など、小学校の魅力を伝えて下さるとのことです。

●日 時:2月27日(水)10時~11時
●持ち物:上履き(当日にお持ちください)

保護者会について

年間予定表でお知らせしている通り、3月2日(土)に保護者会を予定しております。各学年ごとに分けた中で座談会形式の会とし、園とご家庭、またご家庭同士のざっくばらんな情報共有や情報交換の場となるようにしたいと思っております。詳細や参加のアンケート等は日程が近づきましたらお手紙でお知らせ致します。

乳児フロア担当松本の状況について

乳児フロア担当の松本ですが、貧血により体調を崩し1月中旬よりお休みをいただいており現在、入院加療中であります。幸い本人は元気な姿を見せておりますが回復を待って、たのしい森での保育復帰となる予定です。

季節のおすすめ絵本

季節ごとのおススメ絵本をご紹介していきます。子どもが喜ぶ、思い出に残る1冊に出会えるきっかけとなれば嬉しいです。

ないしょでんしゃ
「もりのてつどう」は冬の間、雪がとけるまではおやすみです。大掃除を終えた駅長さんがほっと一息ついていると・・・。
子どもたちが大好きな電車が主人公の「あかいでんしゃ」シリーズ。運転手さんの正体は・・ナイショナイショ。冬にぴったりなファンタジー絵本です。
わにわにのおふろ
ワニのわにわにはおふろが大好き。蛇口をひねってお湯を入れ、お湯につかってせっけんのあぶくで遊んだあとは、シャワーをマイクにして歌までうたうのです! おふろから出ると、ちゃーんとタオルで体をふきます。“ぐにっ ぐにっ ぐなっ ぐなっ”っと。
独特なわにわにの絵にハマってしまう絵本です。
パンダ銭湯
「パンダが銭湯に入る?」 それだけでも驚くのに、この絵本にはそれ以外のびっくり仰天なことが…。パンダも銭湯に入る前に、服を脱ぐのですが…。あれ?パンダって服着てたっけ?パンダの秘密が今、暴かれる!?読んでも周りに教えてはダメですよ。マル秘ですから。
てぶくろ
ウクライナのお話です。雪の上に落ちた手袋に入って暖まろうと次々と動物たちがやってきては「中にいるのは誰?」「入れて?」「どうぞ!」自分もいつのまにか手袋の中の住人になった気分になり、動物がどんどん大きくなっていくことにハラハラドキドキ。繰り返しの言葉を楽しみながら想像力が膨らむ1冊です。
しんせつなともだち
食べる物のない雪のある日。1つのかぶが、ウサギからロバへ、ロバからヤギへと、友達への思いやりの心をのせて届けられていきます。
しずかにしずかに、他人を思いやる気持ちやあたたかみが心にしみてくるお話。寝る前に読むと、きっとしあわせな気持ちでぐっすり眠れますよ。
おなかのなかにおにがいる
やっつけるべき鬼は実はお腹の中にいる・・という設定のお話。おなかの中にいる鬼は、おなかの持主と同じ性格です。  節分の日、豆をまいておなかの良くないオニを追い出しますが・・・。
くいしんぼう鬼、なきむし鬼、へそまがり鬼。みなさんの中にはどんな鬼がいるかな?
やさしい鬼さんがいる人は間違えて追い出さないようにしましょうね。
バムとケロのさむいあさ
大人気「バムとケロ」シリーズの3作目です。このシリーズは、細かいところに楽しいしかけがあり、読むたびに発見があって楽しめます。すみずみまでクスッと笑え、思わず何度も前のページに戻ってしまいたくなる「バムケロ」シリーズ。とにかくスタイリッシュで色鮮やか! たのしい森でも人気のバムとケロです。
おにはそと
貼り絵の天才、「せなけいこ」シリーズより、ユーモアあふれる登場人物と思わず触れたくなる貼り絵の絵に懐かしさと温かみを感じる1冊です。乳児のお部屋にもあってみんなが大好きな絵本のひとつです。
14ひきのさむいふゆ
ねずみの大家族「14ひき」シリーズより。
読むたびに新しい発見が出来る丁寧で細かい描写が特徴です。
寒い寒い雪景色の外の様子と、家の中でのぬくぬくと暖かい様子のギャップが、一層冬を感じさせてくれて、季節感たっぷりな素敵な内容です。

今月の行事

pagetop