このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

秋の気候になってきました。秋といえば、収穫の秋、食欲の秋……。
子どもの体力もぐんと伸びる時期です。楽しい経験を通して、健康な体をはぐくんでいきましょう。

10月10日は目の愛護デー 目をたいせつに

2つの10を横に倒すと、まゆと目の形に見えることから、10月10日は目の愛護デーとされています。乳幼児期は、子どもの目がもっとも育つ時期です。この機会に、子どもの「目」の健康をあらためて見直してみましょう。

「見る力」を育てるポイント
□明るさ、暗さのメリハリある生活を
日中は光を浴び、夜は暗くして眠る。
□広い空間で体と目を動かす機会を
全身運動は眼球、視神経・脳の発達を促す。
□いろいろなものを見る体験を
止まっているもの動いているもの、小さなもの大きいもの、遠くにあるもの近くにあるものなど、いろいろなものを見る体験が、目によい刺激になります。
□テレビやゲームは、時間を決めて
テレビは正面から見ましょう。いつも横目で見ていると、視力に左右差が出ることもあります。
また、携帯ゲームなど狭い範囲の平面画像を見続けることは、目の負担になるので、時間を決めて見ましょう。

足に合った靴で元気にあそぼう!

園内で靴が合わないのを目にすることがあります。乳幼児の場合、足の成長は中々気づきにくいものです。靴が足に合っていないと、不自然な足の使いかた、歩きかたのまま足が育つことになります。成長著しいこの時期こそ、適切な靴選びが重要なのです。再度見直してみましょう。

つま先にゆとりがある
理想は5mm。すぐに成長することを考え、5~9mmのゆとりがあり、指が自由に動かせるように、つま先が広がって厚みがあることも大切です。
調整ベルトがついている
足を固定し、足と靴を一体化がポイント。
柔らかくクッション性のある靴底
足の動きにフィットする柔らかさと、地面からの衝撃を和らげるクッション性が必要です。

9月の園児の病気・症状について

・ヘルパンギーナ・・2人
・手足口病・・・・・1名
・頭じらみ・・・・・8名
・とびひ・・・・・・1名
9月初旬は夏の暑さがもどり乳児で夏の感染症に罹る園児もいました。急に朝晩が冷えてきた頃に、鼻水、咳症状がでている子もいました。
幼児クラスでは頭じらみになる園児がみられましたが、保護者の方の報告、早期発見、ご家庭のご協力で少しづつ終息に向かっています。今後もお子さんの頭じらみのチェックを定期的にしていただけると助かります。

印刷用書式

登園許可書・登園届
歯科通院治療結果
登園許可書(医師が記入)
登園届(保護者が記入)
投薬票
投薬票(外用薬)
投薬票(内服薬用1)(1週間用)
投薬票(内服薬用2)(1ヶ月用)
薬の預かり・与薬依頼書

pagetop