このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

子どもは風の子!寒さに負けずに外で遊ぶ子どもたちの姿がみられます。気温が低く乾燥した日が続いています。2月4日は、暦の上では立春で春を迎える時期とされていますが、一般的に1月下旬から2月にかけて最も寒くなると言われています。感染症もまだまだ流行る時期です。手洗い・うがいをしっかり行い、予防に努めましょう。

1月の園児の様子

インフルエンザA…(幼児)8人 (乳児)1名 
1月の連休からインフルエンザに罹患する園児、ご家族の報告があります。咳エチケット、体調が悪い場合は無理せず、ご家庭で様子をみていただきありがとうございます。多摩小平保健所でも保育園、小学校の集団感染の報告があがっているようです。インフルエンザは例年12月~3月にかけて流行するためインフルエンザにかからないように小まめな手洗い、休息、咳エチケット、適度な室内加湿、換気で予防していきましょう。

コンコンッ! 咳が出ている時の家庭でのケア?

寒さが深まり、あちこちから咳が聞こえてきます。乾燥が原因の咳もありますが、ウイルス性のものは飛沫感染によって広がっていきます。咳エチケットを守り、咳が出ている時はマスクを着用しましょう。

おうちでのケア
・洗濯物を干したり、加湿器をつけたりして、湿度を調節し、喉を潤しましょう。
・咳がひどい時は、背中の下に枕やクッションを置くなどして上半身を高くしましょう。
・水分を少量づつとりましょう。痰をきりやすくしてくれます。

冬の肌荒れ対策

空気が乾燥する冬は、特にお肌も乾燥する季節。特に子どもは肌のバリア機能が未熟なため、荒れやすいのです。また、手洗い後など濡れたままにしていると、あかぎれなどになってしまいます。日々のケアをこころがけ、デリケートな肌を守りましょう。

おねがい

園児の登園・降園に付き添う保護者の方がインフルエンザに罹った場合、子どもの登園・降園はインターホンを押してもらい玄関で対応させていただいています。ご協力おねがいいたします。

印刷用書式

登園許可書・登園届
歯科通院治療結果
登園許可書(医師が記入)
登園届(保護者が記入)
投薬票
投薬票(外用薬)
投薬票(内服薬用1)(1週間用)
投薬票(内服薬用2)(1ヶ月用)
薬の預かり・与薬依頼書

pagetop