このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

いよいよ夏本番!!梅雨明け直後は、暑い日が続くと言われています。子どもも大人も、暑いと体力が落ちて、食欲がわかないことや、つい冷たい物ばかり食べてしまうことがあります。暑さに負けない体づくりをするためにも、しっかりとご飯を食べられる工夫をしましょう。

また、先月は乳児クラスで、下痢発熱で欠席するお子さんが多くみられました。幼児クラスでは、水ぼうそうや、溶連菌などの感染症にかかったお子さんがいました。これからの時期は、夏風邪に注意が必要です。また、虫さされや、あせもなどから『とびひ』になるお子さんが増えてきます。楽しい夏遊びが出来るように体調管理やスキンケアに気をつけていきましょう。

気をつけよう! 夏にはやる病気

ヘルパンギーナ
高熱とのどの痛み。特にのどは、水ほうや潰瘍ができるため、かなり痛む(乳児はミルクが飲めないほど)。
※登園届が必要です。
プール熱(咽頭結膜熱)
高熱とのどの痛みのほか、目の痛み・かゆみ・充血など、結膜炎のような症状がでる。
※登園許可書が必要です
手足口病
手のひらや足の裏、口の中に小さな発しんや水ほうができ、熱が出ることも。
※登園届が必要です

※医療機関で診断を受けた場合は、保育園に連絡をお願いします。

熱中症

熱中症とは、日射病・熱射病の総称です。
日射病は、戸外で強い直射日光にさらされることが原因で、熱射病は室内でも気温の高い場所に長時間いたために起こることが原因です。

熱中症の対処法

涼しい場所に寝かせる
日陰やクーラーの効いたところなど、涼しい場所に移動し、衣類を緩めて楽にさせます。湿ったタオルなどで体を拭き、うちわであおぎます。首、脇の下、足のつけ根に冷やしたタオルや冷却シートなどをあてて、体を冷やします。
水分をとる
少量の水分を数回に分けて与えます。多量の水は嘔吐するので避け、電解質の入っている経口補水液を与えましょう。

保育園では、外遊びの前後の水分補給・塩タブレットの摂取を基本に、室内でも水分摂取の声掛けを行っています。ご家庭でも熱中症対策グッツを使用して上手に予防しましょう。

7月の0歳児健診

17日(火)15:00~

7月の身体測定

☆乳児・・・10日(火)
☆幼児・・・12日(木)

pagetop