このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

あけましておめでとうございます。今年はどんな1年になるのでしょうか。今年も元気に過ごすために、食事、遊び、運動、睡眠のバランスを大切にしていきましょう。皆様が心身ともに健康に過ごせますように。

今月の保健予定

0歳児健診 7日(月)
乳児フロア身体測定 7日 (月)
幼児フロア身体測定 8日 (火)
爪チェックDAY  15日・28日 *爪が伸びていないか・整っているか確認します。

下痢をした時は…

便の状態を確認します。色、固さ、血液が混じっていないかなどをチェックし、受診する時に説明できるようにします。便の写真を撮り、医師に診てもらうのもよいでしょう。

下痢の時の食べ物
おかゆ、うどん、野菜スープ、バナナ、りんごのすりおろしなどが適しています。
生野菜や繊維の多いもの、柑橘系の果物、甘いもの、バターの多いパン、油っこい物、消化の悪い物は避けましょう。

じょうずに鼻をかみましょう

  1. まず、口から息を吸い込みます。ティッシュを広げ、鼻全体を包むように押さえましょう。
  2. 片方の鼻の穴を押さえ、ゆっくり少しずつかみます。強くかみ過ぎないように気を付けましょう。
  3. 鼻をつまむように拭き取り、ティッシュはゴミ箱に捨てましょう。

鼻水の色を見てみよう

透明
気温の変化によるものやかぜの初期症状の場合に見られます。鼻水は垂れたままにしていると肌荒れの原因になるので注意が必要です。
黄色から緑色
細菌に感染している可能性があり、緑色に近いほど症状が悪いので早めに病院へ行きましょう。また、透明の鼻水に比べてドロッとしているため、鼻の奥で溜まってしまうことがあります。その時は加湿などを行い、鼻水を出しやすくしましょう。

3歳ぐらいまではうまく鼻をかめず鼻水が溜まりやすいです。鼻水吸引器も有効で病気の悪化を予防したり、受診率が下がったりすると言われています。

pagetop