このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

園の理念・保育目標
Concept / Objectives

保育理念

index-02


保育目標

心身の調和的発達を促す
全ての子どもが、自分の流れで園生活を楽しむ。

保育の特徴

基本的な生活習慣(食事・排泄・睡眠・着脱衣・清潔・挨拶など)の育成を進める
全ての子どもが、無理なく自立の道を歩む。
集団への参加と自主協調の態度を養う
全ての子どもが、異年齢集団との関わりによって協力・協働の喜びを知る。
正しい言語生活や自然・社会現象に対する興味と関心を育てる
全ての子どもが、自然・社会に積極的に関わる。
子どもらしい表現によって生きる力の基礎を培う
全ての子どもが、自分なりに表現を楽しんで発表する。
異年齢保育
0~1歳と2~5歳の合同異年齢集団の形成により成長(思いやり・コミュニケーション能力等)を促す
コーナー保育
子どもたちの成長に応じ、夢中になって遊びに取り組める環境構成(自分自身でその日の過ごし方を選択)
誉める保育
誉めることを通じ、子どもの自主性・自発性を促し自己肯定感を育む。
チーム保育
保育者はチームを組み子どもを様々な観点から積極的に見守る。
楽しんで食べる給食(ビュッフェ方式)
生活時間(家庭環境・登園時間等)を考慮し、子どもが自ら食べたい気持ちを重視
想像力・表現力を養う保育
造形・オペレッタ等を通じ、想像力・表現力を養う。また、同年齢同士の活動の場として保育を行う。

保育の計画

index04-img
各種保育の計画

うれしい森保育園では、お子様たちの健やかな育ちを推進するために、以下の計画書を作成してお子様の育ちに見通しを立て、計画的に保育を実施します。

  1. 保育計画 (保育課程、年間指導計画、月案、週案)
  2. 個別配慮計画 (0~6歳児)

計画類の閲覧をご希望であればお申し付けください

保育の記録

お子様の保育園での日常の様子や健康状態など、また保護者の皆様から寄せられた情報なども含めて清聴し、お子様の健やかな育ちを支えます。

  1. 園・保育日誌
  2. 健康記録表 (個人)
  3. 児童票 (個人)
  4. その他 (行事記録、服薬記録、面談記録、既往歴記録、配慮事項記録など)

記録類の閲覧をご希望であればお申し付けください


保育の内容

当園が目指す保育

『やりたいことがある!やりたいことができる!』
『友だちが好き!先生が好き!』

異年齢での保育

0-1歳児、2-5歳児の2つの保育室に分かれて保育を行います。活動や習熟度で自然に仲間ができてきます。年上の子どもは年下の子どもの面倒をみたり、年下の子どもは年上の子どもに憧れたりする関係性を大切にしています。
大きな異年齢集団の中で、刺激し合い学び合いながら、豊かな人間関係の下で成長していきます。

園での生活

園での生活は家庭での生活リズムも踏まえ、無理なく過ごせるように配慮していきます。決まった時間で促すのではなく、子どもの気持ちや様子を見ながら誘っていきます。
食事は、配膳時のコミュニケーションを大切にし、子どもの食べたい気持ちを育てます。偏食や食べず嫌いは矯正するのではなく、時間をかけて「食べてみよう」という意欲を育てます。
睡眠は、子どもに合わせ気持ちよく入眠できるよう働きかけます。眠りたくない子は、遊んで過ごしたり、パジャマに着替えてお布団でゆっくり休んだりします。
排泄は、「きもちいい」を基本に声をかけながら、トイレでの成功体験を大切にします。

保育者の関わり

「0‐1(2‐5)歳児クラス担当」というかたちで複数名の職員がチームを組んで保育します。
「子どもが自らやる」といった子どもの自主性を尊重した関わりを大切にします。保育者は必要以上に介入せず、子どもの気付きを大切にします。
子どもとの関わりの中で、「誉めること」を1番大切にします。子どもの気持ちに寄り添い共感し、満足感や達成感、自信ややる気につながるよう関わります。子どもにかかる負荷を事前に取り除くのではなく、子ども自身が乗り越えていけるよう援助します。

保育の方法

活動は一斉に行う保育ではなく、自分のペースで生活し、遊びこんでいくスタイルです。
園庭を含む園全体を1つの環境と考え、子どもが活動によって場所を選びます。
制作・パズル・絵本・ブロック・ままごとなどのコーナーを用意します。
使いたいものがすぐ使える教材・教具を準備します。筆・鉛筆・はさみ・スプーン・箸を重要な道具として保育で扱います。
ことばや数に関する感覚が身に着くように保育環境が配慮されます。
行事は普段の保育の成果をお披露目する場として考え、取り組みます。
3歳児クラス以上の子ども達は、表現活動や造形活動を行い、集団での活動も体験します。活動を通して自分のイメージするものを形にする自己表現を育む時間として取り組みます。

けがや事故に関する保育園の姿勢

保育園では事故やけがは0にはなりません。保育室のはさみや鉛筆や筆、スプーンや箸など保育に必要な道具は積極的に出していきます。事故やけが等への対応は、保護者と連絡をとり、医療機関等の利用も積極的に行います。
命の危機に繋がるような大事故は保育園が率先して回避します。
小さなリスクに自ら気づき、自己解決できる子どもに育てます。

pagetop