このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

園のルール
Rule

登降園のときに気を付けていただくこと

  1. 朝夕の送迎時には大変混み合いますので必ず園内所定の駐輪場に停めてください。路上駐輪やご近隣の方の通行を妨げないよう、ご理解とご協力をお願いします。
    また、車での送迎は固くお断りします。なお、登園・降園はゆとりを持ってお越しくださいますようお願いいたします。
    出入り口の玄関にはロックが付いています。ロックを解除してから園にお入りください。保護者の方が開閉し、出入後は子ども達が道路に飛び出さないように必ず玄関の扉をきちんと閉めてください。
  2. 18時までにお迎えの際は、お子さんのいる保育室まで向かい、出入口から近くにいる保育士にお声かけください。
    忘れ物が無いよう持ち帰り品のチェックをお願いします。
    送迎時には自動車・自転車の出入りや通行が多く危険ですので、十分注意して下さい。
    ※お子さんを引き渡した時点からは、保護者の皆様の責任において降園してください。
  3. 延長保育を利用したときのお迎えについても、上記①・②事項を遵守の上、お迎えをお願いします。なお、延長保育は利用時間の実績を記録していますので、お迎えに来られた際には速やかに職員にお声かけください。
  4. 事前にお聞きしている方以外の方がお迎えに来る場合は、必ず事前に園にお伝えください。保護者の方の確認が取れない場合は引き渡しできません。(事故を防ぐために送迎する方の名前・身分証の確認をさせて頂く場合もあります。)
  5. 予定していた送迎時間(届出で園が把握している時間)が大幅に変更になるときや、延長保育の利用連絡をしていなくて、スポット利用するときなどは、速やかな連絡をお願いします。

出欠席について

  1. お子さんの園での生活習慣を確立するため、9時30分までに登園してください。また、お子さまを休ませるとき、または遅れるときは、午前9時30分までにご連絡ください。その際、体調不良等(発熱、嘔吐、下痢、 不機嫌、顔色が悪い等)の場合は、前日の様子も踏まえて、お子さんのご様子をお伝えください。
  2. 病気やケガの後に登園されるときは、医師に「保育園に通っている」ことを話し、登園してもよいかどうかを確かめてください。
    ※保育園からのお願い
    仕事をしている保護者の皆さんにとって、お子さんの予期せぬ病気や発症は、その対応に大変なご苦労があることとお察しします。
    しかし、子どもは身体発達が未熟で、抵抗力や免疫力、体力に限りがある弱い存在です。いろんな病気にかかったり感染したりしますが、その経験がきっとお子さんの抵抗力や免疫力を高めていって丈夫な身体になるでしょう。病気のときは、できる限りお子さんの健康を優先する時間をつくるようにして下さい。保育園でも感染症の予防や健康で強い身体づくりにしっかり取り組んでいきます。
  3. 当園は保育所における感染症対策ガイドラインに従い、登園時に37.5度以上の体温の場合や前日に2回以上の嘔吐や下痢便があった場合、前日に38度以上の発熱がある場合、また24時間以内に40度を超える発熱があった場合は、お預かりできません。
    ※感染症にかかった場合は登園禁止となります。詳しくは「病気と感染症について」参照

0、1歳児の登園について(ひよこ組、りす組)

  1. お子さんの靴は、靴棚のお子さま自身の名前が付いているところに置いてください。(時間があれば、お子さまと一緒に名前を確認して置いていただけると、お子さんの生活習慣に役立ちます)。 ※靴への記名(分かりやすい所にはっきりと書く)も忘れずにお願いします。
  2. 保育室に入ったら、まずは職員や子どもと「あいさつ」を交わしましょう。
  3. 前日の夜や朝の体調で気になること、配慮してほしいことを伝えてください。
  4. 保育士にお子さんを預けてください。その際、バッグ(カバン)も保育室内のロッカーに保管するため、一緒に預けてください。
  5. ドアの手前に個人ロッカーを設けています。抱っこひもや登降園用の上着、予備の着替えやオムツなどを保管する際にご利用ください。

2・3・4・5歳児の登園について(こあら・うさぎ・きりん・ぞう組)

  1. お子さんの靴は、靴棚のお子さま自身の名前が付いているところに置いてください。(時間があれば、お子さまと一緒に名前を確認して置いていただけると、お子さんの生活習慣に役立ちます)。 ※靴への記名(分かりやすい所にはっきりと書く)も忘れずお願いします。
  2. 保育室は2階にあります。(階段は十分に注意をして下さい。)
  3. 保育室に入ったら、まずは職員や子どもと「あいさつ」を交わしましょう。
  4. 前夜や朝の体調など気にかかること、配慮してほしいことを伝えて下さい。
  5. 保育士にお子さんを預けてください。
  6. カバン(バック)はお子さん自身がロッカーに入れます。
  7. オムツからパンツへの移行をしていないお子さんは、着替えを園に置く為のロッカーがあります。不足している場合は、補充してください。 ※薬の与薬がある場合は必ず保育士に直接渡してください。

※注意 薬の与薬がある場合は必ず保育士に直接渡してください。


土曜保育の利用について

土曜保育につきましては、その週の木曜日までに(木曜日が祝日の場合は水曜日までに)れんらく帳に記載の上、職員にお知らせ下さい。


慣らし保育について

お子さまの様子や保護者の方の仕事復帰の状況などに応じて、慣らし保育を行います。
面談時や入園後お子さまの様子(ミルクやお茶、食事が摂れているか)などを見て保護者の方と相談して決めていきます。


その他お守りいただきたいこと

家庭の事情の変更
  1. 住所などの変更
  2. 勤務先の変更
  3. 電話番号や緊急連絡先・保険証の変更
  4. 親権者の変更など、お子さんに関わることをお知らせ下さい。
上記の変更は、必ず園に届を出す必要があります。職員までお申し出ください。
転園・退園
月初めにかかりますと、保育料納入に関係いたしますので退園をお決めになりましたら早めにお知らせください。転園・退園届を市に提出して下さい。

pagetop