このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

園だより

あけましておめでとうございます

謹んで新春のお慶びを申し上げます。旧年中は園運営にご協力いただき有難うございました。本年も子どもたちが生活や豊かな経験の中で主体的に物や人と関わり成長できるように精励してまいりますので、引き続きご厚誼のほどお願い申し上げます。

さて、平成30年4月より改定保育所保育指針が施行されました。幼稚園やこども園と幼児教育の内容を統一し、共通化させる狙いがあり保育園も幼児教育を行う施設として設定されました。読み書きなど目に見えて賢くなったと感じる認知的能力を重視するのではなく人間として生きていく力を育むことを教育目標とし、特に「非認知的能力」を幼児期に身につけておくことが社会で成功する力につながるとされています。「非認知的能力」とは目標に向かって頑張る力、他の人とうまく関わる力、感情をコントロールする力などです。このような力は一生残ります。子どもたちが自主的に遊びこむ中でやる気や粘り強さ、探究していく力が身についていきます。また、失敗しかけた時に「こうしたらどう?」とフォローすることで頑張りが続き、「頑張れば出来るんだ」といつの間にか分かってきます。このような経験を積み重ねられるよう環境を整え豊かな関わりを大切にしたいと思います。ご家庭でもお子さまとの関わりの目安とされてはいかがでしょうか。
子どもは遊びを通して世界を広げていきます。玩具の使い方もそれぞれ違った遊び方をします。それを見守りながら子どもが何か発見したり面白がったり何かが出来たときは「よかったね」「できたね」と声をかけて子どもの気持に共感してあげましょう。

保育園に通う子どもは二つの生活の場所を行き来しています。保育園でたくさん遊んでいるので家ではほっとしたいこともあると思うのでゆっくりとした時間を持って、週末やお休みの日には子どもとたっぷり関わってあげましょう。

来年4月より保育の利用方法が変わります

小平市の発行する保育園入園のしおりに「保護者がお休みの日については、家庭での親子のふれあいを大事にしていただくため、ご自宅での保育をお願いしております」と書かれています。そのため、新年度より保育利用の場合は、お仕事の時のみとさせていただきます。

例)
両親共に仕事⇒保育を必要とするので保育利用可
両親共に or 両親のうちどちらかがお休み⇒保育は家庭でできるので保育利用不可

また土曜保育利用の場合は、食数を正確に把握するため毎回その週の木曜日までに連絡アプリで申請していただくこととなります。

お願い

  • お子様の衣服(特に上着、靴、靴下)などに記名がない事があります。紛失の原因にもなりますのでお手数ですが、園で使用する物には必ず記名をお願い致します。
  • 2階階段扉は、職員と保護者のみ開閉できる扉となります。職員からもお子様には声をかけさせてもらっていますが、登降園時の際にお子様自身での開閉は出来ませんのでご理解ご協力をお願いします。また、扉の鍵がかかっていない状態の時がありますので鍵のかけ忘れにはご注意ください。

行事予定

pagetop