このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

過ごしやすい季節になってきました。今月末はもりんぴっく。子どもたちの成長が楽しみです。戸外活動で十分に体を動かし、楽しい経験を通して体力を伸ばして、健康な体をはぐくんでいきましょう。

10月10日は目の愛護デー 目をたいせつに

2つの10を横に倒すと、まゆと目の形に見えることから、10月10日は目の愛護デーとされています。乳幼児期は、子どもの目がもっとも育つ時期。この機会に、子どもの「目」の健康をあらためて見直してみましょう。

視力の発達に重要な乳幼児期
生まれたばかりのときは0.01くらいだった視力は、生後6週ころからぐんぐんと発達。5歳で1.0以上になり、その後発達の程度は緩やかになり、8~10歳くらいで完全に止まります。ですから、乳幼児期に、なんらかのトラブルで視力の発達がうまくいかなかった場合、その後視力を伸ばすのはとても難しいのです。
日ごろから子どもの目の状態に注意を向け、おかしいと思ったら、早めに受診しましょう。
こんな行動があったら要注意
一度、眼科を受診してみましょう。
□目を細めたり、しかめたりする
□横目でものを見ることが多い
□テレビなど、極端に近づいて見る
□必要以上にまぶしがる

歯科検診のお知らせ

10月5日(木)10:00~
当日は、歯みがきをして登園してください。なるべくお休みされないようにお願いいたします。欠席の場合、ご家庭でほんま歯科に受けに行っていただきますのでご了承ください。

先月の流行りの病気

先月は咳・鼻水が出ている子が多く見られました。RSウイルスに感染するお子さまもいて、診断がつかなくても咳が長引いてしまうケースが多くありました。気温の変化も大きく、体調を崩しやすい季節ですので健康管理に気を付けていきましょう。
乳児 発熱14名、下痢1名、中耳炎1名、RSウイルス感染症3名
幼児 発熱6名、ヘルパンギーナ1名、溶連菌感染症1名

pagetop