このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

肌寒い雨の日や日差しの強い暑い日、まだ気候が変わりやすい時期ですが、梅雨が明けたら心弾む夏がやってきます。園では子どもたちの楽しみにしている水遊びも始まります。水遊びをした体は意外と疲れています。おうちではゆったりと過ごせるようにご配慮ください。

気をつけよう! 夏にはやる病気

ヘルパンギーナ
高熱とのどの痛み。特にのどは、水ほうや潰瘍ができるため、かなり痛む(乳児はミルクが飲めないほど)。
プール熱(咽頭結膜熱)
高熱とのどの痛みのほか、目の痛み・かゆみ・充血など、結膜炎のような症状がでる。
手足口病
手のひらや足の裏、口の中に小さな発しんや水ほうができ、熱が出ることも。

日射病・熱射病に注意

外で強い陽差しにさらされて起こるのが日射病、蒸し暑いところに長時間いてお子あるのが熱射病。総称して熱中症といいます。

予防のポイント♪

炎天下であそばない
日ざしが強いのは、午前10時ごろ~午後2時ころ。この時間帯の外遊びは30分ほどで切り上げて。
ベビーカーは短時間で
ベビーカーは、アスファルトの照り返しで熱がこもります。長時間の移動は避けましょう。
外と家との温度差に注意
涼しい室内から急に気温の高い外に出ると、体力が奪われて危険です。
子どもを一人にしない
子どもを車や部屋に一人で残さないで。クーラーをつけていても危険です。
つばの広い帽子をかぶる
頭だけでなく、後頭部や首も日光から守りましょう。
こまめな水分補給
少量の水分を30分を目安に、こまめに飲ませます。

とびひに注意しよう

虫刺されや湿疹を掻きこわしたあとに黄色ブドウ球菌などが感染して起こります。皮膚に水ぶくれができ、破けて赤くむけた状態になります。感染するものですので、ひどい掻きこわしを見つけたら早めに受診し、適切な治療を受けましょう。

あせもができやすい時期です

あせもは、背中、ひじの内側、首、手首のくびれなどに多く現れます。白く小さな発しんは1~2日で治りますが、赤くなると強いかゆみを伴って、治りにくくなります。

夏場はこまめに汗をふき、外から帰ったらすぐにシャワーで汗を流すなど、皮膚を清潔に保つようにしましょう。ベビーパウダーは、汗腺が詰まるので、使わないほうがいいでしょう。

pagetop