このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

早いもので、今年もあと1ヶ月となりました。寒くなってくると、子どもも体調を崩しやすくなってきます。ご家庭でも手洗い、うがいをこまめに行い、体調管理に配慮して、風邪や感染症などを予防しましょう。

冬を元気にのりきろう!

うがい
ばい菌は喉にもたくさん付いていて、体力が弱った体に入ろうとチャンスを狙っています。外から帰ったらしっかりうがいをしましょう。水の他、お茶のうがいもお勧めです。
1.口に水を含ませ、ぶくぶくうがいをし、水を吐き出します。
2.口に水を含み、そのまま顔を天井に向けます。
3.「ガラガラ」と音を立ててうがいをします。
4.口の中の水を吐き出します。
手洗い
あわ立て → 手のひら → 手の甲 → つめの中 → 指の間 → 親指 → 手首 → しっかり流す

冬のスキンケア

冬になり、空気が乾燥すると皮膚も乾燥します。特に、子どもは肌のバリア機能が未発達なので、乾燥するとそのバリア機能がどんどん失われてしまいます。乾燥肌が進むと、あかぎれや発疹などさまざまな皮膚トラブルが出やすくなります。日々のケアを心がけ、デリケートな肌を守りましょう!

子どもの皮膚の特徴
・皮膚の厚さは大人の約半分で薄くて刺激に弱い
・発汗量が多い
・皮脂量が少なく、水分保持力が弱い。
基本は清潔と保湿
①お風呂やシャワーで皮膚を清潔に保ちましょう。石鹸は使いすぎると皮脂が取れすぎて肌が乾燥してしまいます。石鹸はよく洗い流しましょう。
②入浴後に必要に応じて保湿剤を塗りましょう。
③化学繊維の衣服を直接着ないようにしましょう。
④部屋を適度に加湿して乾燥を防ぎましょう。

麻疹(はしか)、風疹の予防接種を受けましょう

先日の内科健診で麻疹(はしか)や風疹の予防接種を受けてない子が何人かいました。麻疹(はしか)や風疹の感染経路は空気感染・飛沫感染(咳やくしゃみ)・接触感染で、その感染力は非常に強いと言われています。麻疹は感染後、10~12日の潜伏期間を経て発症します。予防には、ワクチン(MR混合)を接種することが最大の方法です。1歳で1回目、小学校入学前の1年間の間に2回目を接種することになっています。2回接種していない方は、大人になっても感染する恐れがありますので、予防接種を2回とも忘れずに受けることをおすすめします。

保健行事予定

12月3日(月) 身体測定(ひよこ)
12月5日(水) 身体測定(り す)
12月6日(木) 視力検査(きりん)
12月7日(金) 身体測定(こあら)
12月10日(月) 身体測定(うさぎ)
12月11日(火) 身体測定(きりん ぞう)

pagetop