このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

くすりの与薬とルール

本園でのくすりの取り扱いにつきましては、福岡市医師会作成の「福岡市における保育所(園)での与薬に関するガイドライン」に沿って以下のようにいたします。与薬による事故を防ぎ、児童の健康と安全を守るためご理解とご協力をお願いします。

原則として園ではくすりはお預かりできません。
本園で、保育士が保護者に代わってくすりをお子さんに与えることは、事故など色々な問題を含んでいますので、原則としてくすりをお預かりすることはできません。
主治医の先生には医師会から同様の通知が行われており、診察を受ける際は具体的な対処法を可能な限り考えてくださいますので、
  1. 保育所に通所中であること
  2. 園では原則としてくすりを与えられないこと
を必ず伝え昼間の与薬についてご相談ください。
やむを得ない理由の場合、保護者と保育所との信頼関係において、園の担当者が保護者に代わってくすりを与えることを考慮します。
  1. 園でくすりを与える場合は、安全確保のために「与薬依頼書」(別紙)に必要事項を記入していただき、くすりと「与薬依頼書」を園の担当者に手渡してください。記載漏れがある場合はくすりを与えられないことがあります。
  2. 園で与えるくすりは、診察した医師が処方したものに限ります。医師からの「投薬情報書」(別紙)を添えて提出してください。「投薬情報書」の有効期限は1週間です。
  3. お子さんが今まで使用したことのない新しいくすりは、園での使用時に発疹や嘔吐など思わぬ副作用が生じる恐れがありますので与えることはできません。園で預るくすりは、少なくとも一度は保護者が与えたくすりに限ります。
  4. 以下のような場合は、園ではくすりを与えられないことがあります。
    ア.お子さんが嫌がったり、吐いたりして飲ませられない場合
    イ.水くすりの色が変わったり、濁ったり、性状が変わったと判断される場合
    ウ.その他、保育士により不都合と判断した場合
  5. 発熱時の解熱剤や抗けいれん剤(けいれん止め)、喘息発作時の気管支拡張剤(発作止め)など、くすりを与える際に園の担当者の判断を必要とするくすりは原則としてお預かりできません。
    例外的に、「治療上きわめて有効であり、やむを得ず与えなければならない病気」をお持ちのお子さんの場合、前もって医師と保護者と園等の三者間で十分に相談し、緊密な連携の上で預る場合もあります。
    *くすりの使用に当たっては、必ず保護者に連絡をし指示を受けた後に行います。
    *保護者は、それぞれのくすりの有効期限等を責任を持って把握し、適宜新しいくすりに交換してください。
くすりを預る際の取り決め事項
  1. 「食前」「食間」あるいは「3時頃」など、くすりを与える時間を指定することはできません。園において最もくすりを与えやすい時間(正午から3時まで)での服薬になります。
  2. 特殊な時間での服薬や長期間の服薬を希望する場合は、医師と保護者と園との三者間で協議し、くすりを預るか否かを決定します。
  3. くすりは1回ずつに分けて、当日分のみを用意してください。
  4. くすりの袋や容器には、必ずお子さんの名前を記載してください。
  5. 慢性疾患以外の疾患で園での服薬が2週間を超えた場合は、園から保護者を通じて、主治医に園での服薬の必要性を確認させていただきます。
「投薬情報書」について
  1. 園でくすりを預る場合は、医師が必要事項を記入し署名した「投薬情報書」が必要です。
  2. 「投薬情報書」については、文書料を請求される場合があることをご了承ください。
  3. 処方内容に変更がなければ、「投薬情報書」は原則として7日間有効です。
  4. 処方内容に変更が生じた場合は、新しい「投薬情報書」が必要です。

医療行為

専用の器具を使って医療行為を行うことは、園では対応できません。


感染症について

以下に記載した感染症には、罹患した場合に登園停止となる場合があり、登園禁止となった際の登園できるまでの基準が示されているものがあります。罹患した場合は、他の児童への感染を防止するために、かりつけの医師の指示に従って治療に専念してください。

登園に当たっては、口頭で結構ですので医師の許可をもらってください。

なお、園で感染症の児童が出た場合は、感染症情報をHPや掲示版にてお知らせします。

疾患名 感染しやすい期間 登園のめやす
インフルエンザ

医師が記入した登園許可書が必要な感染症

感染しやすい期間
症状がある期間(発症前24時間から発病後3日程度までが最も感染力が強い)
登園のめやす
発症した後5日を経過し、かつ解熱した後3日を経過するまで。(日数はその現象が見られた日は算定せず、その翌日を第1日とする)
麻疹(はしか) 感染しやすい期間
発症1日前から発疹出現後の4日後まで
登園のめやす
解熱後3日を経過してから
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
感染しやすい期間
発症3日前から耳下腺脹後の4日後まで
登園のめやす
耳下腺、顎下腺、舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身が良好になるまで
風疹
(3日はしか)
感染しやすい期間
発疹出現の前7日から後7日間くらい
登園のめやす
発疹が消失してから
水痘
(水ぼうそう)
感染しやすい期間
発疹出現1~2日前から痂皮形成まで
登園のめやす
すべての発疹が痂皮化してから
咽頭結膜熱
(プール熱)
感染しやすい期間
発熱、充血等が出現した数日間
登園のめやす
主な症状が消失して2日たってから
結核 登園のめやす
感染のおそれがなくなってから
流行性角結膜炎 感染しやすい期間
充血、目やに等症状が出現した数日間
登園のめやす
結膜炎の症状が消失してから
百日咳 感染しやすい期間
抗菌薬を服用しない場合、咳出現後の3週間後まで
登園のめやす
特有の咳が消失し、全身状態良好であること(抗菌薬を決められた期間服用する。7日間服用後は医師の指示に従う)
腸管出血性大腸菌感染症 (O-157、O-26、O-111等) 登園のめやす
症状が治まり、かつ、抗菌薬による治療が終了し、48時間をあけて連続2回の検便によって、いずれも菌陰性が確認されたもの

医師の診断を受け、保護者が記入する登園届けが必要な感染症

疾患名 感染しやすい期間 登園のめやす
溶連菌感染症 感染しやすい期間
適切な抗菌薬を開始する前と開始後1日間
登園のめやす
抗菌薬内服後24~48時間経過していること
マイコプラズマ肺炎 感染しやすい期間
適切な抗菌薬を開始する前と開始後数日間
登園のめやす
発熱や激しい咳が治まっていること
手足口病 感染しやすい期間
手足や口腔内に水疱・潰瘍が発症した数日間
登園のめやす
発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響が無く、普段の食事が摂れること
伝染性紅斑(リンゴ病) 感染しやすい期間
発疹出現前の1週間
登園のめやす
全身状態が良いこと
ウイルス性胃腸炎(ノロ、ロタ、アデノウィルスなど) 感染しやすい期間
症状のある間と、症状消失後一週間(量は減少していくが、数週間はウイルスを排泄しているので注意が必要)
登園のめやす
嘔吐、下痢等の症状が治まり、普段の食事が摂れること
ヘルパンギーナ 感染しやすい期間
急性期の数日間(便の中に1ヶ月程度ウイルスを排泄しているので注意が必要)
登園のめやす
発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事が摂れること
RSウイルス感染症 感染しやすい期間
呼吸器症状のある間
登園のめやす
呼吸器症状が消失し、全身状態が良いこと
帯状疱疹 感染しやすい期間
水疱を形成している間
登園のめやす
すべての発しんが痂皮化してから
突発性発しん   登園のめやす
解熱し機嫌が良く全身状態が良いこと

※上記を目安としますが、主治医の診断を仰いでから登園してください。

その他の留意して頂きたい感染症

疾患名 留意事項
伝染性膿痂疹(とびひ) 留意事項
滲出液の多い時期には出欠について相談させて頂く場合があります。他の園児が接触しないように湿潤部位はガーゼで被覆し登園してください。治癒するまではプールは禁止となります。
伝染性軟属腫(水いぼ) 留意事項
傷から滲出液が出ているときはガーゼなどで被覆し登園してください。
プールについてはかかりつけ医に相談してください。

乳幼児突然死症候群(SIDS)から赤ちゃんを守るために

~SIDS(シズ:乳幼児突然死症候群)とは~

それまで元気だった赤ちゃんが事故や窒息ではなく、眠っている間に突然死してしまう病気です。日本では、年間500~600人前後の赤ちゃんがこの病気で亡くなっています。これは生まれてきた赤ちゃんの約2000人に1人の割合です。そのほとんどが1歳未満の乳幼児の赤ちゃんに起きています。原因がまだよくわかっていませんが、育児環境の中にSIDSの発生率を高める因子のあることが明らかになってきました。「仰向けで寝かせる」「妊娠中の喫煙を避ける」「できる限り母乳で育てる」この3つの項目に気をつけると、未然に防げると言われています。

園ではこのように気をつけています。

  • 赤ちゃんを1人にしません。
  • 保育士が見守り、5分ごとに赤ちゃんの呼吸や顔色などをチェックします。
  • 枕は使いません。
  • ベッドのまわりには、ひもやタオルなど、危険なものは置きません。
  • 定期的に健康診断を行ない、子どもさんの発達のようすを把握していきます。

ご家庭へのお願い

あおむけで寝かせましょう
赤ちゃんの顔が見えるように、あおむけに寝かせましょう。うつぶせ寝は危険です。
タバコをやめよう
妊娠中の喫煙は、おなかの赤ちゃんの体重が増えにくくなりますし、呼吸中枢にも明らかによくない影響を及ぼします。
できるだけ母乳で育てましょう
母乳育児が赤ちゃんにとって最適であることはよく知られています。人工乳がSIDSを起こすものではありませんが、できるだけ母乳で育てるよう努めましょう。

pagetop