このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

食事
School lunch

食育だより

ご入園・ご進級おめでとうございます

今年も桜の花の便りとともに、入園、進級式を迎えました。

新しい生活に慣れるまで、しばらく時間がかかることでしょう。みんなで食べる食事や環境の変化にとまどうことも多く、疲れが出てくることがあります。ご家庭では、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

保育園の食事について

乳幼児期は、毎日が新しい味の発見になります。多様な食物を経験することで、味やおいしさを知ります。園でも、多くの食材をおいしく食べる経験ができるように工夫しながら献立を考えていきます。

旬の食材
日々の献立に使用し、季節が感じられるようにしています。
ビュッフェ
自分の食べられる量を考え、楽しく食事ができるように配慮しています。
朝食
1日を元気に過ごすために家庭で朝食をしっかり食べてご登園ください。
食器
強化磁器製を使用し丁寧に食器を扱う習慣や重量感、質感を大切に考えています。
おやつ
3回の食事では取りきれない栄養を補う意味もあります。おやつは食事の一部と考えて、提供しています。
食物アレルギー
園に提出された医師からの指示食物を全て除去または、代替する統一献立で提供します。
※食物の種類や品目数によっては、対応できないこともあります。

「野菜嫌い」になる前に

園では、年齢に合わせていろいろな野菜を給食に取り入れていきます。
子どもは、野菜の形や色の見た目で野菜嫌いになってしまうことがあります。そんな時には、無理に食べさせず、嫌いな野菜に触れる機会を作りましょう。

触ったり匂いをかいだりするうちに嫌いな野菜でも徐々に愛着がわいてきます。ハートや星型に切り抜いた野菜を料理に入れて、苦手意識を取り除いてあげることから始めましょう。

たけのこ

たけのこをゆでて、割ると白い粒々があります。これは、アミノ酸のチロシンという、うまみ成分です。また、チロシンは体内に入るとドーパミンという神経の伝達物質をつくり出し、脳の活性化を助けます。

pagetop