このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

クラスだより


6月号


今後の予定・園からのおしらせ

土曜保育について
土曜保育を希望される方は、必ず希望される週の木曜日までにお知らせ下さい。
延長保育について
月極で延長保育を希望される方は必ず毎月20日まで延長月極申請書をお出しください。
届出について
登園届、登園許可証、延長申請書等は事務室前のレターケースに用意してあります。必要な際は各自お取り下さい。また園のホームページから印刷することも可能ですのでご利用ください。

◎持物の記名をお願いいたします。
◎帽子と避難靴は、毎日の活動で汗や汚れなどが付着しているため、週末には必ず持ち帰って洗濯をお願いいたします。
◎記名の無い衣類については、ロッカーのお部屋の入口に一ヶ月間展示いたします。一ヶ月以上経過しても引き取りの無い衣類については園の貸し出し用として使用させて頂きます。


ひよこ組

7月では、七夕や夏祭りなど楽しい行事がたくさんありますね。しかし、気温が激しく変わり体調を崩しやすい時期でもあります。こまめに水分補給や子どもの変化にも気にかけていきたいと思います。

子ども達の日々の様子
子どもたちの活動も多くなりました。ハイハイや伝い歩きなど移動手段が多くなりお部屋では様々な場所を移動しています。音が鳴る教具、型落としなど自分の興味がある教具を手に取り遊んでいます。また食事の面では食事形態が変わり、初めての園での初期食、完了食に変わった子もいます。
午睡
ハイハイ、つたい歩きやつかまり立ちなど活動が多くなりました。園での生活に慣れ活動が活発になると、落ち着いて眠ることができるようになりました。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


りす組

暑さも日々増していき、本格的な夏の季節もすぐそばまで近づいてきました。子どもたちも園庭やお散歩を楽しんでいます!

先日はふれあい参観にご参加いただきまして、ありがとうございました。保護者の方々と園で過ごす時間は子どもたちにとって特別だったようです。ふれあい遊びでご紹介した手遊びを是非ご家庭で子どもたちと一緒に楽しんでみてください!

遊びの様子

最近、子ども達同士で教具の取り合いをする姿が見られてきました。自分以外の子が遊んでいたり、持っている教具を自分も使いたくなる気持ちが芽生えてきました。それらの一連のやり取りはものの貸し借りを子ども達に伝えるためのいい機会でないかと思います。言葉が出ず一方的にあのおもちゃが欲しい!とその子のおもちゃを取りに来た子に対し、今遊んでいるのは自分!とお互いに思う気持ちがあると思います。このような場面に直面した際は、「○○くんはこれが使いたかったの?貸してって言ってみようか」と言うと「貸して」と相手に自分の気持ちを伝えることが出来ます。「○○くんが貸してほしいんだけど△△ちゃんはどうかな?」と聞いたときに、まだその教具で遊びたい子に対しては「じゃあ、○○くんもう少し待って見ようか」と順番で遊ぶ声掛けをします。一緒に遊びたい気持ちがあり、自分が持っている片方の教具を手渡す姿もあります。それぞれの子どもたちに一緒に遊べてよかったね!と物や教具を貸してもらえた時の喜びを相手に伝える大切さや、お互いが気持ち良く遊べた喜びを分かち合うことをその場で表現しています。

これらは生活のほんの一部ではありますが、少しずつ子どもたちの心の成長が日々伝わってきています。今後も子どもたちと丁寧にやりとりの方法や言葉を伝えていき、見守っていけるようにしていけたらと思います。

水あそびについて

7月8日(月)から水遊びが始まります。りす組は水に親しみを持ち、水の感触や水の流れる音を聞いたりしながら水遊びを楽しむことを目的に行います。園生活で初めての水遊びになるので、 子どもが水遊びに興味を示し楽しめるようにタライを用意し、水遊びを行う際は必ず保育者が側で見守り、子どもはタライの中の水遊び用の教具で遊びます。

7月は天候・子ども達の体調を考慮して沐浴を中心に行います。また、水遊びが大好きな子が多い中、水に対して苦手意識のある子もいます。子ども達が無理なく沐浴や水遊びを楽しめるよう、過ごしていきたいと思います。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


こあら組

夏が近づくこの季節。蒸し暑い日が続いていますが、子どもたちは汗をいっぱいかきながらも夢中になってお団子やお山作り、しゃぼん玉など色々な園庭遊びを楽しんでいます!

子どもたちが楽しみにしている水あそびもいよいよ始まります。充分な休息を取り、こまめに水分補給を行いながら、夏ならではの遊びを十分に楽しみたいと思います!

保育園では一人ひとりが楽しく安全に水遊びが行うことが出来るよう、保護者の方とも情報共有を行っていきたいと思います。

食事の様子
食事では、自分の分をおぼんで席まで運んでいます。
おぼんはこあら組さん用に、運びやすいよう両サイドに、取っ手がついたものを用意しています。お兄さん、お姉さんへの憧れから、取っ手のないものを選び、自分で食べたい量を「いっぱい」「ちょっと」などで保育者に伝え、こぼさないように慎重に運んでいる子どもも、増えてきています☀
また、お箸に興味を持ち、保育者や年上の子どもたちの姿を見ながら自分なりに使っている場面をよく目にするようになりました。お箸をグーで握り、食べにくそうですが、お箸を使おうとする意欲を、保育者に誉められ誇らしげです。
園庭での様子
園庭では、お砂場や滑り台、鉄棒など、自分のお気に入りの遊具で遊ぶ子どもたち。なかでも、4月頃から比べると大きな滑り台に興味を持つ子が増え、意欲的に楽しんで遊ぶ姿が見られます!自分の体を支える力も付き、保育者の援助も少しずつ必要なくなりました。
また、前向きから滑るのが怖く、おしりを上にしてうつ伏せで滑っていた子どもも、今では前を向いて滑ることができるようになりました!
大型遊具の次に人気な遊具は、「ブランコ」です。ブランコで遊びたい子どもがたくさんいると、以前は取り合いになっていましたが、今は「貸して」「いいよ」「待っててね」などという声が聞こえてきます。
また、年上のお友だちと一緒に「1、2、3……」と10秒数えて順番に交代する姿も見られるようになりました。これからもどんどん成長する子どもたちを見守っていくのがとても楽しみです!

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


うさぎ組

気候の変化が大きい季節となり蒸し暑い日が続いていますが、子どもたちは汗をたくさんかきながらも園庭で元気いっぱい遊んでいます。子どもたちの体調管理に気を付けながら、今月も楽しく過ごしていきたいと思います。

子どもたちの姿 ~言葉のやりとり~

子どもたちがお話している様子を覗いてみると、友達の話に興味を持つ姿が見られるようになってきました。今までは友達の話に対して「わたしはね...」と、自分自身の話を重ねて話す姿がありましたが、最近では「どうして?」「なんで?」という質問の声も盛んに聞かれるようになりました。このようなやりとりを通して、自分の気持ちやイメージしていることを言葉で伝える機会も増え、表現の仕方や語彙もますます豊かになっています。

さらに、友達の話を聞けるということは、相手の考えていることや気持ちを知ることに繋がります。相手の話や意見を聞くことで、「お友達はこんなことを思っていたんだ」と、相手の気持ちや思いがあることに気づくことができ、自分なりに考える姿も見られるようになりました。また、時にはきつい言い方や攻撃的な言葉遣いをしてしまう場面もあります。そのような時には、保育者が柔らかい言葉に置きかえています。

自分の気持ちをただ伝えるだけでなく、相手の気持ちが少しずつ理解できるよう援助しています。今後も言葉のやりとりを通して、自分の思いを伝えて聞いてもらうことや、相手の思いを知ることを感じてほしいと思います。

トイレでの排泄やパンツに意欲的な子どもたち

トイレでの排泄や、パンツを履いて過ごすことに意欲的な子どもたちの姿が多く見られるようになりました!徐々にパンツに挑戦している子、自らトイレに行けるようになってきた子など、それぞれのペースで頑張っています。また、一人ひとりのペースが異なることで子ど も達同士にとっても良い刺激となり、友達の姿を見て「ぼくもパンツにする!」と挑戦してみたり、自分が友達にとっての目標となることで得意気な表情を浮かべる姿も見られます。

時にはトイレまで間に合わないこともありますが、そのような時は子ども自身も悲しかったり、悔しそうな表情を浮かべたりしています。私たち保育者は、それらを失敗と捉えずに前向きな言葉を掛け、子どもたちが安心感を持てたり、次への意欲に繋げられるよう心掛けています。これからもご家庭での様子を共有しながら一緒に見守っていきたいと思います。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


きりん組

気温が高くなり熱中症に気をつけなければいけません。園でも十分に休息する時間を取り、体調の変化を見守りたいと思います。

また、今月から待ちに待った水あそびが始まります。子どもたちも水あそびをとても楽しみにしている様子です。暑い日が続きますが、今月も元気に過ごしましょう。

じゃがいもクッキング終えて

じゃがいもクッキングでは、事前にお集まりをしてそれぞれのチームがじゃがまるくんに入れるトッピングを考えました。いろいろ意見を出し合った中で子ども達に人気だったものをトッピングに決めました。ファントミラージュリューソーチームはハム、プリキュアリューソーチームはハムとケチャップをトッピングしました。クッキングの際は、じゃがいもをマッシャーで潰していく工程の際に「皆で力入れればできるんじゃない。」と皆で協力したり「僕がやってあげるよ。」と女の子を男の子が気遣う場面なども見られました。なかにはぞう組さんがいないきりんぐみさんだけのチームで行ったところもありましたが、よく保育者の話を聞きぞうぐみさんがいなくとも自分たちでしっかりと完成させていました。作ったじゃがまるくんを実際に食べてみて、自分たちで作ったじゃがまるくんはより一層美味しく感じたのか「とっても美味しかった。」とからっぽのお皿を笑顔で見せてくれました。

このクッキングの経験を通して、食に興味が湧いたり、料理を楽しんだり、お家でもやってみたいという気持ちへ繋がっていくことを期待しています。

子どもたちの姿 ~表現活動を通して~

以前は、目の前の遊びに夢中のあまり、表現の時間になっても「いかない」と拒む子どもたちがいました。しかし、きりん組になり徐々に少し先の見通しが考えられるようになってきたせいか、遊びが途中になっている時も「先生終わったらやるからとっておいて。」と一声かけるなどして表現活動へ参加する子が増えてきました。

表現活動の際に大切にしていることは、保育者の話を聴き、まずは体を動かし取り組んでみることです。「ここはこうだよね!」とジェスチャーをしてみたり、イメージして身体で表現したり、役になりきり表現活動を楽しんでいます。未だ表現活動に興味が薄い子もいますが、堂々と行っている子を見て一緒に参加してみようと意欲を見せてくれる様子もあります。まずは、保育者が率先して見本となり子ども達と一緒に参加することで、子どもたちが参加したくなるような雰囲気作りに努めていきたいと考えています。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


ぞう組

梅雨の合間の晴れた日には、おもいっきり外遊びを楽しんでいる子どもたち。太陽の日差しを浴びて、園庭の畑の野菜も少しずつ成長をしています。気温が上がるにつれ、汗ばむことも増えるので子どもたちが心地よく過ごせるよう、汗をかいたらこまめに着替えるなどして、体調管理に気を配りながら過ごしていきたいです。

おとまり会に向けて!

おとまり会に向けての作戦会議がいよいよ始まりました!今年のおとまり会のテーマは「お友達とお話しをする・お話を聞く」に決まりました。今後の作戦会議でおとまり会の行先や大切にしていくこと等を話し合っていきます。

普段からお友達とのコミュニケーションが多いぞう組ですが、時折お友達に対して言葉が強くなってしまったり、わざとふざけた言葉を使う姿を目にします。自分の気持ちを相手に伝えたい一生懸命さから、つい口調が強くなってしまったり、遊んでいるつもりでふざけた言葉を発してしまう、ケンカの延長で怒りが抑えきれず乱暴な言葉が出てしまう等理由は様々です。相手の気持ちもしっかり考えられるぞう組だからこそ、今回のおとまり会やこのテーマを通して、言葉の持つ力や、受け取る側の気持ち、どう言えば自分の気持ちが相手に伝わるのか等を一緒に考えていきたいと思います。

ぞう組にとって最初の大きな行事です。楽しい思い出になるよう、活動内容を考えたり、昨年度までのおとまり会の様子を伝えていくことで安心感や期待感を持って当日まで過ごしていきたいと思います。一方で、保護者と離れて過ごすことに不安を抱く子もいると思います。期待とは裏腹に不安なことや心配なことは子ども達も、保護者の皆様もあるかと思います。気軽に保育士にお尋ねください。

ルールのある遊び

ぞう組の遊びの様子を見てみると、カードゲームや〇〇鬼等ルールのある教具や遊びを好む姿が多く見られます。

昨年度から年上のお友達とルールのある遊びをしていたぞう組の子ども達。初めてのゲームや、教具でもしっかりルールを聞き、すぐに遊び込めています。お友達と協力するゲームでは「ここをこうしたら?」「次はこうしてみようよ!」とどうしたら上手くいくのか、勝つことができるのかなど考えて意見を出す姿が見られます。ルールを理解し、守ることで遊びが成り立つことや、楽しめることを知っているぞう組さん。子ども達から飛び交う意見を聞いてルールを変更してみたり、遊びの発展に繋げていき、より楽しく遊べるように配慮して関わっていきたいと思います。

今月の予定とおしらせはこのページ上部カレンダー園からのお知らせをご覧下さい。


pagetop