このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

残暑の中にも、時折吹く涼しげな風に心地よさを感じる季節となってきました。まだしばらくは、残暑が続くようです。

夏の疲れが出やすい時期でもありますので、ご家族で十分な休息をとりましょう。登園される朝は、お子さんの体調に注意をし、無理のない対応をお願いします。

秋に備えて ~食事編~

夏の疲れや暑さのせいで食欲がなくなったり、体力を激しく消耗したりします。この時期、栄養を摂って、暑さに負けない体を作りましょう。

  1. エネルギーの源 タンパク質…枝豆やとうもろこし
  2. 疲労回復に大切なビタミンB1…豚肉、うなぎ、大豆などの豆類、緑黄色野菜など
  3. 抵抗力をつけるビタミンA…海苔やかぼちゃ、にんじんなど
  4. 水分補給は、麦茶、水

快眠のポイント

  • 栄養を摂ったあとは、ゆっくりたっぷり睡眠をとって、元気に過ごしましょう。
  • 早寝早起きで生活リズムを整えようお風呂に入って、サッパリしよう
  • 汗を吸いやすいパジャマを着ましょう
  • おなかを冷やさないようにしよう
  • クーラーや扇風機を使って、部屋を涼しくしよう

子どもたちの健康のために、四快「快眠・快食・快便・快動」をお勧めします。
子どもたちの生活には、健やかな眠りが欠かせません。

園からのお願い

乳児医療証の有効期間は9月30日となっています。新しい乳児医療証が届きましたら、9月末までにコピーしたものをご提出ください。

また、各種ご変更のある方も早めにお届けください。

お子さんの様子が気になるときは

お子さんの様子に少しでも気になるところがある時は、登園時、必ず保育者に伝えてください。
□どこが気になるのか: いつもと様子がどう違うのか
□家庭での対応: ○時にどうしたなど
□園での過ごし方について: 控えてほしいこと、要望など
□当日の連絡先: 何か変化があったとき、すぐに連絡がつくように、変更があった時はお伝えください。

9月1日は、防災の日

自然災害は、突然やってきます。 「防災の日」は、防災の知識や意識をしっかりと持てるよう、確認し合うための大切な日です。日頃から、自然災害に備える準備をしておきましょう。 ※あったら、いいものをご紹介
  1. スーパーのレジ袋 トイレやオムツカバーとして使えます。
  2. ホイッスルまたは、防犯ブザー 閉じ込められた際に居場所を知らせます。
  3. さらし紐(抱っこ紐) 災害時、ベビーカーは危険です。抱っこやおんぶ紐に使えます。
  4. カイロ 保温はもちろん、哺乳瓶を温めるのに使えます。
  5. 新聞紙 今時は取っていないご家庭も多いはず。でも、火おこしや保温材、簡易スリッパにもなり、実は万能です。

また、保護者の方には、職場から保育園までの災害時に予想される交通手段でのお迎えを訓練していただくことをお勧めします。

8月の感染症情報<届け出>

・手足口病 2名
・RSウイルス感染症 1名
・水疱瘡 1名
※感染症に罹らないためには、一番は予防接種です。予防接種のスケジュールに合わせて、進めてください。接種後は、「けんこうのきろく」に追記をお願いします。

印刷用書式

全園児対象です。
当日は次のことに気をつけてください。
●着脱しやすい服装で登園してください。また、必ず服・靴下には記名をお願いします。
●髪の毛を結んでいる場合は、頭の上でなく、横でしばってください。
●4月の2~5歳児は 8日、0~1歳児は 9日です。
※ バスキャッチより、測定結果が見れるようになります。

pagetop