このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

日に日に日ざしが強くなり、心弾む夏がやってきました。 暑い中元気に遊ぶ子どもたちですが、体は意外と疲れています。おうちではゆったりと過ごし夏の体調不良に気を付けてください。

水分のとり方に気をつけましょう

暑い季節、体は汗をかくことで、皮膚から熱を奪って体温を下げようと機能します。子どもたちは長時間汗をかいても遊びに夢中で、のどの渇きに気づきにくいことがあります。
(1)牛乳やジュースは消化に時間がかかるので避け、水かお茶をゆっくりと飲む。
(2)飲み物は冷やし過ぎない。
(3)一度に大量に飲まない。
(4)運動の前後にこまめに水分を摂取する。
という4つの点に注意して上手に水分をとりましょう。

気をつけよう! 夏にはやる病気

夏に気をつけたい感染症。代表的な3つについて、主な症状を挙げてみました。気になる症状が見られたら、すぐに病院へ!

ヘルパンギーナ
高熱とのどの痛み。特にのどは、水ほうや潰瘍ができるため、かなり痛む(乳児はミルクが飲めないほど)。
手足口病
手のひらや足の裏、口の中に小さな発しんや水ほうができ、熱が出ることも。
咽頭結膜熱(プール熱)
高熱とのどの痛みのほか、目の痛み・かゆみ・充血など、結膜炎のような症状がでる。

帽子をかぶりましょう

1年のうちでも 5~9月は紫外線の多い時期。
外に出るときは、必ず帽子をかぶるようにしましょう。帽子は、つばが広く、通気性のよい素材のものがおすすめです。

保健行事

✿身体測定(乳児9日、幼児10日)
✿0歳児健診(9日)

園提出用書類

保健行事予定

pagetop