このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

クラスだより


5月号


ひよこ組

雨の降る日が多くなる季節になり、蒸し暑かったり肌寒 かったりと、気温差が激しくなることが予想されます。 その日に合わせて衣類の調節を行うなどで、体調にも気 を付けて、子どもたちが元気に園生活を送れるよう見 守っていきたいです。

遊びの様子

入園から二カ月が経ち、もう少しで寝返りが打てそうな子、ハイハイやつ かまり立ち、伝い歩きなどでお部屋の中を沢山動くようになった子など、 様々な成長が見られ日々驚かされています。 自分の気になる教具を見つけると、手を伸ばしてつかんでみたり、バタバ タと振って音を出してみたり。ボールを遠くに転がして自分で取りに行く姿 も見られます。また、保育者がそばで歌ったり手遊びをしたりする様子を見 て、体を弾ませ手をぱちぱちと叩き喜ぶ様子もあります。 ハイハイが出来る子どもは、お友達が園庭で遊んでいる様子を見て、自分 でテラスの方に向かって行き、しばらく日向ぼっこをすることもあります。 子ども一人ひとりの興味に合わせて教具を提供し、ゆっくり教具に集中し て遊ぶ事ができるように環境を整えていきたいと思います。

食事の様子

ひよこ組では現在ミルクのみ、中期食、後期食、完了食と、4形態に分 かれて食事を摂っています。ハイハイができる子は食事やミルクを見ると 自ら近付き、欲しいとアピールしたり、りす組の子ども達の食事が始まる とその様子が気になるようで近付いてきたりします。 離乳食の子ども達は、自分の手で食材をつかんで口に運んだり、スプー ンやフォークに興味を示して、自分で持ってすくおうとしたりしながら、 とても意欲的に食べています。

6月の予定

7日(金) 0歳児健診
10日(月) 歯科検診


りす組

晴れたり雨が降ったり、天気が移り変わりやすい時期となりました。室内や戸外に関係なく、子ども達は汗ばみながらも遊びを楽しんでいます。気候の変化はありますが、体調管理に留意して元気に過ごしていきたいと思います。

遊びのようす

入園して2か月が経ち、子ども達の遊ぶ姿にも少しずつ変化が見られてきました。入園当初は、保育者が遊ぶ姿に興味を持ち、保育者と一緒に遊ぶ姿がみられていました。少しずつ環境に慣れきた子ども達は、友達が遊ぶ教具に興味を持ち関わろうとしたり、保育者が仲立ちをしながら「かして」「どうぞ」等のやりとりをしています。遊びの世界が広がってきた子ども達です。今後も、お友達とやりとりをする楽しさや喜びを感じることができるよう、関わっていきたいと思います。

食事の様子

保育園では、保育者や友達と食べることで「食べる喜び」を知り、また、保育者や友達の真似をしながら食事の準備や片付けを学んでほしいという思いがあります。偏食や食べず嫌いについても、無理はせず、子ども達が「食べてみよう」という意欲をもてるような時間にしたいと考えています。

「後期食」から「完了食」へ移行した子もおり、完了食になると「朝おやつ」があり、午後の軽食は「午後おやつ」になります。「幼児食」になると、昼食の配膳の際には、保育者から食事を受け取り、両手でお皿を持ち、自分の席まで運びます。「おいしそうだね」「おかわりする?」等と食事に対する意欲が湧くように声を掛け、子ども達の「食べたい気持ち」を育てるようにしています。このような食事方法により、いずれは「ごはんたくさん!」「スープちょっと」等と自分の食べたい量を伝え、楽しく食事ができるようになってほしいと思っています。

食事だけに限らず日々の保育の中で、保育者が子どもに「~させる」ではなく、子ども達が自ら「~する」ことを意識し、子ども達の自発性の育ちを大事にしています。子ども達が自ら「食べたい」と思い、楽しい雰囲気の中で、食事をおいしく食べることができるように、これからも食事の時間を大切にしていきたいと思います。


こあら組

園生活にも慣れ、遊びではお友達と関わり楽しむ姿が多く見られるようになりました。おままごとコーナーで「ジュースどうぞ」「ありがとう」などのやりとりが行われていて見ていて微笑ましいです。生活では、自分でやってみようと挑戦する様子もあります。子ども達が自信を持って様々なことに挑戦できるよう関わっていきたいと思います。

自分でできたよ!!

環境が変わってから二ヵ月が経ち、日々の生活の中で自分でやってみようとする場面が多く見られるようになりになりました。そのような姿をいくつかの場面でご紹介したいと思います。

お仕度
自分のロッカーの場所を覚え、朝は登園後にノートを出し、午後おやつを食べたらノートを自分でしまっています!意欲的にお仕度をする子が多く夕方にノートを渡すと、嬉しそうにリュックにしまう姿があります。
お着替え
違う袖に手が入ってしまい、なかなかうまく手や顔がでなかったり、裏表が逆になったりと、苦戦しながらも自分で挑戦しています。「できな~い」と焦りながら偶然できた時の、子どもも驚いた顔をするのがとても可愛いらしいです。
その他
その他にも、自分の使った食器を片付けたり、園庭に出る際に靴や靴下を脱ぎ履きするなど自分で出来ることが沢山増えています! 出来た結果だけでなく過程や取り組もうとした気持ちを認め誉めることを大切にしています。また援助する際には子ども達が「自分で最後まで出来た」という達成感を感じられるように意識しています。

子ども達に人気の室内教具を紹介します

おままごと
上記のように友達とのやり取りが多くみられる遊びです。今は、アイスクリームとケーキ屋さんになっているので「アイスクリームできたよ」「どーぞ」とお店屋さんのようなやりとりを楽しんでいます。
パズル
型枠のない2,3ピースの簡単なものから始め、今では10ピースのパズルを1人で完成させられる子もいます!時にはお兄さん・お姉さんの真似をして30ピース程の大作に挑戦する子も!!
型落とし
アンパンマンの型落としが2種類あります。「ここかなぁ~?」「入った!」と形を探して楽しんでいます。形の認識だけでなく、様々な色がついているので、「これ赤?」「きいろ~」など楽しみながら色を覚えている姿があります。

うさぎ組

過ごしやすい季節となり、子どもたちも思いきり外遊びを楽しんでいるこの頃。 新年度がスタートして、早くも1ヵ月。そろそろ疲れが出てくる頃かもしれません。体調管理に注意しながら、今月も楽しんで過ごしていきたいと思います!

4月より同じお部屋で異年齢で生活していく中で、大きい子の真似をしていろんな事に挑戦してみたり、遊びを通して友達との関りも多くみられるようになってきました。晴れている日には積極的に園庭に出て遊んだりお散歩に出かけ保育園では感じられない新しい発見などを大切にして、表現する喜びや体験する楽しさを広げていかれたらと思っています。

造形活動について

30日より造形活動が始まります。
造形活動は、様々な素材や絵の具・クレヨンなど使って行います。その為、活動内容によっては衣服に付着する可能性もありますので、汚れても良い服装で登園してください。

うさぎぐみさんの1日

登園・お支度
連絡帳をリュックから出し、うさぎぐみの連絡ノート入れに自分で出しています。
遊び
遊びはお部屋・園庭にて自分のやりたい遊びを選択し遊んでいます。時には表現をしたり、近くの公園にお散歩に出掛けることもあります。
昼食
空いている席を探して友達と一緒に食事をします。配膳は、保育者からご飯をもらいお盆を使って自分で運びます。その際どれぐらい食べられるかなど、食事量も相談していきます。
着替え
外遊びをして汚れたり、昼食を食べて汚れた子などは自分でリュックから着替えを出して着替えたり、保育者と一緒に着替えを行っていきます。
午睡
少しずつ体力もついてきているので、午睡をしない子もいますが、その日の体調と活動量に応じて午睡を促しています。子どものお部屋でお昼寝をします。
午後おやつ
昼食と同様に空いてる好きな席でおやつを食べています。
遊び・お支度
おやつを食べ終わった子は、ノートをリュックに入れて帰るお支度をします。午前の遊びと同様に、お部屋・園庭にて自分のやりたい遊びを選択し遊んでいます。

きりん組

梅雨も近付き、蒸し暑い季節がやってきました。春から夏へと季節の変わる時期、体調を崩さないように過ごしていきたいです。

園庭遊び、お散歩に出かけるなどの戸外遊びも増え、保育室では見られなかった子どもたちの姿がみられるようになりました。園庭にいるありやダンゴ虫など捕まえ、バケツに入れて観察したり、お友達や保育者に「いっぱいいたよ!」と教えてくれます。絵本、制作も用意し、子どもたちの興味をより引き出せたらと思います。

4月から気づけばもう2か月が経ちました。
異年齢クラスというこあら組ときりん組から挟まれて様々な刺激を毎日受けながら過ごしています。お兄さん・お姉さんの真似をして遊ぶ姿や、逆にこあら組のお兄さん・お姉さんになったりと様々な姿がみられます。

また、造形活動や表現活動を通して同年代のお友達との関わりも増えてきています。これからも子ども達の様々な成長や挑戦を見守っていきます。

表現活動

5月28日に講師の先生による初めての表現活動が行われました。初めは友だちの動きを見たり、恥ずかしがりながら周りの様子を見て体を動かしていた子ども達でしたが、だんだんと恥ずかしさも消え、自分からピアノに合わせて自由に体を動かすように楽しんでいました。

造形活動

5月30日に講師の先生による初めての造形活動が行われました。

材料は、画用紙・ベビーオイル・クレヨンのみでした。今回はあえて説明をせず、子どもの発想にゆだねた活動になったため戸惑った表情の子の子もいれば、何の迷いもなくクレヨンを持って絵を描き始める子、オイルとクレヨンを混ぜ始める子などみんな思い思いに始めていました。「こんな発想があるんだ!」と、職員も驚く姿ばかりでした。

避難訓練

5月27日に避難訓練がありました。暑い中ではありましたが、保育室から園庭に避難しました。今回は、地震という設定で、放送が鳴り職員からの「机の下にもぐってください」という声掛けに、落ち着いて机の下にもぐっていました。みんな真剣に取り組んでいる様子が見られました。普段の子ども達とは違った姿が見られました。

帰りの会では、避難訓練についての紙芝居を読み聞かせしました。「今日避難訓練やったよね」と話をしていた子どもたちでした。


pagetop