このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

7月に入りましたね。園の笹の葉に、子どもたちの可愛い願いがたくさん飾られているのをみると、遅れてきた梅雨の影響でじめじめした日々も、癒されています。

日差しの強い暑さ、じめじめ蒸し暑さ、朝夕の気温の変化など、体が慣れるのも難しく感じますが、手洗い・うがいを丁寧にし、生活リズムを整え、体調管理を行いましょう。

これからの時期、特に注意が必要なのは、熱中症です!!!

熱中症は、「気温が高い場所」「湿度が高い場所」で起こりやすいと言われています。 そういう場所で過ごすと、体温調節機能が上手くはたらかず、体の中の熱を外に逃がすことができなくなってしまい、体の中に熱がたまって体温が上がったり、急にたくさんの汗をかき、体の中の水分や塩分が失われてしまいます。 そして、だんだんと体の調子が悪くなって、頭痛(ずつう)や目まい、吐き気といった、いろいろな症状が出てきます。

熱中症予防法8か条
・部屋の温度を28度以下に保つ
・こまめに水分を補給する
・エアコン、扇風機を上手に活用する
・シャワーやタオルで体を冷やす
・涼しい服装をする 外出時には帽子を
・暑い時は休息する
・涼しい場所、施設を利用する
・部屋の風通しを良くする
体調が良くないときは無理をしない
熱中症は体が弱っているときに起こりやすいので、無理をしないことが大切です。
疲れているときや、寝不足のときは、外に出たりしないでゆっくり休みましょう。
外出中に体調が悪くなったら、日かげなどのすずしい場所で休むようにしましょう。
具合が悪くなったら病院に行きましょう。
救急車を呼ぶか迷った時は、電話#7119(092-471-0099)へ
緊急時は、迷わず救急車をよびましょう!

☆園でも、気温や湿度を見ながら、エアコンを調節したり、暑さ指数を参考にし、帽子を被って戸外にでるなど注意しています。こまめな水分補給と休憩を入れながら、汗をかいたら拭いたり、着替えるなどし、暑い夏を元気に過ごせるように、見守りたいです。

手足口病

6月頭初に園内でも多くの感染が見られた、夏の病気と言われる手足口病は、県内で猛威を振るっていたとニュースが流れていましたね。

手足口病は、乳幼児・小児によくみられる疾患で、手のひら、足の裏、口の中の発疹と水疱を特徴とします。 一度かかると免疫が成立しますが、手足口病は、複数のウイルスによって引き起こされますので、免疫の成立しているウイルスとは別のウイルスによって再び引き起こされることがあります。

手足口病には、有効なワクチンがありません。
従って予防には、手洗いの励行(これは特におむつ等を交換した時重要です)・汚れた衣服は洗濯する・タオルの共有を避けるといった一般的な注意が必要です。

手足口病は、発熱や口腔内の水疱・潰瘍がなく、普段の食事が摂れると登園は大丈夫です。(登園時、登園届の提出が必要です。)

園で気付いたらお伝えします。他の病気ではないか、確認のためにも、病院受診して頂きますようお願いします。
受診され、感染症と診断されましたら、園に報告お願いします。

6月11日(火)歯科健診がありました!

①虫歯の子が多いようです。
だらだら食べをなくし、仕上げ磨きをしましょう。口に食べ物を入れたまま登園する子も見られますので、気をつけましょう。
※うさぎ組もそろそろ園での歯磨きを検討しております。
ご家庭でも歯磨きを一緒に行い、園でスムーズに行えたら良いですね。準備も必要ですので、詳細は後日お知らせします。
②舌の裏側にあるスジを舌小帯といいます。
舌小帯が極端に短かったり、下の先端に付いていて舌の動きを妨げるようですと、発音(さ行、た行、な行、ら行など)が上手にできずに、聞き取りにくかったり、幼児語がいつまでも残ったりということがあります。
かかりつけの歯科を見つけ相談しましょう。

7月保健行事

身体測定
8日(月)きりん・ぞう
10日(水)うさぎ
11日(木)こあら
12日(金)りす
16日(火)ひよこ

pagetop