このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

新入園児たちも少しずつ園に慣れてきて、笑顔が多く見られるようになりました。梅雨に入ると じめじめした空気となり、食中毒が起こりやすくなる時期ですので、食べ物の扱いに注意して、手洗い・うがいを丁寧に行い、食中毒予防に努めていきましょう。

5月は、ウイルス性胃腸炎(ロタウイルス)・溶連菌・手足口病・アデノウイルスの感染症がみられました。また、月末は、熱でお休みの子が、増えました。これからの季節、気温も上昇しますし、今は、気温の差も大きく、体調管理の難しさもあります。水分をしっかり摂取し、食事や休養で体調を整え、元気に過ごしましょう。

食中毒の原因菌は

(1)つけない=洗う!分ける!
手にはさまざまな雑菌が付着しています。食中毒の原因菌やウイルスを食べ物に付けないように、次のようなときは、必ず手を洗いましょう。
  • 調理を始める前
  • 生の肉や魚、卵などを取り扱う前後
  • 調理の途中で、トイレに行ったり、鼻をかんだりした後
  • おむつを交換したり、動物に触れたりした後
  • 食卓につく前
  • 残った食品を扱う前
また、生の肉や魚などを切ったまな板などの器具から、加熱しないで食べる野菜などへ菌が付着しないように、使用の都度、きれいに洗い、できれば殺菌しましょう。
加熱しないで食べるものを先に取り扱うのも1つの方法です。
焼肉などの場合には、生の肉をつかむ箸と焼けた肉をつかむ箸は別のものにしましょう。
食品の保管の際にも、他の食品に付いた細菌が付着しないよう、密封容器に入れたり、ラップをかけたりすることが大事です。
(2)増やさない=低温で保存する!
細菌の多くは高温多湿な環境で増殖が活発になりますが、10℃以下では増殖がゆっくりとなり、マイナス15℃以下では増殖が停止します。食べ物に付着した菌を増やさないためには、低温で保存することが重要です。肉や魚などの生鮮食品やお総菜などは、購入後、できるだけ早く冷蔵庫に入れましょう。
なお、冷蔵庫に入れても、細菌はゆっくりと増殖しますので、冷蔵庫を過信せず、早めに食べることが大事です。
(3)やっつける=加熱処理!
ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅しますので、肉や魚はもちろん、野菜なども加熱して食べれば安全です。特に肉料理は中心までよく加熱することが大事です。中心部を75℃で1分以上加熱することが目安です。ふきんやまな板、包丁などの調理器具にも、細菌やウイルスが付着します。特に肉や魚、卵などを使った後の調理器具は、洗剤でよく洗ってから、熱湯をかけて殺菌しましょう。台所用殺菌剤の使用も効果的です。
ウイルスの場合は、調理場内へウイルスを「持ち込まない」、「拡げない」ことが重要です。
※別紙にて市からのお願い、ノロウイルスによる感染性胃腸炎の予防についてを配布しています。

歯科検診

6月11日(火)は、歯科健診です!
対象:りす組~ぞう組さん(ひよこ組さんはありません)
かつまた歯科小児歯科の先生に来ていただきます。できるだけお休みされませんようお願いします。
歯並びや虫歯の指摘がありましたら、歯科受診しましょう!

歯並びについて

子供の歯並びを悪くする原因
癖:口呼吸・指しゃぶり・舌を突き出す癖・よく噛まずに食べる・頬杖・同じ方向でうつ伏せで寝る
乳歯の異常:乳歯の虫歯・乳歯の早期喪失・癒合歯(ゆごうし)・過剰歯(かじょうし)
歯並びが悪いまま放って置くと良くない理由
  • 虫歯、歯周病になりやすい
  • 笑顔に自信がなくなる
  • 滑舌が悪くなることがある
  • 身体がゆがんだり、肩こりになる

乳歯と永久歯の違い

子どもから大人に成長するにつれて、あごも成長して大きくなり、歯も「乳歯」から「永久歯」へと生えかわり、噛む力も強くなります。
色…乳歯は白に近く、永久歯は黄色味を帯びています。
大きさ…乳歯の方が全般に永久歯よりひとまわり小さい歯です。
歯質…エナメル質、象牙質ともに乳歯の方が薄いため、乳歯のむし歯は早く進行するので注意が必要です。

6月保健行事

身体測定
12日(水)きりん・ぞう
13日(木)うさぎ
14日(金)こあら
15日(月)りす
16日(火)ひよこ

pagetop