このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

食事
School lunch

食育だより

“梅雨”の季節がやってきました。じめじめとするこの季節は、湿度も高く気温も徐々に上がってくるため食中毒が発生しやすくなります。食中毒の予防には「しっかり手洗いすること」が大事です。手洗いの習慣を身につけ、元気いっぱいにすごしましょう!!

6月4日~6月10日は、歯と口の健康週間

カルシウムだけ摂取すれば丈夫な歯が作られるわけではありません。
カルシウムのほかにも次のような栄養をバランスよくとる必要があります。

  • 歯の基礎となる『タンパク質』…卵・豆腐・牛乳・魚など
  • 歯のエナメル質をつくる『ビタミンA』…ほうれん草・人参・豚肉・レバーなど
  • 歯を強くする『リン』…米・牛肉・豚肉・卵など

夏至(げし)とは

一年で昼間が最も長く、夜が最も短い日のことで今年は6月22日です。
冬至には“南瓜”を食べる風習がありますが夏至は地域によってさまざまです。
関西地方では昔、この時期が田植えの季節であったことから“稲がタコの足のように根を張りますように”という祈りを込めて『タコ』を食べる風習があります。
関東地方では昔はこの時期に小麦が収穫される季節でもあり収穫した小麦を使って『焼き餅』を食べる風習があります。

旬の食材 大豆

枝豆は、6~8月に旬を迎えます。
枝豆は未成熟な大豆を収穫したものです。

大豆と比べると、タンパク質は少ないですが、消化液の分泌を促し糖質をエネルギーに変える助けをする“ビタミンB1”と利尿作用を促し体内の水分量を調節しむくみを予防する“カリウム”が豊富です。

暑い日にピッタリ!豆乳そうめん

材料(大人2人、子ども1人分)
・干しそうめん…230g
・豚ミンチ…160g
・根深ねぎ…80g
★ニンニク…少々
★ショウガ…少々
★砂糖…大さじ1
★しょうゆ…小さじ2
○豆乳…800ml
○鶏ガラ(顆粒)…小さじ3
○味噌…大さじ2
○しょうゆ…小さじ2
・白いりごま…少々
・ごま油…適量
  1. 鍋に○の材料(豆乳・鶏ガラ・味噌・醤油)を入れ、沸騰したら火を切り、粗熱を取り、冷蔵庫で冷やしておく。
  2. 根深ねぎはみじん切りにする。
  3. 鍋にごま油を入れ、豚ミンチを炒める。火が通ったら②を入れ、★の材料(ニンニク・ショウガ・砂糖・しょうゆ)も入れ炒める。
  4. そうめんは時間通り茹で、冷水で冷やし、水気をとる。
  5. 茹でたそうめんに③を絡めて、①のスープを入れ白いりごまをトッピングしたら完成。

pagetop