このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

園だより

先日は個人面談にご参加いただきありがとうございました。保護者の皆さまと子どもたちについて保育園の姿だけでなく、ご家庭での姿などたくさん話ができ、私達もとてもいい時間を過ごすことができました。面談の時だけではなく、何かありましたら引き続き遠慮なく保育者にお声かけ下さい。

本格的な夏となり、8月に入ってからは日差しも強く、暑い日が続きましたね。そんな中でも子どもたちは暑さに負けず元気いっぱい!水遊びでは水の感触を楽しみ、「冷たいね」「気持ちいいね」と友達と微笑み合いながら水を触る姿がありました。水だけではなく、氷などの感触遊びも楽しむ中「氷ってなんで触ると水が出てくるの?」と疑問に思った子がいました。するとその言葉を聞いて他の友だちが「水が凍ったのが氷だからだよ」と教えてあげる姿がありました。子どもたちにとっては全てが新鮮な環境で、毎日過ごしていく中でたくさんの発見があったり、不思議に思ったりと毎日が小さな冒険のようです。季節ならではの遊びを通して、子どもたちの発見に一緒に驚いたり、不思議に思ったことは一緒に引き続き考えていく中で毎日を思い切り楽しみたいと思います。

友達同士の関わりでは、異年齢児との関りがとても増えてきました。遊びの中で年上の友だちがやっていることに興味を持ち一緒にやってみようとしたり、出来ないことをお互いに助け合う姿も見られるようになってきました。友だちとの関りの中で思いやりの気持ちが育まれていくのだと改めて感じました。10月にはもりんぴっくもあります。子どもたちの更なる成長を見ていただく最高の機会かと思うので、ぜひご参加ください。

きらめきの森保育園 主任保育士

pagetop