このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

日に日に日ざしが強くなり、心弾む夏がやってきました。今月は、お楽しみの夕涼み会もありますね!子どもたちは、元気そうに見えても体は意外と疲れています。おうちではゆったりと過ごせるようにご配慮ください。ご家族みんなで元気に夏を迎えたいですね。

春季歯科検診

春季歯科検診で、虫歯があった方は、早めに受診し治療するようにしましょう。受診後は、歯科健診後にお配りした、「歯科検診の結果のお知らせ」用紙に処置後の様子を記入し園へ提出お願い致します。また、お休みをしていて歯科検診を受けていない方は、改めて日程調整をして実施する予定となっています。

嘔吐・下痢症状が出たら

嘔吐・下痢症状のあるお子様は減ってきましたが、回復後もウイルスは便の中に数週間排泄されるため注意が必要です。感染性の診断が出た場合は、もちろん、感染症の疑いがある以下の症状が見られる場合は、受診をし保育園をお休みするようにしましょう。

  • 24時間以内に2回以上水のような便がでる
  • 下痢に加え食欲がなく嘔吐、腹痛がある
  • 食事や水分をとると下痢になる
  • 下痢に伴いいつもより体温が高い
  • 朝、排尿がない
  • 血性便(赤色や黒色)、白色便、粘液便がある

感染拡大予防にご協力ください。

園では、厚生労働省の「保育所における感染症ガイドライン」に沿って感染症対策を行っています。そのため、嘔吐で汚れた衣服等の消毒を園で行えないため、ご自宅での消毒・洗濯をお願いしています。他のお子様の衣服を嘔吐で汚染してしまった場合も、嘔吐したお子様のご家庭に消毒・洗濯をしていただく場合がありますので、ご理解、ご協力よろしくお願い致します。

気をつけよう! 夏にはやる病気

夏に気をつけたい感染症。代表的な3つについて、主な症状を挙げてみました。気になる症状が見られたら、すぐに病院へ!

ヘルパンギーナ
高熱とのどの痛み。特にのどは、水ほうや潰瘍ができるため、かなり痛む(乳児はミルクが飲めないほど)。
※登園届が必要です。
手足口病
手のひらや足の裏、口の中に小さな発しんや水ほうができ、熱が出ることも。
※登園届が必要です
咽頭結膜熱(プール熱)
高熱とのどの痛みのほか、目の痛み・かゆみ・充血など、結膜炎のような症状がでる。
※登園許可書が必要です

「手足口病」が流行しています。

掲示板でもお知らせしていますが、「手足口病」のお子様が増えています。
予防法は、日常的に手洗いを実施するとともに、回復後も咳や鼻水からは1~2週間、便からは数週間~数か月ウイルス/が排出されるため排便処理の際は手袋をするなどの対応を行いおむつ交換後の手洗いをしっかり行いましょう。また、一時的に熱が下がったとしても、24時間は自宅でゆっくり休息をとり、症状の変化がみられないか確認をして登園するようにしましょう。治癒後も元気に登園できるよう、しっかり休息をとって登園するようお願い致します。

7月の保健行事

7月9日 0歳児健診(15時半~)
7月23日24日 身体測定(乳児)
7月25日26日 身体測定(幼児)

園提出書類

pagetop