このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

園だより

保護者の皆様へ

10月を迎え、朝、夕は少しだけ暑さが緩み、秋の気配でしょうか?少しずつではありますが幾分しのぎやすい天候へと変わりつつあるようです。子どもたちは夏場の時期を経て、四季の流れに順応しながら少しだけ涼しくなった園庭で時に吹く気持ち良い風に身をまかせながら楽しく遊んでいます。

来る10月5日(土)は、子どもたちが楽しみにしている『モリンピック』の予定です。毎年、子どもたちの成長した姿を保護者の皆さんと一緒に競技を通して、見て、感じていただく大事な行事です。子どもたちの期待も大きくやる気満々の会話が聞こえてきます。園の準備も進んでいることから是非予定どおり実施出来たらと願うばかりです。

さて、福岡市より直接配布されました『3~5歳児の保護者の皆様へ10月から、保育料が無償化されます』という文書を既に熟読され承知しておられることと推察いたします。現在までは、福岡市に対して保育料の一部として保護者の方にご負担いただいている副食費については、無償化後も引き続き保護者の方にご負担いただくという考え方(保育所の給食の材料にかかる費用「給食費」については、自宅で子育てを行う場合も同様にかかる費用です。このため、保育所等を利用する保護者も、自ら子育てを行う保護者と同様に、その費用を負担することが原則となりますので、無償化後も引き続き、保護者の皆様のご負担となります。)が維持され、施設(保育園)による徴収が基本であることが示されました。

ただし、年収360万円未満相当世帯のお子様と、保育園や幼稚園などの施設に3人以上同時入所している場合の3番目以降のお子様については、副食費(おかず・おやつ代)が免除されます。

保育園で徴収する額を設定するに当っては、質の担保された給食を提供する上では一定の費用を要することから、これまで公定価格において積算されてきた月額4,500円を目安とする。

徴収額は均一とし、アレルギー除去食等の特別食を提供する場合も、異なる徴収額の設定は不用であることなどが福岡市よりポイントとして示されました。

みらいの森保育園といたしましても、国及び福岡市からの「幼児教育・保育の無償化に伴う食材料費の取扱いの変更について」の指導や説明会をふまえ料金単価を設定いたしましたので、みらいの森保育園利用料一覧表をご一読の上ご理解ご協力くださるようお願い致します。

尚、現在みらいの森保育園を利用頂いている保護者の皆様につきましては、様々な利用世帯の状況がありますことから、直接、個別に保護者に対してご説明を行う一方、ご請求の時点でご不明の点は保護者より園に対して直接ご相談くださるようご協力をお願い申し上げます。

(10月1日現在 2.3号園児数) 定員 110名

0歳児 12名
1歳児 20名
2歳児 22名
3歳児 22名
4歳児 20名
5歳児 20名
合計 116名

pagetop