このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

発熱や体調不良でお休みする子が多く見られるようになってきました。この時期は、急に暑くなる日があったり、肌寒い日があったり、大人でも体調を崩しがちです。元気がない、食欲がないなど、普段と様子が違うときは、無理をせずゆっくり過ごせるといいですね。

6月4日は虫歯予防デーです。大切な歯を守るため、乳幼児期のうちに正しい虫歯予防の習慣を身につけることが大切です。虫歯の有無にかかわらず、定期的にかかりつけの歯科で健診を受けるようにしましょう。

どうしてむし歯になるの?

歯質・糖質・菌(微生物)・時間の条件が重なり合いむし歯になります。むし歯を予防するためには、正しい生活習慣を身につけることが大切です。

食べたら磨く
夜寝る前はとくにしっかり磨きましょう。
水分補給は水かお茶
甘い飲み物を持ち歩き、ちょこちょこ飲むのは絶対にやめましょう。

歯みがきのポイント

  • 口の中がよく見えるように、子どもの頭をひざの上に乗せましょう。
  • 鉛筆と同じように歯ブラシを持ち、軽い力でみがきます。
  • 奥歯の溝、歯と歯ぐきの間、歯と歯の間、歯の裏は特に丁寧にみがきます。
  • 前歯は歯ブラシを90°にあててみがきましょう。
  • 歯と歯ぐきの間は歯ブラシを45°にあてましょう。
  • 虫歯ゼロの健康な歯を目指して、1本ずつ丁寧にみがいていきましょう!

気をつけよう! 夏にはやる病気

夏に気をつけたいウイルス性の感染症です。次のような症状がある時は、早めに受診し、医師の診断を受けましょう。

ヘルパンギーナ
高熱とのどの痛み。特にのどは、水ほうや潰瘍ができるため、かなり痛む(乳児はミルクが飲めないほど)。
プール熱(咽頭結膜熱)
高熱とのどの痛みのほか、目の痛み・かゆみ・充血など、結膜炎のような症状がでる。
手足口病
手のひらや足の裏、口の中に小さな発しんや水ほうができ、熱が出ることも。

6月の予定

■歯科健診
6月21日(金) ひよこ組はありません

■身体測定
6月 3日 (月) ひよこ
6月 4日 (火) りす
6月 5日 (水) こあら
6月 6日 (木) うさぎ
6月 7日 (金) きりん
6月10日(月) ぞう

印刷用書式

pagetop