このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

夏至が過ぎ、いよいよ本格的な夏ですね!天気が良ければ毎日「水あそび!」をしたい子どもたちですが、水あそびは意外と体力を使い、疲れます。
疲れをため込まないように適度に休息を取りながら、暑い夏を元気に過ごせるようにしましょう。

脱水や熱中症に注意

暑い日の水あそびはとても気持ちが良いですよね。
水は体温より温度が低いため、ずっと触れ続けていると体温が下がります。そうすると体は体温を元に戻そうとしてエネルギーを使うので、知らないうちに疲れが溜まってしまいがちです。熱中症などで体温が高めの時には身体を冷やすことも大切ですが、そんな時には栄養や水分もしっかり補給し、休息もきちんととりましょう。

また、汗をかくことによって脱水だけでなく、皮膚のトラブルが起こりやすい時期でもあります。正しいケアを知って快適に過ごせるようにしましょう。

毎日健康チェック

体温
前日に 37.5℃以上ある時は、朝熱が下がっても、午後にまた上がることもあります。だるそうな様子や、元気がない、顔色が悪いなど気になることがあれば、朝保育者にお伝えください。
食欲
朝食は毎日食べましょう。もしあまり食べたがらない様子がある時は、バナナやヨーグルト、卵スープなど栄養のある食べやすい物を食べましょう。
睡眠
寝不足だと集中力がなくなり、けがをする原因になることも。早寝早起きで体力を保ちましょう。
咳・鼻水
風邪気味の時は、ゆっくり過ごすようにしましょう。無理をするとつらい症状を長引かせてしまうことになりかねません。
下痢・軟便
お腹がゆるい時は、水分不足に気をつけましょう。普段から冷たいものの食べ過ぎ・飲みすぎにも気を付けて。
目やにや目の充血
朝だけの目やには問題ないことが多いですが、昼間も目やにや目の充血がある場合は、感染性の結膜炎のこともありますので、受診をお願いすることもあります。

※感染症のはやる時期でもありますので、もしも感染症の診断を受けたら、早目に園にもお知らせください。

夏の皮膚・ケアのポイント

汗をかいたら洗い流す
汗をかいたらシャワーで洗い流しましょう。できないときは、よく絞ったタオルで軽く拭きます。
汚れがひどくない限り、皮脂が取れすぎて肌が乾燥してしまうので、せっけんの使用は1日1回でOK。
綿のタオルで
肌を拭く布は、水分をよく吸収する綿製品が適しています。できるだけ新しいタオルを使いましょう。
洗ったあとは保湿
皮膚の乾燥が気になるときは、夏場でも保湿の習慣を。
洗顔・入浴・シャワーのあと、肌が湿っているうちに、保湿剤を薄く延ばすように塗りましょう。

こんな症状に注意(熱中症)

子どもは自分の体の調子がおかしいことに気付かないこともあります。周りの大人が注意してあげましょう。

重症度1
症状…手足がしびれる、めまいや立ちくらみがある、足がつる(こむら返り)、気分が悪い、ボーっとする
手当て…涼しいところで一休み。冷やした水分や塩分を補給して様子を見、良くならなければ病院受診しましょう。
重症度2
症状…頭がガンガンする(頭痛)、吐き気・おう吐がある、体がだるい、意識が何となくおかしい
手当て…上記に加え、衣服をゆるめ、体を積極的に冷やしましょう。
重症度3
症状…意識がない(呼びかけに反応がない)、けいれんする、呼びかけに対する返事がおかしい、まっすぐ歩けない、熱が下がらない、自力で水分が飲めない
手当て…救急車を呼びましょう。

7月の予定

1日・22日(月) 0歳児健診
2日(火) 0・1歳児身体計測
3・4日(水・木) 2~5歳児身体計測

印刷用書式

pagetop