このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

園だより

不安定な気候に、6月後半は風邪で体調を崩す子どもが多くいました。これから夏本番となり、室温管理や体調管理など難しくなってくる季節ではありますが、保育園でも水分補給や休息など子ども達の体調管理に努めていきます。

先日、0.1歳児クラスの保育室に入っていると、1歳児女の子の鼻水が出ているので「鼻水出てるよ。ティッシュ持ってこれる?」と声をかけました。そうすると近くにいた他の1歳児の女の子がティッシュを取りに行ってくれ、しかもそのままお友達の鼻水を拭いてあげていました。「優しいね。ありがとね。」「〇〇ちゃんきれいになって良かったね」など、近くにいた保育士も微笑ましく見ていました。

その様子を見ていた1歳児の男の子が自らティッシュを取りに行き(確かに鼻水が出ている)「自分で拭くのかな~」と見ていると、なんと私の鼻の下を拭いてくれました。きっと私は鼻水を垂らしてはいなかっと思いますが、笑顔で拭いてくれました。笑いながら「ありがとう」と伝えると、その子も嬉し恥ずかしそうにしていました。

ある時は0.1歳児クラスに遊びに来ていた3歳児の女の子が、午前睡をする0歳児の胸を優しくトントンして寝かしつけてくれていました。0歳児の子も落ち着いた様子で布団に横になっていました。

登園時に自分の靴を靴箱へしまうついでに、誰かに言われたわけでもなく周りにあるお友達の靴を揃えてくれる3歳児の男の子もいます。

このような姿はやらせて育つものではないと感じています。こんなに小さくても「誰かに何かをやってあげたい」という気持ちや「役に立ちたい」という気持ちが育っているのは、人は生まれながら他者と関わって生きる存在であり、その中で同じようなことをしてもらって嬉しかった経験や、何かをした時に「ありがとう」と気持ちを伝えてもらった相互の経験が育てていくものだと思います。

しあわせの森保育園では、子ども達の元気の良い挨拶がよく聞こえてきます。事務室の扉の前で立ち止まり手を振ってくれる0歳児さんや、ニコニコな笑顔でタッチをしに来てくれる1歳児さん、気を付けをして「先生、さようなら」と丁寧な挨拶をしてくれる子もいます。

子ども達と毎日過ごす中で、子ども一人ひとりのステキな姿をたくさん見つけられるといいなと思います。

園長

七夕かざり

7月7日は七夕ですね。

しあわせの森保育園では、大きな笹を置き、子ども達が作ってくれた飾りで飾り付けします。

また、玄関には短冊を置いておきますので、お持ち帰りいただき、お願い事を書いて飾ってください。

ピクニックについて

うさぎ・きりん組の子ども達が3つのグループに分かれてピクニックへ出かける計画を立てています。公園で少し遊んだ後に木陰が涼しければ外で、暑ければ児童館へ遊びに行き、給食の先生に詰めてもらったお弁当を食べる予定です。雨天時は公園へは遊びに行けませんが、2階の支援室でシートを広げてピクニックごっこを行います。
グループ分け等は別でお知らせ致します。
うさぎ・きりん組の保護者の方には水筒の準備をお願いします。

夏まつりについて

日にち:7月20日(土)
時間
15:30 ~(きりん組お神輿)
16:00 ~ ゲームコーナー開始
順次解散
17:30 終了

晴天時はきりん組の子ども達が手作り神輿を担いで、園前の道路を練り歩きます。きりん組以外のお子様も、ぜひ見に来てください。
なお、雨天時は神輿の練り歩きのみ中止になりますので、16時よりご参加ください。中止の際は13時までにれんらくアプリにてお知らせ致します。

新しい先生紹介

7月より新しくパート職員 吉田先生が入職します。よろしくお願いします!!

今月の予定

pagetop