このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

暑くて湿度の高い日が増えてきました。まもなく梅雨入りだそうですね。
6月4日~10 日は「歯と口の健康週間」です。家族みなさんで虫歯予防について考えて実践していきましょう。5月の歯科健診で要受診になったお子様は早めに歯科医への受診をお願いします。

虫歯はどうしてできるのでしょうか?

「歯質・虫歯菌・食べ物」この3要素の重なりが虫歯の原因です。毎日の意識でこの重なりを小さくすることが虫歯予防になります。

歯質
虫歯に強い、弱いは生まれつきの個人差があります。フッ素を塗る、シーラントの処置など歯医者さんでできることもあります。
虫歯菌
食後にお茶を飲む、毎日の歯みがきで減らすことができます。唾液を増やすことも虫歯菌を減らします。よく噛んで食べましょう。
食べ物
食事やおやつの時間は決めましょう。おやつに甘いものやジュースばかりにならないようにしましょう。

夜は仕上げみがきをしましょう

毎日の仕上げみがきの習慣をつけましょう。子ども自身で歯みがきができるようになってもまだまだ不十分です。幼児期の間は夜寝る前の歯みがきの後に保護者の方が仕上げみがきをしてあげてください。寝ている間は唾液の量が少なくなり、口の中に水分が入らないので虫歯菌が活発に虫歯を作ります。

見直してみましょう、おやつのメニュー

保育園でのおやつをみてみると「おにぎり」や「お好み焼き」など甘くないメニューも多いことに気づかれるかと思います。

子どもにとってのおやつは大人のティータイムとは異なり「間食」です。必要なエネルギーや栄養素を補うもので必ず甘い味付けである必要はありません。砂糖を多く使ったおやつ、甘い飲み物を毎日飲む子供は虫歯が多いデータとしても証明されています。

バックと冷蔵庫から虫歯予防

お子様が欲しがるからとバックに甘いお菓子や飴などが常備されていませんか。冷蔵庫に甘いジュースやイオン飲料などが常備されていませんか。

あることが分かれば子供は欲しがります。「あって当然」のライフスタイルを見直してみましょう。

今月の保健行事

12 日(水)…身体測定:乳児フロア
18 日(火)…身体測定:幼児フロア
19 日(水)…歯科指導日(うさぎ、きりん、ぞう組)
27 日(木)…0歳児健康診断、定期健康診断(きりん、ぞう組)

pagetop