このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

もうすぐ夏本番!熱中症に気をつけて

遅めの梅雨が明けて暑い夏がやってきました。夏ならではの楽しみや遊びもたくさんありますね。
今月は大人も子どもも元気に快適に過ごすポイントをお伝えします。

水分と栄養を上手に取りましょう

汗をかくこの時期は水分補給と同時に毎日の食事も大切です。
冷たい飲み物はそのままの温度では体内で吸収されません。
胃腸が暖めてくれますが量が多いと胃腸が疲れてしまい消化不良を起こしたり、夏バテの原因になります。多めに飲むときは常温に近いものをおすすめします。

また汗には塩分(ナトリウム)以外のミネラルも含まれており汗を多くかくこの時期は意識して取ることが必要です。夏野菜を始めとした季節の野菜やフルーツ、お肉や魚介類もしっかり食べてミネラルを補給しましょう。

お豆腐やそうめんを食べる時には薬味をたっぷり合わせる、手軽なサラダチキンやサバ缶などを使うと栄養バランスがよくなりますね。

お風呂の入り方も一工夫!

しっかりとした睡眠をとるためには寝ついてから2時間が大切です。この2時間に深い睡眠になるとぐっすりと眠れて疲れが取れやすくなります。

大人も子どもも寝つくときには体温が少し下がります。ですので入浴を睡眠の1時間半前くらいにすると入浴後の体温が寝付くころと重なって下がり深い睡眠をとることが出来ます。

また暑いからとお風呂から上がる前に冷たい水のシャワーをあびていませんか? すると冷えた身体を温めようと体は体温を上げるので結果的に暑くなります。夏のお風呂は「熱すぎず、冷たすぎず」がおすすめです。

夏の感染症が続いています

7月中旬から都内では手足口病に続き、ヘルパンギーナの患者数が増えてきました。
引き続き家族みなさんで手洗いをお願いします。

今月の保健行事

7日(水):乳児身体測定
8日(木):0歳児健診
13日(火):幼児身体測定

pagetop