このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

梅雨に入っていますが、晴れの日も多く暑い日が続いています。熱中症が心配な時期です。身体の暑さに慣れていない梅雨明けや急激に気温が上がった日は特に注意が必要です。普段からの外遊びで体を鍛え、喉がかわいていなくても水分をこまめに摂取するようにしましょう。

熱中症に気を付けましょう!

園では環境省の暑さ指数(WBGT)を参考に熱中症対策をしています。玄関の掲示板にその日の暑さ指数も掲示していますのでご覧ください。

暑さを避けるために
室内では…エアコンで温度を調節 外出時には…帽子の着用。日陰の利用。こまめな休憩。 からだの蓄熱を避けるために…通気性のよい、吸水性、速乾性のある衣服を着用。保冷剤、氷、冷たいタオルなどでからだを冷やす。
熱中症の症状
○めまい、たちくらみ、手足のしびれ
○頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、いつもと様子が違う。重症になると…返事がおかしい、意識消失、けいれん
(処置)
①呼びかけに答えられない場合は救急車を呼び涼しい場所で体を冷やします。
②呼びかけに答えられる場合は涼しい場所で体を冷やし自力で水分補給できるならします。

予防接種について

忘れがちの追加の予防接種うけれていますか?
MRワクチン…2回目は小学校就学前の1年間。

夏に多い感染症

ウイルス感染によって起こる病気です。他人への感染力も強いので、必ず受診をして医師の診断を受けましょう。現在園では感染報告はありませんが小平保健所より手足口病が過去20年間で最も多い状況となっていると報告がありました。

ヘルパンギーナ
突然の高熱と喉の痛み、口の中の水ほう、口内炎が特徴です。症状が軽ければ1~4日くらいで解熱します。保護者記入(登園届)が必要です。
手足口病
手の平、足の裏、口の中に水ほうができ、発熱することもあります。食事は喉越しのよい物を食べましょう。保護者記入(登園届)が必要です。
プール熱(咽頭結膜熱)
プールで感染することもあり、高熱が3~5日くらい続き、喉の痛み、目の充血やかゆみなど結膜炎のような症状も出ます。食事は消化のよい物を食べましょう。医師記入(登園許可書)が必要です。
流行性角結膜炎(はやり目)
目が腫れ、充血し、普段より多く目やにや涙が出ます。周りの人への感染源となるので、タオルは共有しないようにしましょう。医師記入(登園許可書)が必要です。

6月の感染症

・アデノウィルス…1名

印刷用書式

登園許可書・登園届
歯科通院治療結果
登園許可書(医師が記入)
登園届(保護者が記入)
投薬票
投薬票(外用薬)
投薬票(内服薬用1)(1週間用)
投薬票(内服薬用2)(1ヶ月用)
薬の預かり・与薬依頼書

pagetop