このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません


おたより
Letter

クラスだより

5月30日号


今後の予定・園からのおしらせ

園からのおしらせ

落とし物のお知らせ
GW明けより、落とし物は、写真をとりファイリングして、事務所エントランスにファイルを設置しています。ファイルを確認して頂き、落とし物に心当たりのある方は写真の番号を伝えてください。(落とし物は事務所で保管します。)

ひよこぐみだより

汗ばむ季節がやってきましたね。梅雨に入り雨ばかりですが、外にいる虫や植物たちは恵みの雨に喜んでいることでしょう。そんな中、乳児部屋には職員が見つけてきた“カタツムリ”が仲間入りしました。虫かごに入っているカタツムリを見て、不思議そうに見つめるひよこ組の子どもたち。目をまんまるくして“なんだこれ”、“にょろにょろ動いてるぞ”と言わんばかりの表情はとても可愛く、面白いものです。興味津々で触ろうと手を伸ばす子もいれば、まだなにが起こっているのか分からない様子でじっとカタツムリを見ている子。一人ひとりがそれぞれの表情で、身振り手振りで色々なことを伝えてくれるようになりました。入園してから早いもので三か月になろうとしている今、まだまだ登園時に涙を流しながらもお母さんに手を振る子もいれば、長く睡眠がとれるようになった子、寝ているだけだったのに寝返りに挑戦するようになった子など、それぞれのペースで少しずつ園に慣れ成長を重ねています。安心して過ごせる環境の中で、好きな先生のもとに駆け寄っていき心が満たされる、そんな日々を大切にしていきたいと思います。

そして先日行われた保育参観へご参加いただき、ありがとうございました。毎日過ごしているお部屋に入り子どもたちと一緒に制作をしていただきました。こんな風に過ごしているのだ、遊んでいるのだと感じていただけたら幸いです。作った制作は、夕涼み会で飾りますのでお楽しみにしていてくださいね。

活動予定
〈室内〉
・室内遊び
・七夕制作
・リズム遊び
・塗り絵 など
〈戸外〉
・シャボン玉
・テラスお散歩
・砂場 など

りすぐみだより

すっかり梅雨入りし、雨の降る日が多くなりましたね。どんよりとした雰囲気を変えようとするかのように道路のいたる所には様々な色の紫陽花が鮮やかに咲いていて気分を明るくしてくれます。またカタツムリやミミズ等の梅雨ならではの生き物もたくさん顔を出してくれるこの頃です。子どもたちは、お外に出られないと残念そうにしながらも、窓の外をじっと見つめて雨の音を聞き、「ぽちゃん、ぴちゃぴちゃ」と雨の音を真似したりして楽しんでいる姿があります。

晴れ間が出た日には、園庭に出ようと自分から靴下と帽子を用意し「いってきます」と元気に出ていく子どもたちです。最近は幼児のお兄さんお姉さんが砂場で大きな山を作っていると、興味津々で作り方を観察し、乳児さんも幼児さんと同じように入れ物にお水をくみいれてみたりと、遊び方をよく見て真似しています。砂場以外でも、遊具やスコップの道具の使い方等沢山のことを幼児さんの遊んでいる姿を見て、また一緒に遊ぶことで学んでいるようです。乳児さんにとって、幼児さんは憧れの存在であり、1番のお手本となっています。

お部屋では、引き続き楽器や歌遊びが盛んで、自分でピアノを出して音を出し、身体を揺らして音楽にのっています。そんな姿を見て他の子も楽しそうだなとその子の周りに集まってきます。お友だちの歌っている歌を聞き一緒に覚えることで、知っている歌も少しずつ増えてきています。子どもたちだけで歌っている姿もあり、お友だちとの関わりを楽しんでいるりす組です。またお部屋では、魚釣りの教具を楽しむ姿もあり、魚が釣れると「つれたよ」と嬉しそうに持ってきてくれます。何事にも「出来た」という経験を大事にし、子どもと一緒に喜び、誉めることで子どもたちの自信に繋がっていけるような関わりをしていきたいです。

まだまだ気温差もありますが、少しずつ気温の高い日も増えてきているので、水分・塩分補給をこころがけ、子どもたちが元気に過ごせるよう体調面を気にかけながら遊びを見守っていきたいと思います。

活動予定
〈室内〉
・制作(七夕制作、描画等)
・ホール遊び
・リズム遊び
〈戸外〉
・園庭
・テラス(テラスでシャボン玉等)
お願い
・日焼け止めを持参される際には、ボトル本体に名前を記入していただいた上で、袋(ジップロックなどのチャックがついたもの)などに入れてお持ち下さい。また登園時に必ず職員に手渡しをしていただきますようお願いいたします。
・日焼け止めはあらかじめご家庭で塗ってきて頂き、汗やシャワーで落ちた際にこちらで塗布する対応になりますのでご協力お願いいたします。

こあらぐみだより

梅雨入りし、雨の日は「今日傘持って来たんだ」「ピンクの」「青の」などお気に入りの傘や長靴を履いて登園してくるのが楽しそうな子どもたち。雨の日は、室内で描画を楽しんだり、2階の表現スペースでダンスをしたりして身体を動かしています。4月から約3ヶ月が過ぎ、朝夕の支度や着替えなど少しずつ自分たちで出来ることが多くなってきました。まだまだ忘れてしまうこともありますが、職員が声を掛けると「あ、忘れてた~」と支度に向かう姿も見られます。また、看護師と一緒にぶくぶくうがい指導もあり、“自分のコップ”を毎朝嬉しそうに準備したり、コップを使いたくて朝の支度が終わったらコップを出してぶくぶくうがいをする姿も見られます。「見て、僕のコップ」とお気に入りの様です。

園庭では、日中気温も高く暑い日が続き、水と土を混ぜてひんやり冷たい感触を楽しんだり、水をたくさん入れて「チェコレート作ったの」とごっご遊びを楽しんでいます。また、先月みんなで植えた野菜たちも日に日に大きくなり、育っている花や野菜を見て、「見て、トマトが出来てる」「スイカだ」と大喜びの子どもたち。気になりすぎて熟す前に収穫してしまうこともありますが、お部屋に飾ってこんな風に大きくなるんだとじーっと観察しています。朝晩と日中の寒暖差が激しく体調も崩れやすいですが、睡眠をたっぷりとってたくさん食べて体調管理には気をつけたいですね。

活動予定
〈室内〉
七夕制作、リズム遊び、折り紙、ハサミ切り、アイロンビーズ、描画、パズルなど

〈戸外〉
戸外活動:虫探し、遊具遊び、砂場遊び、水遊び、ごっこ遊びなど

うさぎぐみだより

6月も後半になり、いよいよ夏がやってくる事を実感します。先日は保育参観にご参加ありがとう御座いました。保護者の方と嬉しそうに制作をしている姿がとても印象的でした。

最近室内では女の子は制作、男の子は電車が人気です。制作ではバックなど一つ一つの物を時間を掛けて丁寧に作っては嬉しそうに「出来たよ」と見せにきてくれます。男の子は電車の教具をこあら組の男の子と一緒に「見て、電車だよ」や「一緒に遊ぼう」等、話しをしたり、時に「まだ使いたかったんだよ」など言い合いになりながらも遊びを楽しんでいます。園庭では虫探しも楽しんでいます。「先生、ダンゴ虫見つけたよ」と言って見せにきてくれます。遊びの中で友だちと一緒にいたいと言う思いや「○○ちゃんと一緒がいい」と言う思いが強くなってきたように思います。時に友だちの輪に入ることが出来ずに不安になったり、「○○ちゃんと一緒じゃないと仲間に入れてもらえないから」など言う姿も見られるようになってきました。友だちと一緒が良いという思いを大切にしながらも「○○ちゃんはどうする」等声を掛けるようにしています。また友だちと言い合いになった時に「どうしたの」と声を掛けると「だってね、○○だったんだもん」と理由を伝えてくれるようになってきました。その時の一人一人の思いも大切にしつつ、友だちの思いも伝えていけたらと思っています。

この前、うさぎ組の女の子数人がパズルで遊んでいました。初めは皆、ニコニコで遊んでいたのですが、友だちに言われた一言が心に残ってしまい一人が泣きそうになり、そのテーブルが不穏な空気になってしまいました。「皆どうするのかな」と思いながら見ていたのですが、一人が面白いことを言うと皆が笑い、何事もなかったかのように遊び始めることがありました。子ども達の中でコミュニケーションの取り方を身に付けていることを実感することが出来ました。また少しずつ自分の気持ちが高ぶった時に保育者が声を掛けると気持ちを落ち着けられるようになってきたように感じます。今までは声を掛けても気持ちが高ぶったまま室内を走ったり、教具の取り合いが続いたりする姿が見られたのですが、今では声を掛けると室内を落ち着いて歩いたりする姿があります。

ですが、まだまだ教具でお友だちの事を叩いてしまう姿やお友だちの事を追いかけたりする姿も見られる為、一人一人の様子を気に掛けながらその都度声を掛けていけたらと思います。これから更に暑くなってきますね。体調等気をつけながら過ごしていきたいと思います。

活動予定
・戸外活動:砂場遊び、滑り台、かけっこ、虫探し、散歩等
・室内活動:アイロンビーズ、ブロック、折り紙、七夕制作、パズル、絵本、はさみ切り等

きりんぐみだより

梅雨開けが待ち遠しい今日この頃。不安定な空模様ですが、晴れ間が出た時は飛び出すように園庭に出て、最近ブームのダンゴ虫や幼虫探しに没頭したり、ぞう組のお兄さんお姉さんに混じって鬼ごっごに夢中になったりと外での遊びを充実させています。室内では新しい体操に興味を示し、表現スペースでお気に入りのダンスを繰り返し踊っています。覚えが早かったり、身体の使い方が上手だったり、職員よりもキレがある子もいて、驚きです。リズムでは歌がとても大きく聞こえ、力強さを感じます。去年よりも数段パワーアップしているのが伝わり、こちらも嬉しくなってしまいます。

一方、友だちとの関わりにも変化が。ある日些細なことでトラブルが起こると、近くで遊んでいた子たちが近寄ってきて、「そんな風に言ったら、こわいよ」「嫌だったんだね」「ごめんねって言ったらどう?」など相手を思いやる言い方や優しく諭す言い方をしていました。もう保育士の仲介がなくてもその場が収まることもあり、精神的な成長を感じます。ただ、まだまだ言い方がきつくなってしまうこともあり、相手を傷つけてしまうこともあると思います。嫌な言い方をすると相手がどう思うか、また相手を思いやるにはどんな言い方かをすればいいかを知り、やってはいけないことはきちんと伝えていくことを行っていきます。

進級して3か月。ようやくきりん組としての貫禄も出てきた子ども達。これからはさらにたくさんのことを経験して、学び、楽しんでいけるようにしていきますのでご協力の程よろしくお願い致します。

活動予定
室内:アイロンビーズ、塗り絵、ダンス、七夕制作(笹飾り・短冊等)、夕涼み会の制作
園庭:砂場遊び(山・トンネル作り)、鬼ごっこ、虫探し

ぞうぐみだより

梅雨真っ最中ですっきりしない日が続いていますね。「明日は晴れる」「雷、鳴ってた」「雨だから、バスで来たよ」などと毎日の空模様について話しているぞう組の子どもたちです。

晴れた時には喜んで園庭へ出て、思いきり身体を動かして遊んでいます。“どろけい”や“だるまさんがころんだ”、“サッカー”、大きな山を作ってトンネルを掘って開通させたりとそれぞれ夢中になれることを見つけて楽しんでいます。小さいお友達が靴を履けずにいると手伝ってあげたり、帽子が落ちていたら届けてあげたりと優しい姿を見せてくれています。また、幼い子にぶつかってしまわないように気をつけながら遊んでくれているのですが、入室前に少しの時間ですが、ぞう組だけで鬼ごっこをすることも楽しみにしているようです。

室内では、相変わらずアイロンビーズが人気です。ベイブレードを作って対戦したり、色の組み合わせを考えてきれいに並べて作ったりと集中して取り組んでいます。誤ってぶつかられてしまったり、間違えて崩れてしまうこともあるのですが、「いいよ、いいよ」「大丈夫!」とすぐに作り直すことのできる気持ちをもっていて、感心しています。夕涼み会に向けて話し合いをしたり、制作をしたりと準備も進めています。ぞう組だけで決めたことなので、「ひみつだよー」とニコニコしながら楽しそうに話してくれて、とても可愛らしいです。

友達との関係が深くなってきている一方、それぞれの思いがぶつかり合うこともあります。自分たちで解決しようと頑張っていますが、自分の思いを強く話してしまうこともあるので内容が複雑になって難しくなることも…必要に応じて仲立ちをし、自分の思いを伝え、相手の思いにも耳を傾けられるようにしながらやりとりをしているところです。

昭和記念公園への遠足では、②グループの日は晴れて行くことができました。①グループも、雨で行けず残念な思いをしましたが、散歩としてリベンジすることができました。バスと電車に乗り、たくさん歩いて顔を真っ赤にして帰ってきましたが、とても楽しかったようでイキイキとした表情をしていました。公共の交通機関に乗ったことや長い距離を歩くことができた経験が、自信につながっていくのだと思います。“ふわふわドームが楽しかった”と興奮気味に教えてくれるぞう組のみんなでした。

7月にはプールも始まります。安全面に気をつけながら、いろいろなことを経験して楽しんでいけるようにしたいです。詳しくは別紙のお知らせをご確認ください。

活動予定
室内:アイロンビーズ、塗り絵、ダンス、七夕制作(笹飾り、短冊等)、夕涼み会の制作
園庭:砂場遊び(山、トンネル作り等)、鬼ごっこ、ドンじゃんけん、野菜の世話 等

pagetop