このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

病気とくすり
Illness and medicine

ほけんだより

新年度がスタートして1ヵ月が経ちました。4月は日中の気温差が大きく、関東でも季節外れのインフルエンザの流行が報道されていました。保育園では発熱で欠席・早退する子がいましたが、多くの子どもたちは新しい環境にも慣れ、少しずつ自分のペースで園生活を楽しめるようになってきました。5月は、楽しかったゴールデンウィークも終わり、少し疲れが出てくる頃です。特に連休明けは、感染症が流行しやすい時期でもあります。医療機関を受診し、感染症などの診断を受けた場合は、お手数ですが保育園に連絡を入れていただけると助かります。よろしくお願い致します。

虫よけスプレー

虫よけスプレーには「ディート」という殺虫成分が入っていることが多く、乳幼児が使用すると肌荒れなどの原因になる可能性があります。

保育園では、市販の「ディートフリー」の製品「天使のスキンベープミスト プレミアム」を使用しています。「ディート」と同じ効果のある「イカリジン」が使用されていますが、肌への刺激も少ないため直接肌に塗布することが可能です。使用する年齢制限もないため生後6ヵ月未満の乳児にも使用可能です。

また、1日の使用回数に制限もないため、汗で効果が落ちた場合でも、塗り直しができるため、効果が持続します。ご家庭で使用している虫よけスプレーをご希望の場合は、職員にお声かけ下さい。

また、保育園で虫に刺された場合は、「ムヒベビー」を塗布させていただきます。

爪はきれいかな?~爪ケアのポイント~

爪が伸びていると、友だちをひっかいてしまったり折れたりなどと、けがの原因となります。保育園では、毎週月曜日に爪チェックを行っています。ご家庭でも爪のチェックをお願いします。

爪ケアのポイント
・爪の手入れの目安は1週間に1回程度。
・手洗いで落しきれない汚れは、お風呂でよく洗うと落ちやすい。
・爪を切るのはお風呂あがりが適切ですが深爪にならないようにしましょう。

水分補給について

子どもの体は水分が出て行きやすいため、これからの時期は大人以上に水分を必要としています。また、喉に付着した病原菌を胃酸で溶かすためにも水分補給で胃まで流し込む必要があります。保育園では、熱中症予防や感染症予防の対策として、子どもも職員も率先して水分摂取をし子どもたち自身で水分摂取ができるような環境や声掛けを心がけていきます。

5月の保健行事

0歳児健診
21日(火) 15:30~
※春の健康診断を欠席したお子さんも実施します。
身体測定
☆乳児・・・14日(火)
☆幼児・・・15日(水)

pagetop